【元銀行員が解説】消費者金融の借入があると住宅ローン審査に不利?

「消費者金融を利用していると、住宅ローンの審査で不利になる」という話を聞いたことはありませんか?

住宅ローンを組もうと考えている時に、そんな話を聞いたら不安になりますよね。


今回はカードローンの利用による、住宅ローン審査への影響について詳しく解説します。


消費者金融の借入があると住宅ローン審査に影響するの?

住宅ローン審査では、何を見られる?

住宅ローンには、「事前審査」と「本審査」の2つの審査があります。

金融機関(銀行)が「事前審査」、保証会社が「本審査」を担当します。


ちなみに「事前審査」よりも、「本審査」の方が審査が厳しいと言われています。

住宅ローン審査では、銀行や保証会社は申し込み者の「信用力」をチェックします。


信用力とは、簡単に言うと返済能力のことですが、それを確認するために多くの項目が調べられます。

年齢や職業、年収、雇用形態(正社員か否か)、勤務先、勤続年数、家族構成、他社借り入れ、預金など、かなりの項目に渡ります。

他社借り入れについては、詳しく見られる

住宅ローン審査では他社借り入れについて詳しく見られる

住宅ローン審査で特に重要なのが、他社からの借り入れです。

多額の借入れがあると、返済能力に乏しいと判断され、審査に通りづらくなります。


では金融機関は、住宅ローン申し込み者の他社借り入れを、どうやって把握してるのでしょうか?

一つは、自己申告ですね。でも、これだとウソを付かれる可能性もあります。


実は金融機関は、申し込み者の借入れ状況を把握できるのです。

<関連記事>:カードローンを利用すると信用情報にマイナス?

信用情報機関を通じて、借入情報は筒抜け

あなたがカードローンやクレジットカードで借入れの取引をすると、キャッシング会社を通じて、その取引情報が信用情報機関に登録されます。

こうしたキャッシングの取引情報は、信用情報と呼ばれています。


この信用情報は信用情報機関を通じて、金融機関・貸金業者の間で共有されます。

あなたが金融機関に住宅ローンの申し込みをした時も、金融機関は(信用情報機関を通じて)その信用情報を必ずチェックします。


ですので他社借り入れについて、金融機関にウソを付くのは不可能な訳です。

ちなみに日本には3つの信用情報機関があり、互いに情報の共有がされています。

名称 加盟会員
シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード会社、信販会社、リース会社、保険会社、保証会社、銀行、消費者金融会社、携帯電話会社
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社など
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 金融機関、信用保証協会、保証会社、クレジットカード会社など

<関連記事>:カードローン審査で年収・勤務先の嘘はなぜバレる?

厳密に言えばJBAだけに加盟している銀行だと他社借り入れまで把握できないのですが、同じく加盟しているCICを通じて他社借り入れの情報を入手できます

借入れの中でも、カードローンが特に不利な理由

借入れの中でも、カードローンが特に不利な理由

一口に借り入れといっても、住宅ローン以外にも色々と種類があります。

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード、教育ローン、カーローン、フリーローンなど、金融機関は多様な融資商品を用意しています。


その中でも、消費者金融や銀行カードローンといった、カードローンの借入れは住宅ローン審査にかなり不利と言われています。

でも、なぜしょう?


1つは、カードローンの金利が高いためです。

他のローンに比べるとカードローンの金利はかなり高いため、返済負担も大きくなります。

特に消費者金融は上限金利が18%のため、消費者金融の借入れ残高が多いと、住宅ローン審査での印象が良くありません。

<関連記事>:消費者金融の金利・利息はどのくらい?


2つ目の理由は、カードローン利用の目的です。

カードローンで借りたお金の使い道は自由ですが、利用目的を見てみると「生活費」が上位に挙がっています。


そのせいか「カードローン借入が大きい」=「生活に余裕がない(返済能力が乏しい)」と判断されて、審査で不利に働きます。

<関連記事>:カードローンとクレジットカードとの違いは?

余談ですが、目的を限定しないローンの方が金利が高くなりがちです。リスク審査が難しくなるためです



消費者金融の利用が、住宅ローンにどこまで影響?

カードローンの借入れがあると、住宅ローン審査にマイナスであることは、上で紹介しました。

とはいえカードローンの借入れが多少あった程度で、それが理由で住宅ローン審査に落ちることはありません。


カードローン借入がどの程度あるかによって、住宅ローン審査への影響度も違ってきます。

金融事故歴があると、借入は絶対不可

現在は借入がなくても、過去に延滞・債務整理・自己破産をした経験がある人は要注意です。

信用情報機関に金融事故の記録が残っていると、住宅ローンだけでなく、すべての借入審査に通らなくなります。


なお事故情報は、5年から10年で信用情報機関から消えます。

ただし、どの地点から5年(ないし10年)なのかは、事故の種類によって違います。

<関連記事>:キャッシングの借金履歴(信用情報)はいつまで残る?

どの地点から5年かは、借入先や事故の種類によります。債務整理の場合は、完済してから5年という場合が多いです

大切なのは、返済負担率

ローン審査で大事なのは返済負担率

上でも書いた通り、「消費者金融の借入れがあるから、住宅ローンは絶対不可」なんてことはありません。

問題は、どの程度のカードローン借入があるかです。


ここでポイントになるのが、カードローンの「返済負担率」です。

返済負担率とは、収入の何%を借金の返済に充てているか、示したものです。


たとえば毎月の手取りが30万円で、カードローンの毎月の返済額が1.5万円なら、カードローンの返済負担率は5%です。

この状態でさらに住宅ローンを申し込んだ場合、住宅ローンとカードローンを合計した返済負担率がどの程度になるか、金融機関は厳しくチェックします。


こんな例で考えてみましょう。

Aさんの年収:500万円
住宅ローンの年間返済額(予定):140万円
カードローンの年間返済額:20万円

Bさんの年収:350万円
住宅ローンの年間返済額(予定):140万円
カードローンの年間返済額:20万円



Aさん、Bさんの返済負担率は、以下のように計算します。

<Aさんの返済負担率>
(140 + 20 ) ÷ 500 = 32%(住宅ローン+カードローン)
140 ÷ 500 = 28%(住宅ローンのみ)


<Bさんの返済負担率>
(140 + 20 ) ÷ 350 = 45.7%(住宅ローン+カードローン)
140 ÷ 350 = 40%(住宅ローンのみ)


返済負担率が30-35%程度なら、借入可能!

FA(ファイナンシャルプランナー)に適正の返済負担率を聞くと、20~25%と答える人が多いと思います。

ですが現状は、住宅ローン利用後の返済負担率が30-35%程度ならOK,と答える金融機関が多いです。


先の計算を見ると、Aさんはカードローンの返済を加算しても、返済負担率は32%です。

これなら住宅ローン審査に通る可能性はあります。


ただカードローンの返済がなければ、返済負担率は28%になります。

カードローンの借入れがなければ、もっと大きな金額の住宅ローンが利用できる計算になります。


一方で大変なのは、Bさんです。

住宅ローンとカードローンを合算した返済負担率は、45%を超えています。


仮にカードローンの返済がなくても、住宅ローンのみで返済負担率は40%です。

Bさんは、利用額(=返済額)を下げない限り住宅ローン審査には通らないでしょう。


このように、カードローンの借入れがあるから住宅ローンはNG、ということはありません。

合計の返済負担率が高くなければ、審査に通る可能性はあります。


とはいえ繰り返しになりますが、カードローンに対する金融機関の印象は良くありません。

後でも説明しますが、可能な限り、カードローンの借入額は減らした方がよいでしょう。

ただし年収が高ければ、40%近くの返済負担率でも、住宅ローンを検討してもらえます。詳しくは、住宅ローン担当者に相談してみてください。

借り入れゼロなら影響小さい?

借入ゼロでも枠が残っていたら注意

カードローンで借金しているのに比べたら、借り入れゼロの方が圧倒的に有利なのは言うまでもありません。

ただし借り入れがなかったとしても、多額のカードローン枠がある場合は要注意です。


カードローンの枠があれば、カードローン枠の分だけすぐにお金を借りられます。

信用情報機関に照会すれば、カードローンの借入枠がいくらに設定されているかまで分かります。


借り入れがゼロだったにも関わらず、多額の借入枠があったことで、住宅ローン審査に落ちた人もいます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融とは?サラ金との違いは?

他のローンに較べても、カードローンは金融機関からの印象は良くないんですよね。



住宅ローン審査に通るための、消費者金融の対策

住宅ローンの審査基準は、どの銀行も公表していません。

しかし正確な基準が分からなくても、審査に通る確率を少しでもアップさせることは可能です。

カードローンは解約して、信用力アップを!

カードローンを解約して信用力をアップ



使っていないカードローンやクレジットカードは、確実に解約しましょう。

ここで注意してほしいのが、カードローンの完済と解約は別物だという点です。


返済が終わった段階で契約終了になると思っている人もいるかもしれませんが、それは誤りです。

解約するまでは借入枠がずっと残っており、信用情報機関にもカードローン契約の記録が残っています。


カードローンを解約するとその記載がなくなり、信用力が上がって審査にも通りやすくなります。

多少借り入れが残っていても、なるべく早く一括返済して解約しましょう。


解約するためには、借入残高ゼロにするのが絶対条件だからです。

<関連記事>:カードローンの完済と解約の違いは?解約のメリットは何?

なおカードローンの解約方法は会社によって違います。詳しくは、上のリンクをお読みください

解約が難しいなら、少しでも残高を減らすこと

カードローンの借入があっても、住宅ローンの審査に通ることがあります。

完済するのが難しい場合は、少しでも返済残高を減らしておきましょう。


どのくらいまで借金を減らすべきか、目安になるのが先ほども紹介した、返済負担率です。

カードローンと住宅ローンを合わせた年間返済額が、年収の35%以下になるようにしましょう。

金融事故の記録がある場合は、消えるまで待つ

金融事故の記録がある場合は、消えるまで待つ

信用情報に金融事故の記録が載っている間は、どうやっても住宅ローン審査には通りません。

事故情報が消えるまで待ちましょう。


信用情報機関に情報開示の申し込みをすれば、自分の信用情報を見ることができます。

手数料として数百円かかりますが、金融事故の記載が消えたか正確に把握できるので便利です。


過去に金融事故を起こした人は、事故情報が消えてから住宅ローンの審査を申し込みましょう。

最近は、ネットから短時間での照会も可能です!

<関連記事>:【元銀行員が解説】金融事故情報(ブラックリスト)とは?


以上、カードローンが住宅ローン審査に与える影響について見てきました。

多額の借金がある場合はもちろん、借入枠が残っていることも審査に影響します。

使わないカードローンは解約して、審査に通る確率を少しでも挙げておきましょう。

この記事のまとめ

  • 信用情報機関を通じて、カードローンの利用履歴を銀行に知られる
  • 金融事故を起こした記録が残っている場合、住宅ローン審査は通らない
  • 金利の高いカードローンは、住宅ローン審査担当には印象が悪い
  • 年収に対するローンの返済負担率は、35%までに抑える
  • 使わないカードローンがあったら解約するのがベスト

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)