派遣社員が消費者金融でお金を借りる時の注意点!在籍確認は大丈夫?

「派遣社員はカードローンの審査に通りにくい」というイメージを持っている人も多いでしょう。

ですが本当に派遣社員だと、消費者金融で借入するのが難しいのでしょうか?


今回は派遣社員の借入や、在籍確認の対策について詳しく解説します。


派遣社員でも、消費者金融でお金を借りるのは可能?

派遣社員のカードローン利用者はどれくらい?

カードローン利用者の中で、派遣社員の割合はどれくらいでしょうか?

下の図は、キャッシングをした経験がある人のうち、派遣社員・契約社員の割合を表したグラフです。

借り入れ経験者のうち、派遣社員の人の割合
<出典>:貸金業利用者に関する調査・研究-金融庁より作成


上の図から分かるように、3年以内に借入を経験した人のうち、派遣社員・契約社員は8.3%を占めていることが分かります。

一方で会社員は、38.6%と最も高い割合を占めています。


会社員と比べると、派遣社員のカードローン利用者は少ないですが、以下で説明する条件をクリアすれば、派遣社員も借入することは可能です。

<関連記事>:カードローンとは?元銀行員がわかりやすく解説!

ちなみにカードローン利用経験者のうち、会社員の次に高い割合だったのは、パート・アルバイト・フリーターです

派遣社員でも安定収入があれば借入可能!

派遣社員もカードローンを利用できる

派遣社員でも安定した収入があれば、借入審査に通る可能性は十分あります。

月に1回以上の収入を得ていて、週3日以上勤務していれば、安定収入があると認定されます。


ただ収入に対して借入希望額が大きすぎる場合は、融資枠が小さくなる可能性があります。

また他社からの借入金額や、借入件数が多いと審査に落ちるケースがあります。


その他にも信用情報機関に事故情報の記録があると、借入は不可なので注意しましょう。

一番のネックは、在籍確認

派遣社員の場合、借入審査における最大のネックは在籍確認でしょう。

在籍確認とは、カードローン会社が申込者の勤務先に電話をかけ、本当にその職場に在籍しているか確認することです。


どのカードローン会社に申し込んでも、在籍確認を避けて通ることは不可能です。

では派遣社員の場合、登録している派遣会社(派遣元)と、実際に働いている派遣先の、どちらに在籍確認の電話が来るのでしょうか?


以下で、詳しく解説していきます。

<関連記事>:消費者金融・カードローンの在籍確認って怖い?

在籍確認にクリアしない限り、借入審査は終了しません



派遣社員がお金を借りる!「在籍確認」をクリアするには?

派遣社員が在籍確認をクリアするには?

在籍確認は派遣元?派遣先?

派遣社員の場合、実際に働いているのは派遣先ですが、所属しているのは派遣元企業となります。

そのため在籍確認の電話は、派遣元の会社に掛かってきます。


たとえばプロミスでは、申込画面で「派遣社員の方は派遣元の会社名を入力してください」という表示が出ます。

プロミスの申込画面

間違って派遣先の企業を申告しないよう、注意しましょう。

<関連記事>:プロミスの審査・在籍確認はどんな感じ?

複数の派遣会社に登録している場合は、最も収入を多く得ている派遣元企業を申告してください

派遣元会社に、電話が来ることを伝えておく

派遣社員だと在籍確認の電話は、派遣元企業に掛かってくると説明しましたが、派遣会社の中には、在籍確認に応じないケースもあります。

派遣会社が在籍確認に対応しない理由は、主に以下の2つです。

・登録している社員を全て把握するのが難しい
・個人情報保護の観点から、登録社員の在籍情報をむやみに教えられない



このような理由で在籍確認に対応していない会社もありますが、事前に電話が来ることを伝えておけばスムーズに完了する場合が多いです。

派遣社員の方はカードローンの申し込みをしたら、派遣元の会社に「在籍確認に対応して欲しい」と連絡しましょう。


借金のことを知られたくない場合は、「クレジットカードの新規契約の在籍確認があります」と伝えると良いでしょう。

<関連記事>:消費者金融が会社(職場)に電話をするのはナゼ?

場合によっては、電話連絡を免除してくれることも

派遣元企業に在籍確認の対応を頼んだけれど、対応してもらえないケースも考えられます。

また、そもそも派遣元企業に在籍確認の電話をしてほしくない、という方もいるでしょう。


派遣元への電話をどうしても避けたい人は、カードローン申し込み直後に、サポートセンターに電話をして事情を説明してみましょう。

消費者金融でしたら派遣先への在籍確認に切り替えてくれたり、追加で収入証明書を提出することで、電話連絡が免除される可能性があります。


またSMBCモビットのWeb完結申込なら、勤務先への電話連絡なしで借入審査をしてくれます。

Web完結申込の詳しい条件については、で説明します。

銀行カードローンでは、在籍確認の電話連絡なしには応じてもらえないので注意して下さい



派遣社員がお金を借りるために、注意すべきポイント

派遣社員のカードローン利用の注意点

派遣社員が借入をする際、在籍確認が重要だと分かりました。

では派遣社員がお金を借りる時に、在籍確認の他に注意しておきたいポイントを解説します。

借入希望額は低めに設定する

カードローン審査で重要なポイントの一つが、収入と借入のバランスです。

収入に対して借入希望額が大きすぎると、借入枠を引き下げられます。


借入希望額を決める際に、参考になる基準の一つは総量規制です。

消費者金融で借入できる金額は、総量規制により年収の1/3までに制限されています。


たとえば年収が150万円の人は、最大でも50万円までしか借りられません。

すでに50万円の借入がある方なら、新規で借入申込をしても審査に落ちます。


総量規制のボーダーラインから逆算して、借入額を決定しましょう。

また銀行カードローンは総量規制の適用外ですが、自主的に年収の1/3程度までに貸付を控える銀行が増えています。

どの会社に申し込んだ場合も、初回の借入の場合限度額は、50万円以内になるケースが一般的です

勤続1年以上になってから申し込む

カードローン審査では、勤続年数の長さも、評価ポイントの一つです。

一般的に同じ派遣会社で1年以上働いてから、カードローンを申し込むのが望ましいです。


また派遣社員だと短期間で派遣先が変わることがありますが、申し込みの際は派遣元企業の所属と申告するので、派遣元が同じであれば心配は要りません。

なお勤続年数が1年未満でも審査に通る可能性はありますが、働き始めてから1~2ヶ月の場合は、審査落ちのリスクが高くなります。


急ぎでないなら、カードローンの申し込みは避けた方がよいかもしれません。

他社の借入は減らしておく

カードローン審査に通過するためには、他社の借入件数や借入金額が少ない方が断然有利です。

もし既に総量規制の制限に近い金額まで借入している場合だと、審査に通るのは厳しいです。


どうしても新規の借入が必要なら、まずは現在の借金を整理しましょう。

借り換えやおまとめローンを活用することで、金利の負担が減るケースもあります。

<関連記事>:消費者金融におまとめローンを活用!NGなこと・審査上の注意点

借入件数はなるべく、2件程度に留めておきましょう



派遣社員がお金を借りるのに、オススメの消費者金融は?

では最後に、派遣社員の人にオススメのカードローンを紹介します。

プロミス

プロミス

プロミスは自動契約機の台数が全国に1800台超と、業界トップです。

自動契約機はプロミスだけでなく、三井住友銀行の契約機も利用可能となっており便利です。


また初回利用に限り、30日間の無利息サービスを実施しているため、少しでも金利の負担を抑えたい方にピッタリの会社です。

ローンカードを受け取りなしにすれば、自宅への郵便物も発生せず、家にいる時間が不規則な人にとっても利用しやすいカードローンです。

<関連記事>:プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します

SMBCモビット

モビット

派遣元への在籍確認が不安な人には、SMBCモビットがオススメです。

Web完結申込を選択すれば、カードローン担当者から勤務先に電話を掛かって来ません。


なおWeb完結申込を利用するには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を、口座振替に設定
・社会保険証または組合員保険証を持っている



派遣元企業の社会保険証を持っていない派遣社員の方は、Web完結申込を利用できないので注意しましょう。

<関連記事>:SMBCモビットの金利やキャッシング条件を紹介



ここまで派遣社員のカードローン利用や、在籍確認の注意点について紹介しました。

派遣社員であっても、安定した収入があれば借入が可能です。


在籍確認が不安な場合は、派遣元企業やカードローン担当者に相談してみましょう。

この記事のまとめ

  • 派遣社員でも安定した収入があり、一定の条件を満たせば消費者金融で借入可能
  • 派遣社員の場合、基本的に在籍確認の電話は派遣元企業に掛かってくる
  • 派遣元の会社が在籍確認に対応してくれない時は、カードローン担当者に相談するか、電話連絡なしの消費者金融を選ぶ
  • 借入審査では、借入希望額や勤続年数が重要なチェックポイントとなる
  • 新しいカードローンに申し込む前は、他社の借入金額や借入件数を減らしておく

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。