【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

消費者金融でキャッシングを申し込んでも、必ず借りられるとは限りません。

審査の結果によっては、借り入れを断られてしまうケースも当然あります。


消費者金融の審査に通る人と通らない人には、どんな違いがあるのでしょうか?

今回は、消費者金融の審査基準について解説します。


消費者金融の審査、その方法は?

まず初めに、消費者金融の審査の方法について見ていきましょう。

スコアリングで信用力を評価する

消費者金融ではスコアリングで信用力を評価する

消費者金融の審査では、「スコアリング」という手法が使われます。

これは、申込者の個人情報に点数(スコア)をつける評価方式です。


点数が高ければ高いほど、安心して貸せる(=信用力が高い)という事になります。

何にどのように配点するか、評価基準は各社で異なります。


ですが「お金を貸す」という観点で審査を行う以上、重視するポイントに大きな差は出ません。

<関連記事>:審査の甘い消費者金融はナゼ危険なの?

どの会社でも、返してくれる人か見極めるため、慎重に審査を行います

スコアリングには2種類ある

信用力は、「属性」と「信用情報」の2要素のスコアリングで評価されます。

以下、それぞれ詳しく見ていきます。


<属性スコアリング>
申込者の属性(プロフィール)を項目ごとに分析し、点数をつける方法です。

ここで評価されるのは、以下の項目です。

・年収
・雇用形態、勤務先、職業
・勤続年数
・居住形態 など



<信用情報スコアリング>
キャッシングの審査では、信用情報機関に登録された信用情報を確認します。

信用情報スコアリングでは、以下の項目を評価します。

・借入残高
・借入件数
・返済履歴(過去に延滞があるか) など


<関連記事>:キャッシングの借金履歴(信用情報)はいつまで残る?

審査項目と評価の傾向

消費者金融の審査項目と評価の傾向

では具体的に、どのように評価されるのでしょうか?

次の表は、代表的な項目について、評価の傾向をまとめたものです。

審査項目 評価が高い 評価が高くない
収入 固定給 歩合給
雇用形態 正社員 アルバイト・パート
勤務先、職業 公務員、上場企業 自営業
勤続年数 長い 短い
居住形態 持ち家 賃貸
借入残高・件数 ない、少ない 多い
返済履歴 延滞なし 延滞あり

上の表で挙げたのは、あくまでも代表例です。

実際の審査では、数十項目を分析してスコアリングが行われる点に注意してください。

<関連記事>:審査なしのカードローンってあるの?

カードローン審査はスピード重視です。まず機械でふるいにかけ、その後人の手で細かく審査されます



消費者金融の審査で重視されるポイントは?

消費者金融の審査で重視されるポイントは?

上にも書いた通り、審査基準は各社で異なりますが、重要とされる項目はほぼ同じです。

ここでは、消費者金融の審査で、特に重視されるポイントを解説します。

1.収入の安定性

一般的に、キャッシングの審査では、年収が多い方が評価は高くなりやすいです。

ですが消費者金融では、収入の大きさ以上に、安定性が重視される傾向にあります。


たとえば、年収400万円で収入ゼロの月がある人より、年収300万円で毎月コンスタントに収入がある人の方が、審査で有利になります。


もちろん、年収が多い方が返済余力があるので、有利であることは確かです。

しかし年収が低いからと言って、審査に通らない訳ではありません。


下のグラフでは、借入経験がある人について、年収帯ごとの割合を表しました。

借入経験がある人,年収帯の割合
<出典>:資金需要者等の借入れに対する意識や行動に関する調査結果報告‐日本貸金業協会より作成


グラフを見ると、年収100万円未満の人が12.5%を占めています。

200万円未満であれば、全体の1/4以上になります。


たとえ年収が低くても、収入が安定していれば、消費者金融の審査に通る可能性は十分あると言えます。

なお「安定した収入」とは、週3日以上の仕事が基準となります。

単発バイトや週1~2日の仕事の場合、審査に通るのは厳しいでしょう

2.勤務先・雇用形態

勤務先や雇用形態も、審査の重要ポイントの一つです。

勤務先や雇用形態が安定していれば、支払が滞るリスクが低いと判断されるためです。


たとえば、公務員や上場企業の正社員などは、評価が高くなります。

規模の小さな会社に勤務する場合やアルバイトは、安定性の評価は低くなりがちです。


なお勤務先を確認するために、カードローン会社が行う審査手続きに「在籍確認」があります。

在籍確認とは、申告された勤務先で本当に働いているか、カードローン担当者が確認するものです。


審査が始まったら審査担当者が、(個人を装って)勤務先に電話をかけます。

在籍確認について、詳しくは以下のページをご覧ください。

<関連記事>:消費者金融の在籍確認は怖くない!

3.過去に延滞がないか

過去に延滞がないか消費者金融の審査でチェックされる

延滞(=61日以上また3か月以上の返済遅れ)が発生すると、社内データベースや信用情報機関に「事故情報」が登録されます。

事故情報とは、その人が過去に延滞や債務整理をしたことを示す情報です。


信用情報機関の情報は金融機関の間で共有されており、カードローン審査で確認する決まりになっています。

そのため他社の借り入れで延滞した場合でも、審査で分かってしまいます。


事故情報が登録された状態を「ブラックリストに載る」と言い、5年間は審査に通りません。

<関連記事>:消費者金融で滞納するとブラックリストに載るって本当?

最近は、スマホ端末の分割払いの遅れで、審査に落ちる人が増えています

4.他社からの借り入れ

他社からの借り入れが多い場合、審査に落ちやすくなります。

消費者金融の審査では、特に借り入れ件数を重視します。


既存の借り入れが5件以上あると、審査に通らなくなります。

また消費者金融は総量規制の対象であるため、年収の1/3を超える借り入れはできません。


他社での借入残高(銀行カードローンなどを含む)と合わせて、1/3に抑える必要があります。

<関連記事>:カードローンを利用すると信用情報にマイナス?



消費者金融の審査、通りやすくするには?

消費者金融の審査、通りやすくするには?

ここまで、消費者金融の審査のポイントを見てきました。

では審査で通りやすくするには、どうすれば良いのでしょうか?

同じ会社で1年以上働いてから申し込む

キャッシングの審査では、勤続年数が長いほど有利になります。

同じ会社に長くいる人ほど、転職などで収入が減少するリスクが低いと考えられるためです。


審査に通りやすくするには、勤続年数が1年以上ある方が望ましいです。

たとえ正社員であっても、1年未満では評価は低くなってしまいます。

何度も転職を繰り返しているのも、評価が下がる要因になります

既存の借入を減らす

既に総量規制の上限ギリギリまで借りている場合、残高を減らすことが最優先です。

借入件数が多い場合は、おまとめローンの利用も検討しましょう。


おまとめローンとは、借り換えによって、複数の借り入れを一本化できるローンです。

一般のローンよりも低い金利であることが多く、支払いの負担を抑えられます。

<関連記事>:消費者金融のおまとめローンで失敗しないためには?

申込先は1~2社に絞る

キャッシングの申込情報も、信用情報機関に登録され、6か月間は記録が残ります。

短期間に複数の会社で申し込むのは、審査担当者に悪い印象を与え、評価が下がる原因になります。


特に3社以上で申し込むと、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、審査に通りません。

消費者金融を利用する際は、あらかじめ1~2社に絞ってから申し込みましょう


以上、消費者金融の審査基準について解説しました。

審査に不安がある場合は、自分の信用力を高めることが第一です。


信用力を高める努力をすれば、借り入れの必要性も自然に小さくなるでしょう。

 【元銀行員が教える】消費者金融ランキング!

この記事のまとめ

  • 消費者金融の審査は、申込者の個人情報に点数をつける「スコアリング」で行われる
  • 信用力は、「属性」と「信用情報」のスコアリングで評価される
  • 消費者金融の審査では、収入の安定性が重視される
  • 過去に延滞があると審査に通らない
  • 消費者金融の審査に通りやすくするには、既存の借入件数を少なくする

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。キャッシング初心者のため、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)