クレジットカードのキャッシングとは?気を付けるべき点は?

クレジットカードというと、買い物をする時に使うイメージが強いと思います。

ですがクレジットカードにはキャッシング機能もあり、審査に通過していればお金を借りることもできます。


クレジットカードの気軽さもあって深く考えずにキャッシングする人もいますが、利用する上での注意点もあります。

今回はクレジットカードのキャッシングについての基本と、気を付けるべき点について解説します。


クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードでの借入機能のこと

クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードにはショッピング(買い物代金の後払い)と、キャッシングの2つの機能があります。

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードの借入機能のことです。


後で詳しく説明しますが、クレジットカードのショッピング利用の審査とは別にキャッシング審査があり、その審査に通過しないとキャッシングを利用できません。

またクレジットカードの中には、キャッシング機能が最初から付いてないカードも存在します(つまりショッピング利用だけです)。

<関連記事>:キャッシングとは?カードローンとの違いを解説

いくらキャッシングできるの?

クレジットカードでキャッシングできる金額は、3つの要因で決まります。

    1.キャッシング枠とクレジットカードの利用額
    2.カード会社が設定するキャッシングの上限枠
    3.総量規制


ここでは1と2について説明します。

クレジットカードのキャッシング機能には「キャッシング枠」、ショッピング機能には「ショッピング枠」といわれる利用限度額が定められています。


その利用枠の範囲内で、キャッシング・ショッピングを利用できます。

さらにクレジットカードごとに「総利用可能額」も定められており、キャッシングとショッピングの合計金額は、総利用可能額の範囲内でしか使えません。


これらの金額は、申し込み時の審査でカード会社によって決められます。

またクレジットカード会社ごとに、キャッシングの最大限度額を設定しており、これを上回るキャッシング枠の設定はできません。

カードの種類 キャッシングの最大限度額
オリコカード 100万円
楽天カード 100万円
JCBカード 100万円
イオンカード 300万円
ライフカード 200万円
ACマスターカード 300万円


さらにショッピング枠の中に、割賦払い利用枠が設定されており、その範囲内でなら分割払い・リボ払い・ボーナス払いができます

クレジットカードのキャッシングはどの位利用されてる?

クレジットカードというとショッピング利用のイメージが強いですが、キャッシング機能はどの位利用されているのでしょうか。

日本クレジット協会の調査(2018年)によると、2011年以降、クレジットカードのショッピングクレジット(買い物利用)の金額は毎年増加しています。

ショッピングクレジットの信用供与額の推移

ここ3年で見てもショッピングの利用額も増加していますが、キャッシングの利用金額は横ばい状態です。

キャッシング利用額(百万円) 全体に占める割合
2016年度 1,747,624 3.5%
2017年度 1,722,012 3.2%
2018年度 1,747,436 3.0%



クレジットカード利用金額の内訳

クレジットカード利用金額の内訳を見ると、ショッピング利用が96~97%占めています。


キャッシングの利用金額はわずか3%程度ですので、クレジットカードはキャッシング目的であまり使われてないことが読み取れます。

<出典>:日本のクレジット統計(2018年版)|日本クレジット協会

キャッシングの利用方法は?

キャッシングを利用する場合、ATM(キャッシュディスペンサー)・ネット振込・電話振込の3つの方法があります。

ATMを使えば、普段銀行でお金を下ろすように気軽に借入ができます。

ただし利用手数料が掛かるのが難点です。


ネットや電話の場合は、事前にキャッシングの申込みをしてから口座に振り込んでもらう形になります。

ATM利用と違って、手数料がかからないのが魅力です。


キャッシングの返済は、一回払いかリボ払いを選択でき、ショッピング利用分とまとめて口座から引き落とされます。

一方でショッピング利用の返済で使われることの多い「分割払い」は、キャッシングの返済では利用でないので注意してください。


リボ払いを選んだ際は、途中で繰り上げ返済もできます。

その場合は口座引き落としではなく、事前にネットか電話で申し込んでから指定口座に振込をします。

<関連記事>:リボ払いとは?その仕組みと返済シュミレーションを解説!

積極的な繰り上げ返済で返済期間を短縮することで、手数料負担を減らすことができます

クレジットカードのキャッシング金利・手数料

クレジットカードのキャッシングは、言わばカード会社から借金をすることです。

ですから返済では、元金分に金利が上乗せされます。


金利はカード会社によって異なりますが、年率18%程度であることが多いです。

また金利の他にも、ATMでキャッシングをする際に手数料が発生します。


借入金額が1万円以下の場合は110円、1万円超の場合は220円です。

ですがエポスカードのように、ATM手数料が一切かからないカードもあります。

<関連記事>:消費者金融の金利相場は?金利はどうやって決まるの?

クレジットカードのキャッシングの審査

キャッシング機能を使うためには、クレジットカードを作成する際にキャッシング枠の申請をします。

審査に通れば、キャッシングが利用できるようになります。


ただしキャッシング枠の審査は、ショッピング枠よりも厳しいです。

ショッピング審査に通ってもキャッシング審査には落ちるケースもあり、その場合はショッピングだけのカード利用が認められます。


キャッシング審査では、勤務年数・年収・他社借入状況などを点数化した上で、融資限度額(=キャッシング枠)が決定されます。

申込みの際に希望額を申請しますが、審査に通っても限度額が希望額より少なく設定されるケースもあります。


限度額を増やすには、再度審査を受ける必要があります。

キャッシング審査では安定継続収入が必要になるので、勤務先や勤務年数がかなり重視されます。


アルバイトやパートでも良いので、毎月安定した収入があることが条件です。

<関連記事>:カードローンの審査の流れと審査基準

キャッシング審査に落ちてもショッピング審査に通れば、クレジットカードのショッピング利用は可能です



クレジットカードのキャッシングを利用する上での注意点は?

金利がかなり高い

以下は大手クレジットカード6社のキャッシング金利と、ショッピング手数料を比較した表です。

カード名 キャッシング金利(年率) ショッピング手数料(年率)
JCBカード 15~18% 15%
楽天カード 18% 12.25~15%
オリコカード 15~18% 12.20~15%
エポスカード 18% 15%
ライフカード 15~18% 15%
三井住友カード 15~18% 12~14.75%


キャッシング金利は年率15%から18%程度で、ショッピング手数料よりも高いことが分かります。

これは消費者金融や銀行カードローンと同水準です。


一部のカードでは借入枠を増額した場合、金利が15%程に下がります。

ですが最高で年率3%から4%まで下がる消費者金融に比べると、金利の引き下げ幅は小さいと言えます。

消費者金融の方が限度額は大きいので、金利の引き下げ幅も大きくなります

キャッシングするとその分、利用できるショッピング枠が減る

キャッシングするとその分、利用できるショッピング枠が減る

上でも触れたように、クレジットカードには総利用可能額が設定されており、キャッシング・ショッピングはこの範囲内で行う必要があります。

仮に利用可能額・ショッピング枠・キャッシング枠が、以下の金額だったとします。

    ・総利用可能額:50万円
    ・ショッピング枠:50万円
    ・キャッシング枠:10万円


この時、ショッピング枠で45万円使った後に、キャッシング枠で10万円を引き出そうとします。

一見すると問題ないように見えますが、キャッシングは5万円しか出来ません。


というのもカードの利用限度額は50万円と定められており、50万円の枠の内45万円をショッピングで使っているので、残りは5万円しか枠が残ってないためです。

当然逆のケースもあります。


キャッシングに10万円使ってしまうと、残りの利用枠は40万円となるため、せっかくショッピング枠が50万円あっても、利用できるのは40万円までです。

キャッシングを限度額いっぱいに利用すると、せっかくショッピング枠を設けていても全額を利用することが出来なくなります。

<関連記事>:リボ払いはヤバイ?クレジットカードを賢く使うコツを解説!

クレカのキャッシングは、総量規制の対象

先ほどクレジットカードでキャッシングできる金額は、3つの要因で決まると説明しました。

    1.キャッシング枠とクレジットカードの利用額
    2.カード会社が設定するキャッシングの上限枠
    3.総量規制

1番は上で詳しく説明したので、3番について説明します。

クレジットカードのキャッシングは、総量規制が適用されます。


総量規制とは、借主の借入合計金額が年収の3分の1までとする規則です。

ここで言う借入合計金額とは、クレジットカードだけでなく消費者金融の借入分も含みます。

<関連記事>:総量規制とは?その例外とは?


そのため他社からの借入が高額な場合は、キャッシング枠の審査に落ちる可能性が高くなります。

仮に審査に通過しても、他社の借入を増やすとカード会社の途上与信(中間審査)により、キャッシング枠を引き下げられる可能性もあります。

<関連記事>:途上与信とは?審査の仕組みを解説します

その他にも住宅ローンや事故情報の有無、申込情報の正確性なども審査のポイントになります

不正利用されても補償がない

クレジットカードを利用する上で、不正利用に対する補償の有無は気になるところです。

ショッピング枠の不正利用には盗難保険が適用されるので、被害額を負担せずに済みます。


ただしキャッシング枠には補償がありません。

借入には暗証番号の入力が必要なので、不正利用の可能性が低いとされているためです。


万が一キャッシング枠を不正利用されると被害額は一切戻ってこないので、使わないキャッシング枠は利用を停止しておきましょう。

<外部の関連サイト>:クレジットカードが不正利用された場合、被害補償はありますか?|JCBカード

カード会社に連絡をすれば、すぐにキャッシング枠の利用を停止できます

住宅ローン審査に悪影響を及ぼす

高額のキャッシングを利用していると、住宅ローン審査の悪影響が出る可能性があります。

キャッシングはあくまでも借金なので、キャッシングを利用している人の信用力は低く見られます。


できれば住宅ローン審査の前に、キャッシングの利用分を返済しましょう。

利用予定がないなら、クレジットカードのキャッシング枠を停止・解約すると更に良いです。


キャッシング利用分の完済が難しい場合は、せめてカードローンも含めた借入額を少しでも返済しましょう。

なお銀行は信用情報機関を通じて、あなたのキャッシング利用額・契約を全て確認できるので、住宅ローン審査でウソを付くのは絶対に止めて下さい。

キャッシング枠を使えない場合がある

上でも見たように、キャッシング枠を使うには、カード作成の際に申請して審査に通る必要があります。

ただしショッピング枠だけでカードを申し込んでも、後からキャッシング枠の申請ができるので安心してください。


ですがショッピング枠の審査に通っても、キャッシング審査に落ちる場合もあります。

ショッピング枠が使えるからといって、キャッシングも利用可能とは限りません。


またキャッシング枠がないカードも一部あります。

個人向けカードだと、「ちばぎんスーパーカード」「J-WESTカード」などがショッピング専用のカードです。


とりわけ法人カード(コーポレートカード)だと、キャッシング機能が付与されないカードが多いです。

キャッシングを事業資金として使うのは、経営の安定していない法人であることが多く、貸倒れのリスクが高くなるからです。

<関連記事>:クレジットカードの現金化ってヤバイ?

自分のカードにキャッシング機能が付いているかは、電話やネットから確認できます



クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いは?

クレジットカードのキャッシングとよく比較されるのが、カードローンです。

どちらもお金を借りる方法ですが、いくつかの違いがあります。


ここではクレジットカードのキャッシングと、カードローンの違いについて見ていきます。

クレジットカードの方が気軽に利用できる

消費者金融などのカードローンを使えばお金を借りることができますが、なかなか勇気が出ない人もいるでしょう。

「借金」というイメージが強いため、取っつきにくいイメージを持っている人が多くいるようです。


一方のクレジットカードであれば、カード会社の世間的な印象も良いので、利用する際の心理的ハードルは低いです。

借入自体も銀行で預金を引き出すのと同じくらい簡単です。


手持ちのカードをATMに差し込むだけなので、気軽にキャッシングができます。

返済もショッピング利用分とまとめて引き落とされるので、返済日を気にする必要もありません。

<関連記事>:カードローンとクレジットカードとの違いは?

ただし先ほど見た通り、クレジットカードをキャッシングとして利用する人は全体の3%と少数派です

カードローンの方が好条件でのキャッシングが可能

キャッシングの条件に関しては、カードローンに分があります。

以下はクレジットカードのキャッシングと、カードローンの金利をまとめた表です。

カードの種類 実質年率
楽天カード(クレジットカード) 18%
オリコカード(クレジットカード) 15~18%
アコム(消費者金融) 3.0~18.0%
アイフル(消費者金融) 3.0~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%


クレジットカードよりも銀行カードローンの方が、下限の金利が低いことが分かります。

カードローンであれば、借入枠を増やすと適用金利が大幅に低くなるため、より好条件でのキャッシングが可能になります。


また消費者金融は金利こそ同水準ですが、大手なら1ヶ月間の無利息サービスがあるので、初回契約であればお得になります。

さらにクレジットカードのキャッシングでは、ATMでの借入の際に手数料が発生しますが、銀行カードローンであれば無料です。


消費者金融も自社専用ATMであれば、手数料が無料になります。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを解説!利息の計算方法は?

高額借入ならカードローンが有利

ある程度まとまったお金を借りる場合も、カードローンの方が有利です。

以下はクレジットカードのキャッシングとカードローンの限度額を比較した表です。

カードの種類 限度額
楽天カード(クレジットカード) 最大100万円
オリコカード(クレジットカード) 最大100万円
ライフカード(クレジットカード) 最大200万円
アコム(消費者金融) 最大800万円
三井住友銀行カードローン 最大800万円
みずほ銀行カードローン 最大1000万円


クレジットカードの限度額は100万円程であることが多いですが、消費者金融や銀行カードローンでは最大で1000万円近くまで借入することができます。

高額な借入を考えているなら、カードローンの利用がオススメです。

カードローンは限度額も大きい上に、借入枠を増やせば金利が低くなるので、高額借入にうってつけです

海外でキャッシングしたいならクレジットカード

海外でキャッシングをするなら、クレジットカードを利用しましょう。

ビザ(Visa)やマスターカード(Mastercard)などのクレジットカードをATMで利用すれば、海外でも24時間キャッシングができます。


海外でキャッシングをすれば、銀行や空港などでの高額な外貨両替手数料を支払わずに済みます。

キャッシング利息を鑑みても、外貨両替手数料を支払うより安く済む場合があります。


上で紹介したクレジットカードのキャッシングとカードローンの相違点は、以下の表にまとめてあります。

クレジットカード カードローン
貸主 クレジットカード会社 消費者金融、銀行など
金利 15~18% 消費者金融:5~18%
銀行カードローン:3~15%
借入限度額 100~200万円 800~1000万円
メリット 気軽なキャッシングが可能 有利な条件でキャッシングできる
返済方式 (原則)口座振替 口座振替・振込・ATM
世間的印象 悪くない あまり良くない
海外利用 可能 不可


ここまで、クレジットカードのキャッシングについての基本と、気を付けるべき点について見てきました。

利用にあたって気を付けるべき点は多いですが、海外でも使えたりとカードローンにはないメリットもあります。


ポイントを押さえて賢く活用しましょう。

この記事のまとめ

  • クレジットカードにはショッピング枠とは別に、キャッシング枠(借入機能)がある
  • ショッピング枠とは別に行われる審査で、融資限度額が定められる
  • キャッシング枠を使う分、ショッピング枠の利用可能額は減る
  • キャッシング枠の不正利用には補償がない他、住宅ローン審査にも悪影響がある
  • 貸付条件はカードローンに劣るが、気軽さや海外対応などのメリットがある

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?