主婦でもキャッシングできる?お金を借りる時に注意すべき点は?

以前は主婦でもキャッシングを利用しやすかったのですが、法改正が行われ、お金を借りるのが難しくなっています。

では主婦がお金を借りたい時は、どうしたら良いのでしょうか?


今回は主婦がキャッシングするための条件や、借入するときの注意点を解説していきます。


主婦でもキャッシングは可能なの?

主婦でも、キャッシングを利用することは可能です。

ただし自身の収入がない場合、借入できない可能性も出てきます。

収入があれば、キャッシングできる可能性は高い

後で詳しく説明しますが、主婦であっても毎月安定した収入があれば、消費者金融・銀行ともに借りることができます。

申し込む際は、本人確認の書類(免許証など)が必要です。


収入のある主婦なら本人名義で借入できるので、配偶者の同意などは必要ありません。

ただし50万円を超える借入を希望する場合は、本人確認書類のほかに収入証明書が必要になります。


スムーズに申し込むためにも、審査に必要な書類はあらかじめ用意しておきましょう。

<関連記事>:女性向けカードローンのおすすめランキング!

収入のない専業主婦の場合は?

2010年に導入された総量規制により、収入のない専業主婦(主夫)は消費者金融からの借入が不可となりました。

ただし総量規制は、貸金業者に適用される法律(=貸金業法)なので、銀行カードローンは総量規制の対象外となります。


そのため一部の銀行カードローンであれば、専業主婦でも借りられる可能性はあります。

しかし2017年に銀行カードローンの審査が厳格化したことで、専業主婦の借入は難しくなっています。

銀行はそれぞれ独自の貸し出し条件を設けており、専業主婦の申し込みを受け付けていない銀行の方が多いです

配偶者貸付を利用する

総量規制の例外として、「配偶者貸付制度」があります。

配偶者貸付を利用すれば、配偶者と自分の年収を合わせた金額の、3分の1までの借入は可能となります。


自身に収入がない専業主婦でも、キャッシングを利用することが法的に可能です。

消費者金融からお金を借りたいときは、配偶者貸付に対応している業者を探してみましょう。

<外部の関連サイト>:総量規制が適用されない場合について | 日本貸金業協会

ただし配偶者貸付に対応してる消費者金融は、ごく一部です



主婦がキャッシングするための条件は?

収入がある主婦なら、安定収入が必須

キャッシングの申込条件を見ると各社とも、「安定した収入がある人」と記載されています。

この安定した収入とは、一般的に週3日以上勤務していることを指します。


このため派遣やバイトであっても、週3日以上の勤務なら審査に通る可能性は十分あります。

さらに勤続年数が1年以上だと、審査に通る確率が上がります。


逆に単発バイトや非常勤だと収入が不安定だと判断され、融資を受けるのは厳しくなります。

パートやバイトの給料が少額の場合は、融資される金額も少ないです

専業主婦なら銀行カードローンを検討すべき

自身の収入がない専業主婦であっても、一部の銀行カードローンなら、キャッシングの利用が可能です。

ただし審査に通過しても、借入限度額は10万円から30万円以内となるケースが多く、配偶者が高収入であることが条件となります。


銀行カードローンの中でも、たとえばイオン銀行やセブン銀行などでは、専業主婦の借入も可能です。

イオン銀行では、「専業主婦(夫)の方でご本人様に収入がなく、配偶者様に収入がある方のお申し込みは限度額50万円までとなります」と公式サイトに明記されています。


またセブン銀行では、20歳以上70歳未満、保証会社の保証を受けられるといった条件はあるものの、安定した収入が必要とは書かれていません。

自分の収入がなく他社で借入できなかった専業主婦の人は、イオン銀行やセブン銀行の利用を選択肢に入れてみましょう。

<関連記事>:専業主婦でも借りれるカードローンは?

配偶者貸付を利用するための条件は?

配偶者貸付制度を利用する場合は、配偶者の安定収入が必須です。

また配偶者の同意が必要になるため、夫に内緒でお金を借りることはできません。


事前に夫の同意を得た上で、申し込むようにしましょう。

配偶者貸付に申し込む際は、以下の書類が必要になります。

    ・配偶者の同意書
    ・婚姻関係証明書(住民票など)
    ・50万円以上借りる場合は配偶者の収入証明書



一般的なキャッシングだと、免許証などの本人確認書類だけでお金を借りられますが、配偶者貸付制度を利用する際は用意すべき書類の数が多くなります。

また配偶者貸付制度は、実際に対応している消費者金融は極めて少なく、大手消費者金融では配偶者貸付を取り扱っていません。

<関連記事>:中小大手の消費者金融、全国35社の金利・即日の一覧表

配偶者貸付に対応しているのは、一部の中小消費者金融のみとなります



主婦がキャッシングする時に、注意すべきポイント

借り過ぎには要注意

キャッシングできるのは、最大でも収入の1/3までですが、借り過ぎには要注意です。

審査に通ったからといって借り過ぎると返済が苦しくなり、家計にも手を付ける必要が出てきます。


もともと収入が少ない主婦が、大金を完済するのは大変です。

返済期間が長引くと利息も増え、返済総額もどんどん膨らみます。


特にカードローンは金利が高いため、返済期間が長くなるほど、多額の利息を支払うことになります。

返済に困ることがないよう、キャッシングを利用するときは、事前に返済計画を立てておきましょう。


仮に審査に通過したとしても、将来返済できないような金額は借りないことが重要です。

最低限必要な金額だけ、借りるようにして下さい。

専業主婦なら限度額は30万円程度

配偶者貸付制度を利用したい方もいるかもしれませんが、対応している消費者金融は極めて少ないです(しかも地方の会社のため、利用しづらいです)。

専業主婦がお金を借りようと思ったら、銀行カードローンが現実的な選択肢でしょう。


ただし上でも書いた通り、専業主婦に対応可能な銀行カードローンでも、借入枠は10万円から30万円になるケースがほとんどです。

そもそも専業主婦は審査に通るかどうかも分からないので、借金をあてにするのは望ましい行動とは言えません。


カードローン以外にお金を用意できる方法はないか、検討することから始めましょう。

<関連記事>:銀行カードローンとは?メリットとデメリット・リスクを解説します

30万円以下の融資の場合、限度額が低いことから、上限金利が適用される可能性が高いです

夫にバレる可能性がある

専業主婦が銀行カードローンで夫に内緒で借りられたとしても、在籍確認の電話が自宅に来る場合があるので注意が必要です。

もし可能なら事前にカードローン会社に相談して、家の固定電話ではなく、携帯電話に掛けてもらうのがオススメです。


収入がある主婦なら自宅への連絡を避けられますが、返済が遅れると自宅に電話が来る場合があります。

夫にバレたくないなら、返済遅れは必ず避けるようにしましょう。


また電話だけでなく、郵便物にも注意する必要があります。

業者によって対応は異なりますが、契約後に郵送物が自宅に届くケースもあるので、夫に誤って開けられないように気を付けてください。


自宅に郵送物が届くかどうか心配な場合は、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

Webで手続きが完結するタイプなら、郵便物が届かないので安心です。

消費者金融なら別の記名で、銀行カードローンなら銀行名で郵便物が届きます

住宅ローンの利用を考えているなら、借入は控える

住宅ローンの審査では、現在の家計全体の借入状況もチェックされます。

カードローンやクレジットカードの利用履歴は、会社を通じて信用情報機関に登録されます。


こうした信用情報を、銀行は確認することが出来ます。

このため夫名義で申し込んだとしても、妻の信用情報も見られるので注意が必要です。


妻にカードローンの借入残高があると審査で不利になるので、住宅ローンの審査前はキャッシングの利用を控えましょう。

<関連記事>:消費者金融の借入があると住宅ローン審査に不利?

すでにお金を借りている場合は、完済してから住宅ローンに申し込むのが無難です



以上、主婦のキャッシング利用について解説しました。

主婦でも安定した収入があれば、キャッシングの利用は可能です。


とはいえ借り過ぎると住宅ローンの審査に悪影響を及ぼすため、借入額は必要最低限に抑えるのが無難です。

一方で収入のない専業主婦は、借入手段が限られてくるので注意が必要です。


仮にキャッシングの審査に通過したとしても、高額融資を受けるのは難しいでしょう。

この記事のまとめ

  • 主婦でも安定した収入があれば消費者金融・銀行ともに借入可能
  • 消費者金融では基本的に専業主婦の申し込みは不可
  • 専業主婦でも一部の銀行カードローンなら30万円程度の借入は可能
  • 配偶者貸付制度を利用する方法もあるが、対応してる消費者金融がほぼない
  • 収入の少ない主婦は、身の丈に合わない借入は絶対にすべきでない

もぐお

この記事の監修者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。