消費者金融で勝手に借りられた!カードローンなりすましの対処法は?

消費者金融や銀行のカードローンを、他人名義で契約することは禁じられています。

ですが万が一、自分の名義で借入をされてしまったら、返済義務は生じるのでしょうか?


今回は、自分名義で借金をされてしまった理由や、なりすましの対処法について紹介します。


知らぬ間に、勝手に借金させられた!原因は?

最近では消費者金融や銀行のカードローン契約を、Webで完結させることができ、自分名義の借入をされるリスクも高まっています。

では自分名義の借金をされる、主な原因とは何でしょうか?

本人確認書類を、盗まれた(勝手に使用された)

本人確認書類を、盗まれた(勝手に使用された)

自分名義で借金をさせられた原因として、まず考えられるのは本人確認書類を盗まれ、勝手にローン契約を結ばれることです。

基本的に消費者金融や銀行では、本人確認があるため、審査に通らないケースが多いでしょう。

大抵の場合、本人確認のために顔写真付きの身分証の提示を求められます。


消費者金融・銀行カードローンの無人契約機であっても、テレビ窓口越しに担当者と対面するので、身分証の写真と本人が違っていればウソを見破られます。

ですがまれに、担当者が見落として、審査に通ってしまうケースがあります。


また「審査なし、即日融資」と謳っているヤミ金業者であれば、盗まれた本人確認書類のみで、融資が完了する可能性もあります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】審査なしのカードローンってあるの?

一般的に消費者金融や銀行でローン契約をすると、本人確認として職場に電話が来ます。

カードを盗まれて、使用された

なりすましの原因として最も考えられるのは、ローンカードやクレジットカードを盗まれて、使用されるケースです。

万が一カードを不正利用されたときは、契約している消費者金融やクレジットカード会社に連絡しましょう。

すぐに利用停止の手続きを行ってくれます。


後で詳しく説明しますが、ローンカードとクレジットカードでは、不正利用に対する補償に違いがあります。

貸していたカードを、勝手に使用された

貸していたカードを、勝手に使用された

友人・知人にローンカードやクレジットカードを貸し、勝手に利用されるケースも考えられます。

ただこのように契約者本人がカードを貸して、発生した借金の支払い義務は、契約者である本人に生じます。


カード会社からすると、契約者以外の人がカードを使用することは、規定外利用となるためです。

たとえカードを貸した相手が借入すると貸した本人が知らなかったとしても、消費者金融やクレジットカード会社は、契約者本人に返済を求めます。


ただローンカードやクレジットカードの不正利用は、違法行為にあたります。

まずは不正利用をした相手と、話し合いをしましょう。

それだけで解決しないときは、警察や弁護士へ相談するとよいでしょう。

カード会社に、クレジットカードやローンカードを友人に貸していることがバレると、カードの利用を停止される場合もあります。

(コラム)自分から名義を貸した場合は、どうなる?

以上は、自分の意図しない形で借金させられたケースを見てきました。

では反対に自分から名義を貸した場合は、どうなるのでしょうか?


このように自分の意思で名義を貸し、貸した相手が自分名義でローン契約やキャッシングをすることを「名義貸し」と言います。

名義貸しは違法行為にあたり、貸した本人に詐欺罪が適用されます。

また名義貸しによって作られた借金の返済義務は、契約者本人にあります。


仮に名義を貸した相手が「借りるのは30万円までで、借りたお金の返済は、こちらが責任をもって行う」と約束したとします。

こうした約束とは関係なく、相手が借金した分の内、返済してない金額については返済義務を負うことになります。

<関連記事>:名義貸しとは?そのリスクは?ローン関係は絶対NG!



キャッシングのなりすましで借金!対処法は?

貸金業者と相談、内容証明郵便を送る

貸金業者と相談、内容証明郵便を送る

キャッシングのなりすまし被害に気付くのは、貸金業者から返済遅れを指摘されるケースが多いでしょう。

不正利用が発覚したらまず、貸金業者に電話をかけて不正利用の事実を告げ、利用停止の手続きをします。


これで大抵の業者は動いてくれるはずですが、中には動きの鈍い業者もいるかもしれません。

そんな場合は、内容証明を送ることも検討しましょう 。

内容証明で、「身に覚えのない借金であること」を伝えることが大切です。


内容証明を貸金業者に送れば、動きの遅い業者でさえ調査を行ってくれます。

この時点で、問題が解決するケースが多いです。


もし内容証明を送っても、業者による取り立てが続く場合は、借入先である貸金業者に再度相談してみてください。

間違っても、焦って返済してはいけません。


「自分ではなく他人が借入した」としっかり説明しましょう。

ただローンカードを一時的に盗まれた場合などは、他人による借入だと証明するのが難しい場合もあります。


貸金業者と話し合いをしても解決しないときは、弁護士に相談することをおすすめします。

内容証明を郵送することで、自分の債務ではないことを明確に示すことが可能です。

債務不存在確認訴訟を起こす

内容証明を送っても、取り立てが続く場合は、「債務不存在確認訴訟」を起こす選択肢もあります。

「債務不存在確認訴訟」とは、債務が自分のものではないことを証明するための裁判です。

裁判で借入していないことが証明されれば、返済義務はなくなります。


また事故情報として信用情報機関に登録されてしまった場合は、その履歴を削除することも可能です。

裁判を起こすことが決まったら、専門の弁護士に相談することをおすすめします。


裁判を考えているけど、いきなり弁護士に相談するのに抵抗がある場合は、無料で法律相談できる「法テラス」を利用するといいでしょう。

<外部の関連サイト>:債務不存在確認訴訟って何? – ひなびた温泉好きの弁護士ブログ

盗難にあったクレカは補償されるが、カードローンは難しい

盗難にあったクレカは補償されるが、カードローンは難しい

クレジットカードとローンカードが盗難された場合は、補償に差があります。

まずクレジットカードには盗難保険が付いているため、不正利用された損害額は保険会社が支払いを負担してくれます。


不正利用が発覚し、すぐに申請を行えば大抵の場合は盗難保険が適用されるので、返済する必要はありません。

一方カードローンには、盗難保険は付いていません。


消費者金融が発行しているローンカードの管理は、自己責任となるため、不正利用による損害額を負担してくれることはありません。

もしローンカードを紛失した場合は、利用停止の申請をして、貸金業者に相談することが大切です。

カードの暗証番号を分かりやすいものに設定していると、契約者の過失となるケースもあります。暗証番号の管理には注意しましょう。

犯人が身内の場合は?自分で払う選択肢も

もし妻や夫、家族が自分名義の借金を作った場合、支払い義務は生じるのでしょうか?

基本的に家族であっても、自分以外の人が作った借金であれば、返済する必要はありません。


しかし家族や近親者を相手に、訴訟を起こすのは難しいですよね。

最終的に同じ家計から返済すると考えれば、自分で払うことを検討しても良いかもしれません。

<関連記事>:【元銀行員が解説】家族の借金は身内に返済義務あるの?



勝手に借金されないための対策は?

本人確認書類やカードの管理は厳重に!

クレジットカードやローンカードを不正利用されないためにも、カードは厳重に管理し、家族といえども触れないように保管して下さい。

クレジットカードやローンカードが盗まれなければ、不正利用を心配する必要もありません。


また自分名義でのローンやクレジットカードの申し込みをされないためにも、運転免許証や保険証、パスポートといった本人確認書類は厳重に管理して下さい。


家族や親しい友人だからといって、名義を気軽に貸するのも絶対にNGです。

名義貸しは名義を貸した本人が返済義務を負うだけでなく、ローン(カード)会社に対して詐欺行為を働いてることにもなります。


ローン会社から、詐欺罪で訴えられることにも、なりかねません。

身に覚えのない借金を未然に防ぐためにも、本人確認書類は自分で管理することが一番です。

<関連記事>:カードローン審査で年収・勤務先の嘘はなぜバレる?

もし本人確認書類書類を紛失してしまったときは、近くの警察署や交番に届出を出しましょう。

クレカやローンカードを貸すのは、絶対にNG

クレカやローンカードを貸すのは、絶対にNG

クレジットカードやローンカードを、他人に貸すのは規定外利用にあたる、危険な行為です。

「どうしても貸してほしい」と頼まれても、必ず断ってください。


また自分の意思で貸してしまい、相手が返済できない場合は、その返済義務を自分が背負うことになります。

規定外利用をしたということで、ローン契約を解除させられる事態に発展する恐れもあります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】金融事故情報(ブラックリスト)とは?



以上、自分名義で借金をされたケースや、その対処法について解説しました。

基本的に、自分以外の誰かが作った自分名義の借金は、返済する必要はありません。


しかし自分の意思でクレジットカードやローンカードを貸すことは、違法行為にあたります。

身に覚えのない借金を防ぐためにも、本人確認書類やクレジットカード、ローンカードの管理は徹底しましょう。


この記事のまとめ

  • 自分名義の借金をされる原因として、本人確認書類を盗まれる、カードを盗まれる、貸していたカードを勝手に使われるケース、がある
  • 勝手に契約された自分名義のローン契約に返済義務はないが、自分が名義を貸した場合は話が別
  • 身の覚えのない借金に気付いたら貸金業者に相談し、解決しなければ「債務不存在確認訴訟」を起こす
  • 盗難されたクレカの不正利用は補償されるが、ローンカードでは補償がない
  • 不正利用を防ぐために、本人確認書類やカードの管理をしっかり行う

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)