カードローンは2枚目を作っても大丈夫?リスクはないの?

カードローンをすでに契約している人の中には、色んな理由で2枚目を作りたいと考えている人もいるでしょう。

カードローンを複数持っておくと安心かもしれませんが、2枚目の申し込みの際にはいくつかの注意点があります。


今回は2枚目のカードローンを作る時のポイントや、注意点を解説します。


カードローンは2枚目を作っても平気なの?

そもそもカードローンを複数申し込むことは、可能なのでしょうか?

以下では、2枚目のカードローン申し込みは可能なのか、また新しいカードローンの作成が厳しいケースを紹介します。

総量規制の範囲内なら可能

2枚目以降のカードローン申し込みは、総量規制の範囲内であれば可能です。

総量規制とは利用者の借り過ぎを防ぐ規制で、貸金業者から借入できるのは、年収の3分の1までと定められています。


そのため1社目のカードローンが消費者金融で、その契約額(借入枠)が年収の3分の1に達している場合、2社目の消費者金融と契約できません。

またクレジットカードなどのキャッシングも総量規制の対象のため、それらの借入合計が年収の3分の1に届いているケースも、他社で新たに借入することは不可です 。


ただし銀行カードローンであれば総量規制の対象外なため、年収の3分の1を超える借入も、法的には問題ありません。

ですが最近は銀行カードローンの審査が厳しい傾向にあり、総量規制と同じレベルでの借入しか認められないケースも増えています。

<関連記事>:クレジットカードのキャッシングとは?気を付けるべき点は?

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象ですが、ショッピング枠は対象外です

カードローンを3枚以上作るのは危険

カードローンを、むやみに作ることは控えましょう。

例えばすでに契約している1社目や2社目のカードローン会社に、増枠申請を断られたからと、3枚目(3社目)のカードローンを作るのは危険です。


1社目・2社目の増額を断られたのなら、信用力・返済能力が足りないとカードローン会社から判断された証拠です。

仮に3枚目のカードローンを作れても、返済が一層難しくなり、多重債務に陥る可能性が高いでしょう。

1社目で延滞していると、2枚目の作成は難しい

1社目のカードローン返済が延滞している場合だと、2枚目以降のカードローンの作成は厳しいです。

他社の借入情報は、個人信用情報機関を通じてカードローン各社で共有されます。


そのため1社目の返済が苦しいからと、他の会社に申し込んだとしても、返済が滞っていることは2社目に知られます。

たとえ2社目の申し込み時に、他社からの借入はないと虚偽の申告をした場合でも、審査担当者は信用情報を照会するのでバレてしまいます。


またカードローン会社に嘘の申請をすると信用をなくし、借入できる可能性を失います。

他社の返済を延滞している場合は、新たな借入はできないと覚悟して下さい。

<関連記事>:消費者金融で延滞するとブラックリストに載るって本当?

延滞情報は延滞解消日から約5年間、信用情報機関に残ります



2枚目のカードローンを作る時に、失敗しないカードローンの選び方

2枚目を作る必要があるのか確認する

そもそも2枚目のカードローンを作る必要があるのか、一度考えてみましょう。

今すでに返済が苦しいなら、新たな借入先を増やすことは避けるべきです。


返済が厳しいのに借金を増やしてしまうと、さらに厳しい返済に追い込まれる結果となります。

また返済が苦しい訳ではないけど、2枚目を作りたいと考えている人は、まず1社目の借入枠の増額を検討してみて下さい。


すでに契約しているカードローン会社の貸出条件が良い場合は、新たな借入先を増やすメリットは少ないです。

またカードローンでは借入枠が大きくなるほど、適用金利は下がります。


そのため借入枠が増枠して適用金利が下がれば、2社で借りるよりも利息の負担をカットできます。

増枠が認められるには、毎月遅れずに返済できているかがポイントです。


今まで問題なく返済していれば、増枠審査に通る可能性は十分あります。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを解説!利息の計算方法は?

一定期間、問題なくカードローンを利用していると、カードローン会社から増枠提案をされる場合もあります

1社目より条件の良い会社を選ぶ

2枚目のカードローンを作る場合、できるだけ1社目よりも金利の低い会社を選びましょう。

金利だけで選ぶのであれば、消費者金融よりも銀行カードローンがオススメです。


ただし2枚目のカードローンを作る理由が、「1社目の増枠審査に落ちたから」なのであれば、金利条件が良い銀行カードローンの申し込みは難しい可能性が高いです。

銀行カードローンは消費者金融より金利が低い分、審査が厳しい傾向にあります。


その場合には多少金利が高くても、消費者金融を検討しましょう。

無利息サービスを提供している会社もあるので、借入期間によっては、銀行カードローンよりも利息を抑えることも可能です。


また消費者金融なら即日融資が可能なので、急ぎでお金を借りたい方も消費者金融を選んだ方が良いでしょう。

<関連記事>:銀行カードローンとは?メリットとデメリット・リスクを解説します

手数料や返済方法に注意する

2社目のカードローンを作る時には、手数料が発生しない会社や返済方法を選びましょう。

返済の際に手数料がかからない返済方法は主に、専用ページからの返済、口座振替、提携ATMからの返済です。


自社専用ATMであれば、消費者金融も銀行カードローンも手数料が無料です。

さらに銀行カードローンであれば、コンビニなどの提携ATMからも手数料無料で返済できます。


ただ消費者金融では、コンビニATMから返済すると手数料が発生するのが一般的です。

一方で消費者金融では、会員専用ページ(管理画面)が用意されていて、パソコンやスマホから簡単に返済でき、手数料もかかりません。


しかしこの管理画面は、銀行カードローンでは提供されていないケースが多いです。

また返済忘れを防げるような、返済方法を選択することも大切です。


口座振替は、返済日が来れば自動的に返済額が引き落とされるので、忙しい人や
忘れっぽい人にオススメです(手数料も無料)。

1社目のカードローン返済でも、口座振替を利用している場合は、同じ口座を指定しておくと良いでしょう。

上で紹介した返済方法以外に、店頭での返済や銀行振込といった方法がありますが、銀行振込では手数料がかかるのでオススメではないです



2枚目のカードローンを持つ時の注意点

短期間のうちに複数社に申し込みをしない

2枚目のカードローンを作る時、短期間のうちに何社も申し込みをするのはNGです。

金融機関は審査の際、個人信用情報機関で利用者の信用情報をチェックします。


この個人信用情報機関には、金融機関への申込情報も記録され、その情報は半年間残ります。

明確な決まりはありませんが、6ヶ月の間に3件以上の申し込みをすると、カードローン会社から「申し込みブラック」とみなされます。


申し込みブラックになると、カードローン審査に通るのが厳しくなります。

2社目、3社目の審査に落ちたら、半年間は新たな申し込みをせず、様子見しましょう。

短期間に何社も申し込みをすると、審査担当者にお金に困っている印象を抱かれます

返済額が増える

1社目で少額の借入をしている状態で、2枚目のカードローンを作り、50万円以内の借入をした場合、両社で上限金利が適用されている可能性が高いです。

高い金利で返済をしていると、金利の負担が大きいため、元金の返済が進みません。


上でも説明したように、同じ借入金額だとしても、1社からまとめて借りる方が、金利は低くなります。

それぞれの借入額は小さくても、別の会社から借りることで、利息の負担が大きくなるリスクは理解しておきましょう。

<関連記事>:【元銀行員が教える】カードローン返済の上手なコツは?

返済の手間が増える

カードローンの返済日は、会社によって異なります。

2枚目のカードローンを作るとたとえば、1社目は毎月末日、2社目は毎月10日というように、返済日が2回来ることになります。


そのためカードローンの枚数が増えるほど、返済日の管理が難しくなり、時には返済を忘れてしまう可能性もあります。

月に何度も返済日がやってくる手間を考えると、カードローンは少ない方が管理しやすいと言えます。

返済日を自分で設定できる場合は、口座にお金が入っている給料日後にするのがオススメです

カードローンの枚数を増やす位なら、別の方法を考えるべき

カードローンを持つ枚数はせいぜい2枚、多くても3枚までに抑えるべきです。

増枠の申し込みを断られたり、2枚目以降のカードローン審査に落ちた場合は、借り入れ以外の方法でお金を工面しましょう。


副業を始めたり、身の回りの物を売ることでお金を用意できる可能性があります。

最近は初期費用をかけずに、副業に取り組むこともできます。


またメルカリなどのフリマアプリや、リサイクルショップを活用すれば、まとまったお金を手にできるケースもあります。

お金がなくてどうしても行き詰った時は、家族や友人に相談するのも一つの手です。

<関連記事>:即金で5万円・10万円を作るために絶対知っておきたいこと



以上、カードローンの2枚目を作ることは可能なのか、借入先を増やす時の注意点を見てきました。

総量規制の範囲内であれば、問題なく作れる可能性も高いでしょう。


ただカードローンを作り、借入を増やすと、借金は膨らみます。

借入先を増やす前に、「本当に借りる必要があるのか」「返済に行き詰まることはないか」もう一度考えてみて下さい。

この記事のまとめ

  • 総量規制の範囲内(年収の1/3)であれば、2枚目のカードローンを作ることは可能
  • 2枚目を作る前に、1社目の借入限度額を増額できないか、増枠審査を受けてみる
  • 2社目を増やす時は、より条件の良い会社から借り、手数料や返済方法のチェックも行う
  • カードローンの申込履歴は半年間残るので、短期間に3社以上申し込むのは控える
  • 2枚目のカードローンを作ると、返済額や返済の手間が増える

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?