体験談(13):ギャンブルにハマり限度額近くまで借入して、最終的には債務整理

初めまして。

愛知県の名古屋市に住んでいて、清掃業の会社員をしています。。


最近は芸能人がCMをやったりして、消費者金融は身近なものになってきたと思います。

手軽に借りれるイメージが定着してきていますが、必ず返済する必要があるお金です。


今回は私自身が体験した、借入から返済までのお話をしていきたいと思います。


なぜ私が消費者金融でお金を借りようと思ったのか

取引内容について

初めて借入したのは、2014年5月頃でした。

アコムでカードローン枠を50万、クレジット枠枠を50万の、総額100万円の借入枠でした。


申し込みから借入までは大体1時間くらいで、その日のうちにATMから借入できました。

なぜお金を借りようと思ったのか

消費者金融を利用し始めた時は、まだ20代後半でした。

その頃はギャンブルに依存していて、金銭感覚もかなりおかしくなっていました。


「負けた金は勝って取り戻す」ことしか考えていませんでした。

お金が無くなってくると、手持ちのゲームを売ったり、食費を削ったりして凌いでいました。


毎月の給料は、ほとんどギャンブルに消えていきました。

それでもお金がなくなると次は、どうすれば調達できるかを考えていたのです。


友達や親に借りる勇気はなかったので、ネットを見ていると「消費者金融」のホームページを発見しました。

「お?これなら資金調達できる」と思い、早速調べていました。



消費者金融でお金を借りたときの流れ

なぜ、その消費者金融を選んだのか?

数ある消費者金融の中でアコムを選んだ理由は、家の近くに無人契約機があったからです。

借入手続きに、便利だと考えました。


また大手消費者金融であり、安心感があったのも理由の一つです。

無名な所よりは、TVでよくCMを見かける会社の方が、親しみやすさを感じました。

<関連記事>:【利用者が投稿】アコムでの審査・利用の口コミ一覧

申し込みについて

初めての無人契約機で、なんだか緊張しました。

狭い空間にあるのは、普通のATMと個室です。


「新規契約の方はこちらのお部屋にお入りください」と書いてあり、部屋の中に入りました。

その中には対面式の契約機と、受話器が置いてありました。


受話器をとると、受付の女性に繋がります。

受付の女性に言う通りに従っていくと、受付用紙が契約機から出てきます。


受付用紙には名前や生年月日、勤務先等を記入します。

一通り記入後、契約機に戻し、担当者の確認が行われます。

<関連記事>:無人契約機でお金を借りる!おすすめの消費者金融は?

申し込みの審査について

用紙の記入後は、審査が始まります。

審査はその場で勤め先に連絡する「在籍確認」と、他社の借入状況を確認する「信用情報機関への照会」を主に行うそうです。


審査が終わるまでは、15分くらい待ったと思います。

内心、借りられないのでは?ドキドキしましたが、審査に無事通過することができました。

契約手続き、借入について

契約機から今度は、契約書が出てきます。

これも説明を聞きながら、記入していきます。


すべての記入が終わると、記入内容の確認が行われます。

その後確認が終わると、いよいよカードの発行に移ります。


希望借入金額は15万と伝えてあったのですが、借入限度額は30万でした。

倍の金額の借入が可能で、理由を聞いてみましたが、教えてくれませんでした。


「とりあえず借り入れができる。そして負けた分を取り戻しつつ借りた分を返せば大丈夫」と依存症の典型的な考えになっていました。

受け取ったカードで、隣にあるATMから早速5万円の借入をしました。



消費者金融での取引、その後について

借りたお金はどうなった?

5万円という大金が、一瞬で手に入ったとしか思ってなかったです。

「借金をした」ことは、これっぽっちも頭にはなかったです。


帰りの足で向かったのは、もちろんパチンコです。

5万もあれば絶対当たると考えてましたが、今思えば恐ろしい考えでした。


その日も案の定負けて、家に帰る羽目になりました。

ですが次の日も、また借りて勝てば返せるという考えが、頭の中を占めていました。


毎日のように2万、3万と借りるようになり、何度目かの借入で借入限度額は50万に引き上げられました。

あれ?と思いましたが、「上がったなら良いか」と思う位でした。


限度額が上がったことにより、心なしか気が強くなってしまい、更に借入の頻度は増えていきました。

この頃からは、アコムのカードについていた「クレジット枠」も利用し始めました。


アコムのカードには「カードローンのみ」のものと、「カードローンとクレジット枠」がセットになっているものがあります。

僕が使っていたカードは、セットになっているものでした。


それに気が付いてからは、普段の買い物もそのカードで支払うようになりました。

カードローン枠とは別に限度額が決められているので、気にせず使うことが出来てしまうのです。


返済はカードローン枠と合わせて行うので、そんなに無理なく返せました。

返済額は少しずつ上がっていきましたが、最初のうちは難なく返せていました。


しかし2種類とも限度額に近づいてくる頃には、月々の返済もだんだんとキツくなってきました。

そんな状態になってようやく、ギャンブルをやめて返済に焦点を当てて行くことにしました。


数年間返済だけを続け、借入金額はだいぶ減りましたが、返済が困難なのは変わりなかったので、最近よく耳にする「債務整理」というものに頼ることにしました。

早速法律事務所に連絡をして相談してみると、過払い金はないものの、返済額を減らせるかもと言われました。


2か月ほど交渉してもらい、金利無しで月々の返済額の減額となりました。

弁護士に相談しなければ、生活できなくなる一歩手前でした。


債務整理をして返済期間は4年となり、アコムからの借入総額は80万ほどでした。

金額を聞いただけでは、何とかなる感じもしますが、実際はそうではありません。


4年という長い期間をかけて、ようやく返済できました。

<関連記事>:消費者金融の債務整理で抑えておきたいこと

現在も取引はあるの?

僕の場合は債務整理を行ったので、取引はありません。

というよりも、消費者金融との取引はできません。


信用情報は俗に言う、「ブラック」の状態です。

債務整理は、そういったデメリットもあります。


もちろん他の消費者金融で借りることもできません。

<関連記事>:消費者金融で延滞するとブラックリストに載るって本当?

これから借り入れをする方へのアドバイス

今回はアコムでの体験談を、お話しさせて頂きました。

アコムの場合は、キャッシングとクレジットの両方の機能を備えたカードがあるので、契約時に必ず確認してください。


とにかくお金が必要だったので、しっかりと確認していませんでした。

また勝手に引き上げられた限度額にも、注意が必要です。


「お?上がった。ラッキー!」くらいの軽い気持ちで借入を続けてしまい、気が付いたら手の付けられない状況になりました。

最終的には弁護士にお願いして債務整理という、一番陥ってはいけない状況になってしまったのです。


このようにならない為にも、心掛けてほしいことが何点かあります。

1.消費者金融に行く前に、他の方法で金策ができないか。

2.消費者金融で借りる際は、しっかりと契約内容の確認、把握をすること。

3.月々の返済計画をしっかりと立てて、自分の生活の圧迫をしないこと。

4.完済後はすぐにカードを破棄すること。

だと考えます。


当たり前のことではありますが、この当たり前が出来なくなってくる人が多いのも、また事実です。

しっかりと計画を立てて利用すれば本当に便利な物ですが、一歩間違えてしまうと僕のようになってしまうこともあります。


CMの最後に「ご利用、ご返済は計画的に」とありますが、まさにこの一言に尽きます。

今回の経験でいろいろと得る物もありましたが、失う物もまたありました。


芸能人がCMをやっていたり、周りの人も借りていて、消費者金融が身近にある人もいるでしょう。

ですがまず消費者金融に行くのではなく、周りの人に相談したり、他の方法を考えてから慎重に検討し、利用する場合はしっかりと計画を立ててください。

<関連記事>:カードローンの上限の借入限度額は?



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。