体験談(9):アメリカ旅行の資金のためにお金を借りた大学生

偏差値50程度の私立大学に通う、大学生(男性)です。

出身は千葉県です。


借入時はアルバイト収入のみでした。

大学生のうちに一括返済をしたので、現在は借入していません。


なぜ私が消費者金融でお金を借りようと思ったか

取引内容について

2018年の10月に、アイフルから30万円借りました。

地元の千葉県にある無人契約ルームから申し込み・審査を行い、即日融資が決まった形です。


借入も近くのATMで、契約したその日に行いました。

なぜお金を借りようと思ったか

大学生のうちに借入を行った理由は、アメリカへ旅行に行きたかったからです。

ニューヨークからサンフランシスコまでを横断する、1か月ほどの長期旅行を想定していました。


その上ラスベガスでのカジノや、豪華なホテルへの滞在など、少し贅沢な旅行プランを立てていたため30万円が必要でした。

とはいえ通常なら、消費者金融ではなく親や祖父母などからお金を借りるのが一般的でしょう。


しかし自分のやりたい事のために、金銭面で頼ってしまうのは自尊心が許さず、結果的に親などには黙って消費者金融を利用しています。

<関連記事>:大学生がお金を借りる方法を紹介します!



消費者金融でお金を借りた時の流れ

なぜ、その会社を選んだのか?

同じように消費者金融で借入経験のある友人が、たまたまアイフルを利用していたからです。

その友人はパチンコや競馬のために利用したそうですが、そういった安直な理由でも上手くごまかして借入できたのならば、僕でも問題なく借りられるだろう…と考えたのが理由です。


とはいえアイフルは、金利が高いこともネットなどで軽く調べて分かっていたため、かなり迷いました。

それでも家の近くにあることや、友人が薦めてきたことが決め手となり、アイフルで初めての借入を行っています。

<関連記事>:【利用者が投稿】アイフルの評判・口コミの一覧

申し込みについて

家の近くにあった、無人契約ルームで申し込みを行いました。

ネットで事前審査は行わず、パスポートなどの身分証明書を持って駆け込みました。


ちなみに必要書類などは、インターネットのブログ等で分かります。

実際の無人契約ルームは雑居ビルの空間にポツンと存在し、僕以外には利用者がいなかったので何となく不安になりました。


とはいえ部屋に入るとそこからは、張り紙やAIのアナウンスの指示に従うだけだったので、特に困ることもなく申し込み作業を行いました。

申し込み後の審査について

AIの指示に従って、無人契約ルームで必要書類を提出すると、設置されている受話器から電話が掛かってきて、オペレーターと会話しながら審査が行われます。

ちなみに審査は初めてだと、かなり緊張すると思います。


「借り入れの目的は何ですか?」「学生さんですか?」「アルバイトは何をしていて、どのくらい給与がありますか?」などの、簡単な質問がほとんどでした。

そのため回答できない訳ではありませんが、オペレーターの疑うような声に動揺する場面は多かったです。


ただ審査時間や、オペレーターと話す時間は非常に短かったです。

所要時間はおよそ30分と聞いていたのですが、20分程度で終了しました。


借り入れの目的や、事情を正直に答えたのが良かったのかなと今は思っています。

また審査の最後に、「こちらの契約機では、学生がマルチなどの勧誘で借入を行う事例が多数発生しています。そういった契約ではないでしょうか?」という注意喚起もされました。


トラブル発生を未然に防ごうとする姿勢が感じられ、好印象でした。

ただ困ったのが、アルバイト先への在籍確認です。


バイト先の先輩から「何か電話来てたよ」と言われ、何とか上手くごまかしました。

会社名を名乗られた訳ではないので、アイフルからの電話とは分からないとはいえ、ヒヤッとしました。

<関連記事>:パート・バイトのカードローンで注意すべき点

契約手続き・借入について

必要書類を提出する契約手続き自体はすぐに完了し、10分もかからず終わりました。

具体的な手続きの流れとしては、パスポートなどの身分証明書を指示に従って提出していきます。


やり方としては、コピー機と同じです。

これも本当に簡単で、AIの指示に従うとすぐに完了しました。


返済は月々1.1万円の、36回払いです。

指定口座から自動で引き落とされていくので、返済の手間はありません。


社会人になったら早めに一括返済しようと考えていたので、大学生のうちはアルバイトでしのごうと考えていました。

しかし今考えると、就職活動や卒業旅行などが重なると、安定的に返済できる保証はなかったので、消費者金融の利用はリスキーだったな…とも感じています。


ちなみに審査完了後は、ローンカードが発行されて借入できますが、僕はすぐ隣にあったアイフルのATMでお金を引き出しています。

銀行からお金を引き出すのと、同じ要領で出来るので、非常に簡単でした。



消費者金融での取引、その後について

借りたお金はどうなった

借りたお金は、30万円全額アメリカ旅行に使い果たしました。

借りた翌月の11月にアメリカへ行き、その場で使い切りました。


そこから、毎月1.1万円ずつの返済が始まりました。

とはいえ海外旅行後は、ほとんど貯金が無かったため、かなり返済に苦労することになります。


僕のアルバイト代はザックリ月に6万円だったので、そこから1.1万円が引かれるのは割合的にもかなり大きいです。

そのため友人との飲み会や、趣味への消費活動を一気に減らしました。


また借り入れ当初は、「社会人になった時に一括返済すればいいや」と呑気に考えていました。

しかし返済が始まって3~4か月が経つと、利息の仕組みなどを理解し、「これは一括で早めに返した方が得だ!」と考え始めます。


その結果2018年の11月からスタートした返済を、およそ10か月後の2019年8月に一括で返済しました。

毎月のアルバイト量は変えずに、月の消費額を3万円程度に抑えたことで、一括返済ができました。


返済期間は「少しでも返済額を安く済ませたい、親にバレたくない」という想いで、焦燥感でいっぱいでした。

ただ結果として親にバレることもなく、30万円を社会人前に全額返済できたのは良かったなとホッとしています。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを解説!利息の計算方法は?

現在も取引はあるの?

現在取引はありません。

アイフルから定期的に増額の案内が来ますが、全て無視している状況です。


返済時の経験から、焦りや我慢が多くかなり大変だったので、「出来るだけこんな苦労はしないようにしよう…」と考えています。

これから借入する人にアドバイス

20歳を超えた大学生が様々な事情から、「お金を借りたい!」と思う場面はあると思います。

しかもお金が欲しいと、両親などに相談できない場合もあるでしょう。


消費者金融での借入を決め、契約してみると、取引は本当に簡単で初心者だと「え?こんな簡単にお金って借りられるの?」と拍子抜けすると思います。

借りられた直後は、自由に使える大金に心躍るでしょう。


しかし本当に重要なのは、借りた後です。

借りた額によっては、月々1万円以上が3年間ずっと返済に消えます。


その上利息のために実際は、返済額の半分くらいしか元金の返済に充てられていない状況は、経験してみるとかなり苦しいことが分かりました。

もし大学生の時にまとまったお金が必要なのであれば、出来るだけ両親に頼るようにして下さい。


両親から借りれば利息はないですし、たとえ返済が遅れたとしても、せいぜい怒られる程度で、取り立てられたりトラブルに発展したりすることはないです。

「まとまった金額が月に必ず入ってくる」という大学生であっても、将来どう事情が変わるかは分かりません。


ですのでアイフルに限らず、出来るだけ消費者金融を利用しないで大学生活を謳歌してほしいな…と心から思っています。

<関連記事>:即金で5万円・10万円を作るために絶対知っておきたいこと




検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。