【元銀行員が解説!】消費者金融の金利・利息はどのくらい?

「消費者金融は金利が高い」という声を時々来ますが、本当なのでしょうか?

実際の金利はどのくらいで、利息は幾らになるでしょうか?

今回は、消費者金融の金利相場や、利息の計算方法を紹介します。

消費者金融の金利って、どうやって決まる?

金利,決まり方

法律で決められた上限金利

「貸主と借主が合意すれば、好き勝手に金利を決められる」

こんな風に考える人がいるかもしれませんが、日本の法律では許されていません。

日本には利息制限法という法律があり、借入金額ごとの上限金利が決められています。

上限金利

特に、貸金業法という法律により、消費者金融が利息制限法の上限金利を超える貸し付けをした場合、行政処分を受けます。


つまり、消費者金融の金利はどんなに高くても、20%を超えることはありません。

上の表の通り、借り入れ額が10万円以上で上限金利は18%、100万円以上で15%となります。

<外部の関連サイト>:利息制限法・第一章・第一条(電子政府の総合窓口)

消費者金融の金利相場は?

それでは、消費者金融の実際の金利相場を見てみましょう。

以下は、消費者金融の大手5社の金利です。

金利(年率) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円

上の表から分かる通り、どの会社も金利幅は3%から18%です。

ですので消費者金融の金利は、高くても18%です(ただし中小では20%取る会社もあります)。


ところで、上記の表を見て、3%から18%の金利幅で、少しでも低い金利で借りたいと思った人は多いはずです。

ですがキャッシングの適用金利は、こちらの希望とは関係なく、ある基準で決められます。

消費者金融の初回借り入れの金利は、18%になると覚えておけば間違いありません

キャッシング金利は借入枠の金額で決まる

消費者金融などのキャッシング金利は、借入枠で決まります。

実際の借り入れ額ではなく、借入枠です。

ここは少し分かりづらいので、詳しく説明します。


以下のようにAさんは30万円の借入枠で30万円、Bさんは150万円の借入枠で30万円借りたとします。

借入枠と金利

どちらも、借入金額は30万円です。ですが適用金利は違います。

Aさんが18%なのに対し、Bさんは15%です。


このように、カードローン会社は実際の借り入れ額ではなく、借入枠の金額で適用金利を決めています。

以下は、大手消費者金融アコムの、借入枠(契約極度額)ごとの適用金利です。

借入枠(契約極度額) 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

金利幅はありますが、借入枠が大きくなると、その分だけ金利が下がりやすくなるのが分かります。

アコムだけでなく、どの消費者金融でも銀行カードローンでも、同じ傾向があります。

金利は借入額ではなく、借入枠の金額によって決まる点は覚えておいてください

初回の適用金利は?

皆さんが初めて消費者金融に申し込むと、審査が下りる借入枠は30万から50万円であることが普通です。

その場合の適用金利は、ほぼ確実に上限金利の18%になります

これは、まだ初回取引ということもあり、あなたが「どういう借り手か」会社側も分からないためです。


取引期間が長くなって、その会社との信頼関係ができれば金利が下がることもあるかもしれません。

また、上で書いた通り、借入枠が増えれば(100万円以上になれば)金利は上限15%まで下がります。

ですが、初回の適用金利は上限金利になると覚えておいてください。


ちなみに、大手の消費者金融で上限金利が最も低いのがプロミス(上限金利:17.8%)です。

金利で選ぶなら、プロミスを選ぶとよいでしょう。

 初めてのプロミス!借入の手順を紹介します



消費者金融の利息(利子)の計算方法は?

消費者金融の初回の借り入れは、100万円未満の借入枠なら金利18%が適用されると先ほど説明しました。

では、利息(利子)はどの位になるでしょうか?

ここでは、消費者金融の利息の計算方法を説明します。

実際の利息計算は消費者金融でやってくれますが、興味がある方は参考にして下さい

利息(利子)の計算方法は?

仮にあなたが友人Cさんに、100万円・金利10%でお金を貸して、1年後に返してもらうとします。

この時、貸主(あなた)が貸付け分(100万円)に上乗せして返してもらうのが利息(10万円)で、返済金額は110万円になります。

つまり利息とは(貸主側から見て)、貸付した返済金額に(金利分だけ)上乗せしてもらう金額を指します。


消費者金融の利息は以下のように計算します。

(毎月の)消費者金融の利息 = 借入金額 × 適用金利 × その月の日数分/365

一見すると簡単そうに見えますが、実際の計算はもっと複雑です。


というのも、キャッシングの借入金額は毎月変わってくるからです。

それを理解するためにも、消費者金融の返済方式について簡単に説明します。

キャッシングの毎月の返済額は一定

大手の消費者金融・銀行カードローンの多くは、「残高スライドリボルビング方式」と呼ばれる返済方式を採用しています。

詳しくは、「残高スライド方式とは?」を読んでください(ただ、かなり複雑です・・)。

さしあたり皆さんに知ってほしいのは、この返済方式には「最低返済額」と呼ばれる決まりがある点です。


<最低返済額とは?>
(特徴1)借り入れに応じて、返済金額が変わる
(特徴2)一度決まった返済額は、返済まで一定



以下は、プロミスの「最低返済額」の表です。

借入残高 (最低)返済額(円)
2万円 1,000
5万円 2,000
10万円 4,000
30万円 11,000
50万円 13,000
80万円 21,000
100万円 26,000

表にある通り、借入額に応じて返済額が違います。

そして借入額が決まったら、それに応じた返済額も決まり、毎月その額を返済します。

返済額の考え方

たとえば30万円借りたら、毎月の返済額は1.1万円となり、借り入れがゼロになるまでこの金額を返済することになります。

なお、返済が進んで借り入れ残高が20万円になっても、毎月の返済金額は1.1万円のままになる点に注意して下さい。


先ほども説明した通り、一度決まった返済額がずっと一定になるためです(ただし、新たに借り入れをした場合は再計算されます)。

返済が進んでも毎月の返済金額は変わらない点、よく覚えておいてください!

毎月の利息は、その度に計算される

では、実際に利息を計算して見ましょう。

利息,計算

(注):計算を簡単にするため、1か月を1/12で計算します(通常は日割りです)


こういう計算を毎月行って、少しずつ借り入れを返済していきます。

もちろん、カードローン会社がこうした計算を全部やってくるので、あなたが計算する必要はありません。

ですが、どういう仕組みで利息が計算されているかは、多少は理解しておくと便利です。

消費者金融の利息は減るけど、返済額は一定

2回目以降の返済は、以下の表のように進みます。

返済(月) 返済金額 利息 返済後の借入
2回目 11,000 4,402 286,902
3回目 11,000 4,303 280,205
4回目 11,000 4,203 273,408
5回目 11,000 4,101 266,509
6回目 11,000 3,997 259,506

上の表にもある通り、返済が進むごとに利息が減っているのが分かります。

これは月が進むごとに、借り入れ残高が減っているためです。

(毎月の)消費者金融の利息 = 借入金額 × 適用金利 × その月の日数分/365

の計算式を思い出してください。


ですけど、毎月の返済額は一定です。

ですので利息が減ってる分、元本の返済金額が少しずつ増えていくことになります。


これを図にしたのが以下です。

利息と元金の割合

最初は利息分の返済が多いけど、途中から(返済金額に占める)元本返済の割合が大きくなります。

こうした返済方式は、消費者金融だけではなく、銀行カードローンや住宅ローンでも同じです。

返済が進めば毎月の返済利息は減りますが、返済金額は一定です

<関連記事>:消費者金融で10万円・30万円・50万円の利息は?



消費者金融の金利・利息、注意点は?

返済期間が伸びれば、それだけ利息も増える

先ほども見た通り、消費者金融では(銀行カードローンもですが)各社で決められた「最低返済額」を支払えば、最低金額の返済でカードローンを利用できます。

毎月の返済が少ないので、目先の生活は楽になるでしょう。


ですが毎月の返済額が少ないということは、その分だけ返済期間が伸びることになります。

以下は、50万円(適用金利18%)の借り入れをした時の、返済回数ごとの返済金額です。

返済回数 合計利息 一回の返済額
15回 62,075 37,472
30回 124,575 20,819
45回 191,138 15,359

返済回数が少ないと、その分だけ毎回の(必要な)返済額が増えて負担は重くなります。

ですが、トータルで見ると、利息は圧倒的に安く済みます。

返済回数15回と45回で比較すると、45回の(合計)利息金額は19.1万と、15回の3倍にもなっています。


このように、キャッシングの(トータルの)利息は、金利や借入金額だけでなく、返済回数によっても違ってきます

ですので、少しでも利息を減らしたい人は、一回ごとの返済金額を多くすることをおススメします。

(ポイント):トータルの利息は、借入金額・金利・返済回数で決まる

借入枠を増やせば、金利を下げることができる

上でも書きましたが、借入枠を増やせば、その分だけ金利を下げることができます。


実際に借りた分にしか金利は発生しないので、借入枠30万円で30万円を借りるより、借入枠150万円で30万円借りた方が有利なのは、先ほど説明した通りです。

ただし、ここでも注意点があります。


一つは、誰でも借入枠を増やせる訳ではない点です。

カードローンの借入枠の増額には、契約時とは別の審査があります。

信用力が高くない人(たとえば年収の低い人)は、借入枠の増額を消費者金融から断られる場合もあります。


注意の2点目は、増額した借入枠いっぱいで借りないことです。

そもそも借入枠を増額するのは、金利を下げること、利息を下げることが目的のはずです。

ですが、借入額そのものを増やしてしまったら、逆に利息を増やすことになります。

借入枠/借入金額 トータル利息 一回の返済額 適用金利
30万/30万 74,741 12,491 18%
100万/30万 61,592 12,053 15%
100万/100万 205,341 40,178 15%

上の図は、30万円と100万円を借り入れした時の利息と、一回あたりの返済金額、適用金利を示しています。

借入枠が増えれば金利が下がるため、同じ30万円でも利息が下がります。


ですが、借入枠100万円いっぱいまで借りてしまったら、いくら金利が下がっても、利息が跳ね上がってしまいます

「借入枠、いっぱい借りてしまうかも」と不安な方は、金利を下げるためだけに増額はしない方が良いでしょう。

(ポイント):金利を下げるためだけに、借入枠を増額しないこと

返済が苦しい場合は、利息の返済のみにできるけど

どうしても返済が苦しい場合、消費者金融の担当者に相談すれば、利息の返済だけにしてもらえる場合があります。

急に収入が減少した場合(たとえばリストラなど)、検討してみる価値はあります。

ですが、こうした返済額を抑えるのは、一時的なことにすべきです。


返済を利息だけにするということは、元本を全く返済してないことです。

そのまま返済を続けたら、返済を一生続けることになります。


苦しい一時を乗り切るために、利息だけの返済に留めるのはアリです。

ですが、利息しか返済できない状況が続くようなら、別の手段も考えた方がよいかもしれません。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の債務整理で抑えておきたいこと



以上、消費者金融の金利・利息について見てきました。

金利そのものは、消費者金融の各社で大差がありません。


消費者金融の利息は、上で見た通り、返済を進めるごとに下がっていきます。

金利が下がれば、その分だけ利息を減らせますが、借入額を増やせば利息も増えます。

この辺はバランスよく、自分に無理のない返済になるよう、借入額を抑えて下さい。


 【元銀行員が教える】消費者金融ランキング!

この記事のまとめ

  • キャッシング金利は、法律で上限が決まっている
  • 消費者金融の初回金利は、ほぼ18%になる
  • 返済が進むごとに利息は減るが、返済額そのものは一定
  • 適用金利は借入枠で決まり、借入枠を増やせば金利は下がる
  • トータルの利息は、借入額・金利・返済回数で決まる

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング
その他の消費者金融