カードローン審査で勤続年数が短いとNG?

カードローン審査では、いくつもの項目に点数をつけて信用力を評価します。

その中でも、「勤続年数が短いと、審査に不利」という話を聞いたことがある人もいるでしょう。


ですが、この噂は本当なのでしょうか?

今回は、カードローン審査における勤続年数について詳しく解説します。


カードローン審査で知っておくべきポイントは?

カードローン審査では、どんなポイントが重視されるのでしょうか?

勤続年数も含め、審査において重視される項目について解説します。

カードローンの申込条件は?

どのカードローン会社も、「20歳以上で、安定した収入があること」という条件を設けています。

年齢は、問題なくクリアできるでしょう。


もう一つの「安定した収入」とは、週3日以上の勤務をしていることを指します。

他の項目によって審査結果は変わりますが、週3日以上働いているのであれば、パートやアルバイトでもカードローン審査に通る可能性があるということです。


しかし単発バイトや、週1~2日の勤務の場合、審査に通るのは厳しいと言えます。

カードローンの審査では、収入の大きさより安定性が重視されると言われています

審査で重視されるポイントは、主に4つ

カードローン審査において、特に重視されるのは「年収」「未婚か既婚か」「居住形態」「勤続年数」の4つです。

この中でも特に重視されるのは、「年収」「未婚か既婚か」「居住形態」の3つです。


これらのポイントがなぜ重視されるのか、以下で詳しく解説します。

<年収>
年収が高ければ高いほど、信用力は高く評価されます。

ただし年収が低いからといって、審査に通らない訳ではありません。

先ほど説明したように、週に3日以上勤務し、安定して収入を得ているなら、可能性はあります。


<未婚か既婚か>
結婚しているかどうかも、審査でよく見られるポイントです。

一般的に既婚の方が、審査では有利です。

これは未婚の場合だと、返済に行き詰まった時に逃げることができ、貸し倒れのリスクがあるからです。


<居住形態>
居住形態は、持ち家か賃貸か、家族と同居しているか、ルームシェアかなど、様々なタイプがあります。

この中で一番評価が高いのは、本人名義の持ち家です。


次に高く評価されるのが家族と同居、そして賃貸、ルームシェアという順になっていきます。

持ち家の評価が高いのは、家賃の負担がないので、毎月の返済分を確保しやすいと考えられるためです。


また万が一、返済が滞ったら自宅を差し押さえることができ、カードローン会社にとっては安心材料となります。

ただ賃貸やルームシェアだからといって、審査に落ちる訳ではありません。


<勤続年数>
勤続年数も、カードローン審査でよく見られるポイントの一つです。

勤続年数が長いほど、審査には有利です。


カードローン審査と勤続年数の関係については、勤続年数が短いとカードローン審査に通らないって本当?で詳しく説明します。

<関連記事>:消費者金融の審査担当者に聞いた!審査と取り立ての裏側

年収・勤務形態に関係なく、在籍確認は必須

在籍確認は必須

正社員でもアルバイトでもカードローン審査では、在籍確認をクリアする必要があります。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で本当に働いているか、勤務先に電話で確認するための手続きです。


勤務先への電話いっても、カードローン担当者は会社名ではなく個人名で電話をかけてくれます。

そのため周囲に、カードローンの利用が知られるリスクは低いと言えます。


ただ念のため、「クレジットカードの審査で電話が来る」などと同僚に伝えておくと、スムーズに在籍確認を終えることができるでしょう。

<関連記事>:消費者金融・カードローンの在籍確認って怖い?

派遣社員の場合、実際に働いている派遣先の会社ではなく、派遣元の企業に在籍確認の電話をされるので注意が必要です



勤続年数が短いとカードローン審査に通らないって本当?

勤続年数が短いと審査に通らない?

このページを見ている人の中には、「自分は今の会社で勤続年数が短いから、審査に通らないかも」と不安な人もいるかもしれません。

実際ネットでは、「勤続年数が1年未満だと審査に落ちる」といった情報もあります。


では本当に、勤続年数が短い人は、カードローン審査に通らないのでしょうか?

勤続年数が1年以上だと審査に有利

上でも説明したように、カードローン審査では勤続年数が長い方が、高く評価されます。

一般的にカードローン審査に通るには、1年以上同じ会社に勤めていると有利だと言われます。


緊急でお金が必要な訳ではないのであれば、勤続年数が1年を超えてから申し込むことも検討してみましょう。

ただし勤続年数が1年未満でも、他の条件が良ければ審査に通過する可能性はあります。

「勤続年数が1年未満なら必ず落ちる」という単純な話では、ありません。

とはいえ勤続年数が3か月未満だと、源泉徴収書などの収入証明書の提出ができないため、審査にかなり不利です

審査に通過したとしても、借入限度額を低めに設定されることもある

勤続年数が短いと、希望の金額での借り入れが不可なケースがあります。

信用力が低い人には、カードローン会社は返済不能のリスクを防ぐため、貸し付けを控えるようになります。


とはいえ上でも書いた通り、勤続年数が短いからといって審査に落ちるとは限りません。

ただ希望していた金額(借入枠)から、減額される可能性は十分あります。

カードローン審査で勤続年数が重視されるワケ

なぜカードローン審査では、勤続年数を重視するのでしょうか?

それは勤続年数が、申込者の収入の安定性を判断する要素の一つだからです。


勤続年数が長いと、今後も同じ職場で働く可能性が高いとされ、将来の収入も安定していると考えられます。

一方、短期間で転職を繰り返している人は、今の仕事も辞める確率が高いと見なされ、審査ではマイナスポイントとなります。


つまり勤続年数からカードローン会社は、申込者の将来の安定性を見極めているのです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

カードローン会社は、貸したお金をきちんと返してくれる人に融資する必要があるため、将来の安定性をチェックすることは必須です



勤続年数が短くても、カードローン審査に通るコツは?

ここまで勤続年数の長さが、カードローン審査において重要だということが分かりました。

ここからは勤続年数が短い人が、審査に通るためのコツを紹介します。

借入希望額を最低限に設定する

今の職場で働き始めて間もない人は、カードローンを申し込む際、必要最低限の額で申請するようにしましょう。

信用力が低くても少額の借入なら、貸し倒れのリスクが低いため、カードローン会社も融資してくれる可能性があります。


また初めは少額の借入でも、延滞することなく返済していれば、後から増枠することも可能です。

場合によっては、カードローン会社から増枠の提案を受けるケースもあります。

<関連記事>:カードローンの上限の借入限度額は?

借入希望額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出を求められます

勤続年数が短くても、前向きな要因があれば通りやすい

勤続年数が1年未満でも、転職によって収入がアップしたなど、前向きな要因があれば、審査に通過する可能性は十分あります。

転職して収入が上がり、半年以上経てば、前職の時よりも信用力が高くなることが多いです。


給与アップを求めて転職した人は、カードローン会社から「返済能力が上がった」と判断されます。

転職によりプラスの要素が増えたのなら、カードローン審査で有利になる可能性は高いと言えます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】審査なしのカードローンってあるの?

柔軟に対応してくれる消費者金融を選ぶ

審査に通るか不安な人は、銀行カードローンよりも消費者金融がおすすめです。

消費者金融の審査は、銀行カードローンよりも厳しくないと言われています。


また消費者金融では、即日融資にも対応しています。

審査が不安な方や、急ぎで借りたい方は消費者金融を選ぶようにしましょう。

<関連記事>:消費者金融での即日融資!おすすめの会社は?



カードローン審査が不安でもNGな行為は?

勤続年数が長いと審査に有利ですが、短いからといって必ず審査に落ちる訳でないことが分かりました。

ここからは、勤続年数が短くて審査に通るか不安でも、やってはいけない行為について解説します。

勤続年数が短くても、ウソはつかない

勤続年数が半年に満たないとしても、虚偽の申告をすることはNGです。

社会保険証の提出によって、勤続年数を増やしたことがバレてしまう可能性があります。


社会保険証には、資格取得年月日が記載されています。

この日付は多くの場合、入社日と同じです。


カードローン審査では、本人確認書類を出す必要があり、社会保険証を提出するケースもあります。

申告した勤続年数と、資格取得年月日が大きく違った場合、ウソが発覚してしまうのです。


審査の段階で虚偽の申告が判明した場合、審査に落ちます。

またカードローンを契約した後にウソがバレたときは、借入金の一括返済を求められることもあります。

<関連記事>:カードローン審査で年収・勤務先の嘘はなぜバレる?

休職中であることを隠して申し込んだとしても、在籍確認によってウソはバレてしまいます

短期間に複数の会社に申込まない

キャッシングの申込情報は、信用情報機関に6か月間登録されます。

短期間で複数の申込をしていると、その情報は各カードローン会社に共有され、審査担当者にマイナスなイメージを与えます。


勤続年数が短い人も、申込先は1~2社に絞っておきましょう。

一度に3社以上の申し込みをしてしまうと、「申込ブラック」となります。


申込ブラックの状態では、カードローン審査に通過しないので、注意が必要です。

ヤミ金・個人間融資は利用しないこと

いくらお金に困っていても、ヤミ金や個人間融資を利用してはいけません。

ヤミ金からお金を借りてしまうと、法外な利息を請求されたり、暴力的な取り立てをされるケースもあります。


またSNSや掲示板を使った個人間融資は、気軽に借り入れできるイメージがあるかもしれません。

ですが個人間融資でお金を貸してくれる相手は、ヤミ金業者や詐欺師の可能性も高く、犯罪に巻き込まれるケースもあります。


もしカードローンの審査に通らなかったとしても、ヤミ金や個人間融資の利用はやめましょう。

<関連記事>:個人間融資とは?そのリスクを分かりやすく解説

万が一ヤミ金や個人間融資の被害に遭った場合は、すぐに警察や弁護士に相談してください



以上、カードローン審査における勤続年数について見てきました。

勤続年数は長い方が有利とはいえ、最近は転職する人も多く、短いからといって必ず審査に落とされる訳ではありません。


審査が不安な人は、初めは少額で借り入れをして、後から増枠するのも良いでしょう。

この記事のまとめ

  • カードローン審査では、「年収」「未婚か既婚か」「居住形態」「勤続年数」の4つの項目が特に重視される
  • 勤続年数が1年以上だと審査に有利
  • 勤続年数が短くても、年収が高い・既婚など、プラスの要因があると審査に通りやすい
  • 勤続年数が不安なら、銀行カードローンよりも消費者金融がおすすめ
  • 審査が不安でも、虚偽の申告をしたり、一度に複数のカードローン会社に申し込まない

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)