派遣社員が消費者金融などで借入する時の注意点は?

派遣社員はキャッシングの審査に通りにくい、というイメージを持っている人も多いと思います。

本当に派遣社員は、消費者金融でお金を借りることは、できないのでしょうか?


詳しく見ていきましょう。


派遣社員でも消費者金融で借入できる?

安定収入があれば借入できる

派遣社員,借入条件

基本的に、派遣社員でも安定した収入があれば、消費者金融の借入審査に落ちることはありません。

実際に年収が80万円の派遣社員の人も、問題なく借り入れができたという事例もあります。


ただし、借入希望額が収入に対して大きすぎる場合や、借入目的が他社への返済の場合には、借入可能額が希望額に届かないなどの審査結果になるケースもあります。

また安定した収入があっても、下記で紹介するケースは借り入れが出来ませんので、注意してくださいね。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融とは?サラ金との違いは?

借入不可なケース1:他社からの借入額が多い場合

私たちが貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社など)から借り入れできる金額は、貸金業法の総量規制によって「年収の3分の1まで」と決められています。

そのため、すでに他社で年収の3分の1まで借りている場合には、新たな借り入れはできません。


なお銀行カードローンでは、この規制を受けませんが、借入金額や借入先が多いと、審査に落ちる可能性もあります。

借入不可なケース2:金融事故情報の登録がある場合

キャッシングやカードローンの審査時には、申し込んだ人の「信用情報」が必ずチェックされます。

信用情報とは、他社での借入状況や返済状況、金融事故の有無などが分かる、お金の借り入れに関する記録のことです。


金融事故情報の登録がある場合、新たな借入審査が通ることはまずありません。

たとえば過去5年以内に、長期延滞や債務整理を行った人は「金融事故あり」の記録が残っているため、新たな借り入れは不可となります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】クレジットカード・消費者金融の金融事故情報とは?


派遣社員の借入、審査上の注意点は?

消費者金融が借入審査を行うときは、どの部分をチェックされるのでしょうか?

スムーズに借入審査を通過するためにも、審査上の注意点について見ていきましょう。

重視されるのは、勤続年数や勤務日数

イメージしやすいと思いますが、勤続年数は長いに越したことはありません。

逆に勤続期間が0~1ヶ月と極端に短い場合には、審査上マイナスです。


また審査条件の「安定した収入がある」とは、「継続して一定の収入を得ている」という意味です。

そのため、毎月の勤務日数が定まっていない単発の派遣社員や、収入の継続が見込みにくい短期の派遣社員は、審査では不利になります。


時給制の派遣社員の場合は、労働時間によって月収が変動する点がマイナスポイントとなってしまいます。

「フルタイムで週3日以上勤務」「1日4時間のシフト制で週6日勤務」など、勤務パターンが決まっている場合は、それも伝えると良いでしょう。

いくらまでなら、借りられる?

借入審査で1番気になるのは、「いくら借りることができるのか」ではないでしょうか?

一般的には、総量規制の範囲内かつ、収入に見合った借入希望額であれば、希望通りに借り入れできるケースがほとんどです。


ただし安定した収入があっても、毎月の固定支出が多い場合には、希望額から減額されることもあります。

特に減額されやすいケースは、住居費の負担がある人や、扶養家族を抱える人です。


消費者金融の中には、インターネットで事前に借入可能額の試算ができるところもあります。

審査基準は個々の会社で異なるため、いくら借りることができるかを事前に知りたいときは、複数社で試算し比べてみるのがおすすめです。

最大のネックは、在籍確認

在籍確認

キャッシングやカードローンの審査には、「本当にその会社で働いているか」を確認する「在籍確認」がつきものです。

派遣社員は派遣元企業の所属のため、在籍確認の電話は派遣先ではなく、派遣元の会社に掛かってきます。


しかし在籍確認に応じない派遣会社も少なくありません。

と言うのも、派遣会社には登録だけして実際は働いていない人もかなり多く、すべての登録社員を把握することが難しいためです。


さらに個人情報保護法の観点から、登録社員の在籍情報を知らせて良いかどうかを判断できないことも、在籍確認に応じない理由のひとつです。

このような事情により、在籍確認が取れずに審査に落ちてしまうケースもあります。


これが、派遣社員にとって「借り入れ時の最大のネックは在籍確認」とまで言われている理由です。

<関連記事>:【消費者金融の在籍確認】なぜ勤務先に電話するの?


消費者金融からの借り入れ、在籍確認をクリアするには?

派遣元に、入電があることを伝えておく

登録社員の在籍確認に応じない派遣会社の場合、電話があることを、事前に会社に知らせておくことが大切です。

通常は在籍確認に応じないという会社であっても、事前に伝えておけば対応してくれるケースもあります。


なお消費者金融は自社名を伏せ、個人名で電話を掛けてきます。

そのため自分が言わない限りは、消費者金融でお金を借りることが周囲に知られる心配はありません。


「クレジットカードを新しく作るので、在籍確認の電話が掛かってくると思います」などと、会社に話しておくと良いでしょう。

在籍確認を避けたい人は、消費者金融に相談

事前に申し出ても会社が在籍確認に応じてくれない場合や、事情により在籍確認の電話連絡を避けたい人は、消費者金融にその旨を相談してみましょう。

なお派遣先の会社であれば在籍確認が取れる場合には、派遣先に電話をしてほしいと伝えれば、大抵応じてくれます。


また勤務先への電話連絡でなく、収入証明書を追加で提出することで、在籍確認を免除してくれるケースもあります。

諦める前に一度、相談してみると良いでしょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンは?

「電話連絡なし」の消費者金融を選ぶのもオススメ

どうしても電話連絡されると困るという人は、SMBCモビットの「Web完結申込」の利用がおすすめです。

SMBCモビットの「Web完結申込」なら電話連絡なしで審査をしてくれます。

<SMBCモビット「Web完結申込」の申込条件>
  • 振替口座が、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行のいずれかであること

  • 社会保険証または組合保険証を持っていること(国民健康保険の加入者は不可)

  • 収入を証明できる書類があること
     (源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書のいずれか)

 初めてのSMBCモビット:キャッシングの注意点は?



ここまで、派遣社員が消費者金融などで借り入れする場合の注意点について見てきました。

派遣社員でも安定した収入があれば、お金を借りることができます。


審査に不安がある場合には、事前に消費者金融に相談してみましょう。


この記事のまとめ

  • 条件を満たす派遣社員であれば、消費者金融などで借入可能
  • 借入審査で重要になるのは「継続して一定の収入を得ているか」
  • 個人情報保護の観点などから、在籍確認に応じない派遣会社もある
  • 在籍確認に困ったら、消費者金融に相談するのがおすすめ


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融