中小の消費者金融に限定!おすすめランキングを紹介します!

筆者がおすすめする消費者金融は、「【元銀行員が解説】消費者金融のおすすめランキング!」で紹介しています。

ただ中には、色んな理由で中小の消費者金融を利用したい人もいるかもしれません。


そこで今回は、中小の消費者金融に限定したランキングを紹介します。

なお中小の消費者金融の一覧は、「中小大手の消費者金融、全国35社の金利・即日の一覧表」をご覧下さい。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


専門家が選ぶ!中小の消費者金融ランキング

1位 セントラル

セントラル

金利(年率) 借入限度額 ネット完結取引
4.8%~18.0% 300万円 対応

都内や愛媛など19店舗を展開する、中堅の消費者金融セントラルです。

中堅の消費者金融では珍しく、振込でも契約機でも即日融資が可能です。

なお即日振込を希望する人は、平日14時までに申し込みを完了させる必要があります。


初回限定ですが、契約日の翌日から30日間は無利息サービスが受けられます。

注意点として、土日祝に即日融資を受けようと思ったら、契約機まで行く必要があります。

 消費者金融セントラルで初めてキャッシングする時の注意点は?

さすがに大手には負けますが、中小の消費者金融の中では頭一つ抜けた存在と言えます

2位 アイアム

アイアム

金利(年率) 借入限度額 ネット完結取引
18.0% 50万円 対応してない

長崎に拠点を置く、中小の消費者金融です。

とはいえ来店不要で、全国からの申し込みも可能です。

早い時間帯の申し込みなら、来店不要での即日融資も可能です。


難点として借入限度額が50万円と少額なことです。

また郵便でのやりとりが必要なため、取引をネットで完結させることができません。

また無利息サービスなどないのも、寂しい点です。

 消費者金融アイアムで借入にするにあたっての注意点は?

3位 フクホー

フクホー

金利(年率) 借入限度額 ネット完結取引
7.3%~20.0% 200万円 対応してない

大阪に店舗を構える中堅の消費者金融フクホーです。

申し込みはスマホ(ウェブ)・電話・来店の3つがありますが、来店なら即日融資も可能です。


スマホ申し込みの場合、契約書類を郵送してもらうかコンビニでプリントアウトすることも可能です。

プリントアウトなら郵便の受け取りがなくなるため、家族にキャッシングがバレる確率を下げられます。


難点はネット完結の即日融資に対応してないこと、また金利が少し高めなことです。

借入形式は「証書貸付」となるため、カードローンのように借入枠の範囲内で自由に貸し借りを行うこともできません。

 消費者金融フクホーを利用する時の注意点は?

 【利用者が投稿】消費者金融フクホー借り入れの口コミ一覧


大阪の地方の消費者金融ながら、利用者が意外に多いのも特徴です

4位 アロー

アロー

金利(年率) 借入限度額 ネット完結取引
15.0%~19.94% 200万円 一部対応

名古屋にある中堅の消費者金融アローです。

名古屋とはいえ、ネット(スマホ)から申し込みでき、来店不要でキャッシングできます。


大手の消費者金融に較べて審査姿勢が柔軟と言われ、その点はありがたいですね。

難点は郵送が必須となるため、即日融資を受けられないことです。

即日審査は対応してくれますが、借入までは一週間ほど掛かります。


また金利が最低でも15%と、消費者金融の中でも高めです。

契約機もないため、名古屋の人だから早く借りられるとは限りません。

 消費者金融アローの審査ってどうなの?

5位 ライフティ

ライフティ

金利(年率) 借入限度額 ネット完結取引
8.0%~20.0% 500万円 一部対応

東京に本社を構える、中堅の消費者金融ライフティです。

ただし店舗や契約機はなく、ネット・郵便での取引になります。

ネットで申し込みをして、審査通過後に書類が自宅に届き、それ以降キャッシングが可能になります。


魅力は初回限定ですが、35日間の無利息サービスがある点です。

中小の消費者金融で無利息サービスを導入している会社は少ないので、これは大きな利点です。


デメリットは即日審査はあるものの、即日融資が極めて難しいことです。

急いで借りたい人には、向いていません。

 消費者金融ライフティで初めてキャッシングをするには?

申し込みをした当日に審査が出るのが即日審査、申し込み当日に借入できるのが即日融資です。この違いに注意して下さい



中小の消費者金融、おすすめのポイントは?

上ではおすすめの消費者金融を紹介しました。

では、どういったポイントで選んだのか、その選考基準を以下で紹介します。

即日融資は可能?

銀行カードローンと違って、即日融資ができるのが消費者金融の強みです。

ですが実際には、審査スピードやシステム上の問題から、即日融資に対応してない中小の消費者金融が数多くあります。


上のランキングからも分かる通り、即日融資に対応する消費者金融を上位に持ってきました。

ただ人によっては、即日融資よりも審査の柔軟さを重視する人もいると思います。


その点も加味して、即日融資には対応してないものの、審査がそこまで厳しくない会社もランキングに入れております。

<関連記事>:消費者金融での即日融資!おすすめの会社は?

契約機・会社の場所は確認しておくこと

中小の消費者金融の中には、契約のために契約機や店舗まで行く必要がある会社もあります。

これが大手なら街中に契約機があるため、移動の手間もありません。


ですが中小だと設置場所も限られているため、場所を事前に確認しておく必要があります。

地元の消費者金融でないなら、来店が必要な消費者金融は選ばない方がよいでしょう。

郵便が必要な会社だと借入まで1週間ほどかかるので、その点は悩ましいですけどね

金利は各社で差がない

借金をするなら、少しでも低い会社から借りたいと思うのが人情ですよね。

ですが大手も含めて、消費者金融の金利は各社で差がほとんどありません。


強いて言えば200~300万円の借入なら、大手の方が金利を下げることはできます。

ですが50万円程度の借入なら、中小も大手も差がないのが実情です。


消費者金融選びで、金利は比較の材料にはなりません。

<関連記事>:消費者金融の金利相場は?金利はどうやって決まるの?



中小の消費者金融でも審査落ち!ありがちな理由ランキング

大手の消費者金融ではなく中小を選ぶ理由として、「大手の消費者金融の審査に落ちたから」という人が多いはずです。

確かに中小の消費者金融の方が、審査が甘い場合もあります。


とはいえ中小といえど審査はあり、審査に落ちる人もそれなりにいます。

では、どういう理由で審査落ちしているのか、ランキング形式で紹介します。

1位 すでに年収の1/3の借入がある

いくら審査が厳しくない会社といっても、すでに他社で年収の1/3に近い借入があれば、審査に通るのは不可能です。

総量規制と呼ばれる規制により、消費者金融(正確には貸金業者)からの借入は、他社との合計で年収の1/3までとされています。


この規制は、中小の消費者金融といえど対象です。

大手の消費者金融でこれ以上貸してもらえないから、中小の消費者金融に頼るパターンをよく見かけますが、借入額がすでに多額なら自動的に審査落ちとなります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

銀行カードローンなら総量規制の対象外ですが、2017年から審査が厳しくなり、同じく年収の1/3を超える借入は難しくなりました

2位 事故情報が残っている

延滞や債務整理などで信用情報機関に事故情報があると、完済から5年は新規で借入できません。

大手の消費者金融だと、こうした審査が厳格で、事故情報があると審査に通りません。


なら中小なら大丈夫かと考える人もいますが、そこは中小の会社でさえキッチリ審査してます。


まれに「延滞してから3年しか経ってないのに審査に通った」という口コミを見かけるので、チェックの甘い会社は確かにあるようです。

とはいえ、これは相当な例外であり、まず普通は審査に通らないと考えて下さい。

<関連記事>:消費者金融で延滞するとブラックリストに載るって本当?

3位 安定収入がない

これは大手の消費者金融でも審査落ちの上位に来る理由ですが、申し込み者に安定収入がない場合です。

安定収入がないからこそ消費者金融に申し込みをするのだと思いますが、会社側からしたら一番取引したくない客でもあります。


貸したお金がキッチリ返済されるか、貸金業者は厳しくチェックします。

その返済のための原資が安定収入(=給料)になるので、単発収入しかない人は中小といえど審査は厳しいでしょう。


せめて週3日程度のバイトで数か月働いてから申し込むようにしましょう。

<関連記事>:カードローンの審査の流れと審査基準

消費者金融で借りられないからとヤミ金に手を出すと、取り返しのつかない事態になります。怪しげな融資サービスは絶対に利用しないでください


以上、中小の消費者金融ランキング、中小の会社を選ぶ際のポイント、中小の会社の審査に落ちる理由など見てきました。


中小の会社の中には、コンプライアンス(法律順守)が甘い会社もあり、そうした会社の取り立ては大手と違って、厳しいものになりがちです。


とはいえ柔軟な審査を行う会社もあり、そこが中小の強みといった見方もできます。

当サイトで繰り返し語っていますが、消費者金融の借入は借金です。


身の丈に合わない借入をすると後で返済に苦しむだけなので、借入は必要最低限の額だけに留めましょう。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?