【元銀行員が解説】キャッシングの返済方法で注意すべき点は?

キャッシングの返済方法には、さまざまな種類があります。

返済方法について何も知らずに選んでしまうと、不便な思いをしたり返済忘れにつながる場合もあります。


ここではキャッシングの返済方法を選ぶときに、注意すべき点を紹介していきます。

どの返済方法が最も自分に適しているのか、よく見極めた上で選ぶようにしましょう。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む

キャッシングの返済、5つの方法を紹介!


キャッシングの返済には、以下の5つの方法が用意されています。

    ・専用ページから返済
    ・口座振替
    ・ATMから返済(自社専用、もしくは提携ATMから返済)
    ・自社店頭で返済
    ・銀行窓口での振込


まずは、それぞれの返済方法の特徴をチェックしていきましょう。

専用ページから返済

専用ページから返済


大手キャッシング会社には、会員専用ページ(管理画面)が用意されている場合があります。

パソコンやスマホから専用ページにアクセスして手続きをすれば、自分の銀行口座から返済することができます。


手数料も無料です。

ただし全ての会社が、専用ページを用意している訳ではありません。


特に銀行カードローンでは、管理画面を用意してないケースが多いです。

専用ページが用意されていたとしても、操作方法は会社ごとに異なるので、契約後に確認しておくと良いでしょう。

<関連記事>:銀行カードローンとは?メリットとデメリット・リスクを解説します

専用ページからの返済は、24時間いつでも自分の好きな時間に、手続きができるため便利です

口座振替

口座振替では事前に設定した口座から、毎月返済日に返済額が引き落とされます。

毎月自動で引き落とされるため、何か特別に手続きを行う必要はありません。


手数料は無料です。

ただ銀行口座に返済分の金額が入っていないと、借入金の返済は完了しないので注意が必要です。


毎月計画的に支払いを行いたい方や、翌月1回払いを希望する方に適した返済方法だと言えます。

ATMから返済


自社専用のATM、または提携(=コンビニ・銀行)ATMから返済することも可能です。

毎月の返済日を待たずに繰り上げ返済をしたいときは、この方法が便利です。


コンビニATMであれば、全国各地に設置されているため、出張先や旅先で返済することも可能です。

ただし使用するATMによっては、手数料がかかる場合があるので注意が必要です。


自社専用のATMから返済すると手数料無料ですが、提携ATMだと場合によっては手数料が発生します。

特に消費者金融では、コンビニATMでの返済では手数料が発生するのが一般的です。


一方の銀行カードローンなら、提携(コンビニ)ATMでも手数料無料に設定されている場合が多く、毎月ATMから返済してもコストがかさむ心配はありません。

<関連記事>:コンビニATMでも借り入れできるカードローンを教えて!

手数料については借入の前に、公式サイトでチェックしましょう

自社の店頭で返済

カードローン会社の店頭に行けば、返済計画を見直しながら返済できます。

担当者と相談しながら、返済額を決めたい人には、この方法が適しています。


ただしキャッシング会社の有人店舗のは極めて少なく、店舗までの移動が不便というデメリットが存在します。

大手銀行なら支店の店舗数は多いですが、店頭での銀行カードローンの返済は受け付けていません。

銀行窓口での振込

銀行の窓口から、他のキャッシング会社への返済手続きを行うこともできます。

ただし銀行窓口での振込は、手数料が最もかさむため、あまりオススメできません。


例えば三菱UFJ銀行の場合、窓口で他行宛の振込手続きをすると、660円(3万円以上は880円)の手数料がかかります。

窓口の営業時間内しか手続きができないのも、デメリットの一つです。

自分の都合に合わせて返済したい人には、不向きな方法だと言えます。

銀行窓口での返済は、5つの返済の中で最もメリットが少ないです

キャッシング返済方法、メリット・デメリットをまとめてみた

5つの返済方法のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

返済方法 メリット デメリット
専用ページ ・24時間利用できる
・手数料無料
・一部対応していないカードローンあり
口座振替 ・返済忘れ防止
・手数料無料
・銀行口座にお金がないと返済が完了しない
専用機のATM ・手数料無料 ・場所が限られている
・夜中(0時以降)は利用できない
提携ATM(コンビニ・銀行) ・24時間利用できる
・場所が沢山ある
・手数料がかかる※
自社の店頭 ・返済の相談ができる
・手数料無料
・店舗の営業時間内しか返済できない
・場所が極めて少ない
銀行振込(窓口) ・なし ・手数料がかかる
・銀行の営業時間にしか返済できない

※:銀行カードローンは手数料がかからない場合が多い

5つの返済方法の中で最もメリットが多いのは、専用ページからの返済と、口座振替です。

どちらも来店不要で、手数料0円で手続きできるのが魅力です。


提携ATMも利便性の高い方法ですが、消費者金融ですと手数料がかかるのがネックです。

1万円以下なら110円、1万円超なら220円が一般的な利用手数料になります。


一方で銀行窓口にはメリットがないため、他の返済方法を選んだほうが無難です。

<関連記事>:借金返済ができない場合、どこに相談すれば良い?



キャッシングの返済方法、知っておきたい注意点は?

キャッシングの返済方法は自分で自由に選ぶことができますが、いくつか注意すべき点があります。

一部の返済方法には、手数料がかかる

一部の返済方法は手数料がかかる


上でも説明したように全ての返済方法が、無料で利用できる訳ではありません。

消費者金融の場合、提携ATMで返済する際には手数料(1万円以下が110円、1万円超は220円)が発生します。


提携ATMから何度も返済していると、手数料がかさんで総返済額も高くなってしまうので注意が必要です。

銀行窓口から返済する場合も、手数料が発生します。


窓口やATMからの返済を考えている人は、事前に利用手数料を確認しておきましょう。

<関連記事>:お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

一回当たりの手数料は少額に思えますが、回数が重なると負担は大きくなります

土日の入金に対応していない返済方法もある

振込先の銀行がモアタイムシステムに対応してない場合、もしくは取引してるカードローン会社がモアタイムシステムに対応してない場合は、銀行振込や口座振替で土日祝日に返済をすることが不可能です。

また一部の地銀や大手の消費者金融(アイフル)でも、モアタイムシステムに対応してないため、土日に入金することはできません。


窓口で返済する場合も、営業時間内のみの対応となっており不便です。

キャッシングを利用する際は、土日に返済できるかどうか事前にチェックしておきましょう。

返済が遅れると、遅延損害金が発生する

返済が1日でも遅れると、遅延損害金が発生します。

消費者金融の場合、遅延損害金の利率は20%と高めです。


また延滞記録が信用情報機関のデータベースに登録されると、追加融資を受けられなくなったり、新規のクレジットカードやカードローンの審査に通らなくなります。

毎月延滞なく返済するためにも、自分のライフスタイルに合った返済方法を選ぶことが大事です。

<関連記事>:遅延損害金とは?元銀行員が分かりやすく解説!

遅延損害金は返済日の翌日から発生するので、返済遅れには気を付けましょう



あなたは、どのキャッシング返済方法を取るべき?

「どの返済方法を選べばいいか分からない」という人は、自分の性格に合わせて返済方法を選んでみましょう。

自分に合った返済方法なら、返済忘れなどのリスクを避けながら、計画的に返済できます。

忘れっぽい人は?

忘れっぽい人は?


「返済日を忘れやすい」「仕事が忙しくてATMなどから返済している時間がない」という人は、口座振替が便利です。

口座振替なら毎月勝手に返済してくれるので、返済忘れの心配が無くなります。


何より返済の手数料が無料です。

引き落とし日を自分で選択できる会社であれば、口座にお金が残っている可能性の高い給料日後に設定するのがオススメです。


また一部の消費者金融(プロミス・アコムなど)は、口座振替にすると無利息サービスが受けられる場合もあるので、返済額を抑える上でも役立ちます。

<関連記事>:消費者金融のおすすめランキング!どこがいいの?

ATMに行ったり、毎回振込をする手間が省けて便利です

毎月の返済額をキッチリ把握したい

毎月返済額の管理をしっかり行いたいのであれば、専用ページからの返済がおすすめです。

管理画面から返済をすることで、どの程度返済が進んだのか把握できます。


専用ページから手続きをする場合は手数料もかからないため、無駄な出費を抑えたい人にも最適です。

管理画面を用意してない銀行カードローンの場合は、コンビニATMで返済すると良いでしょう。


ATMなら返済額を確認しながら手続きできる上に、銀行カードローンの提携ATMなら手数料無料で返済できる場合が多いので、無駄なコストがかかりません。

忘れっぽいけど口座振替を利用したくない

忘れっぽいけど口座振替を利用したくない


毎月自動で返済できる便利な口座振替ですが、銀行通帳に記録が残るので、通帳を家族に見られる恐れのある人には使いづらい面もあります。

忘れっぽい性格だけど、口座振替を利用するのに抵抗がある場合は、ATMからの返済が便利です。


ATMで返済すれば銀行口座に記録が残らず、家族にバレる心配もありません。

返済期日を知らせてくれるメールサービスを利用すれば、返済忘れも防ぐことができます。


ただし消費者金融の利用者がコンビニATMで返済すると手数料がかかるので、専用ATMで返済すると良いでしょう。

<関連記事>:【元銀行員が教える】バレない!内緒でキャッシングする方法は?

返済期日を連絡してくれるメールサービスは、多くの会社が導入しているので積極的に活用しましょう



以上、キャッシングの返済方法について見てきました。

キャッシングの返済方法によっては、手数料がかかることを知らない人は多いので、この点はよく覚えておいて下さい。


とはいえ手数料よりも、家族にバレずに利用したい、会社近くのコンビニで返済したいなど、別の事情がある人もいるかと思います。

上の説明を参考にしながら、ご自身にあった返済方法を選択してもらえたらと思います。

この記事のまとめ

  • 手数料が発生しない返済方法は、口座振替・専用ページ・専用ATMからの返済
  • 提携ATMや銀行窓口からの返済は、手数料が発生する場合がある
  • 返済が遅れてしまうと、遅延損害金が発生するなどデメリットが大きい
  • 忘れっぽい人は口座振替での返済がオススメ、手数料も無料
  • 毎月の返済額を管理したい人は、専用ページもしくはATMからの返済がおすすめ

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む




検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。