【元銀行員が解説】カードローンの借金は時効で踏み倒しできる?

借金があっても時効が成立したらチャラになる、なんて話聞いたことないですか?

もしこれが消費者金融などのカードローンに適用されるとしたら、嬉しいですよね。


結論から言えば、カードローンでも時効は成立するのですが、そのための条件は大変厳しいです。

今回は、カードローンなどの借金の時効が成立する条件を見ていきます。


時効って、どんな制度?カードローンと関係あるの?

時効ってどんな制度?

時効とは、ある一定の期間が過ぎると、ある権利が消滅したり、取得できる制度です。


時効というと借金ばかり思い浮かべる人もいるかもしれませんが、刑事ドラマなどでも「時効が成立した」といったセリフを、聞いたことある人もいるはずです。


実は時効は借金のほかにも、広く適用される制度です。

とはいえ話が複雑になるので、今回は借金に限定して話を進めます。

<外部の関連サイト>:あらためて「時効」を知ろう- 骨董通り法律事務所

時効とは?借金がなくなるって本当?

時効とは?借金がなくなるって本当?

借金の時効とは、ある一定の期間が過ぎると、債務が消滅する制度です(これを消滅時効と呼びます)。

時効により債務が消滅するための条件を満たすことを、「時効が成立する」と呼びます。


これはもちろん、カードローンにも適用されます。

カードローンの時効が成立すると、借入が消滅するので、借主は返済をしなくて済みます。


では時効は、どんな時に成立するのでしょうか?

カードローン(=借金)の時効が成立するための条件を、以下で詳しく見ていきます。

消滅時効に対して、時効が成立することにより権利が得られる制度を、取得時効と呼びます

カードローン(借金)の時効が成立する期間は?

(カードローンを含む)借金の時効が成立するには、5年または10年の期間が定められています。

時効成立までの期間は、具体的には以下の通りです。

借入先 時効期間
消費者金融 5年
銀行
個人、信用金庫、農協 10年

表からも分かる通り、同じカードローンでも、借入先が異なれば、時効期間も異なります。

消費者金融や銀行カードローンでの借り入れについて、時効期間は5年です。


一方で信用金庫や農協で借りた場合、時効期間は10年になります。

また個人からの借金も、同じく時効は10年になります。


ところで5年とか10年というのは、いつからスタートするのでしょうか。

一回でも返済をした場合、最後の返済日の翌日が時効のスタート日になります。


一回も返済してない場合は、借入日の翌日が時効のスタート日になります。

<関連記事>:消費者金融・カードローンの一括返済で気を付けるべきこと

時効を成立させるには、「時効の援用」が必要!

たとえ借金の時効期間が経過していても、そのまま何もせず放っていると、時効は成立しません。

時効を成立させるには、「時効の援用」の行使が必要です。


時効の援用とは、時効によって利益を受ける側(=借主)から、債権者(=貸主)に対して時効の成立を主張する事です。


時効の援用の手続きとして、貸主(=カードローン会社)に「借金の時効が成立したので、返済しません」と示した内容証明郵便を送ります。

内容証明郵便を利用することで、いつ、どんな内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかを、郵便局に公的に証明してもらう事ができます。


以上まとめると、時効の成立に必要なのは以下の2点です。

・時効が成立するための一定期間(5~10年)を経過すること
・一定期間が経過後に、時効の援用を貸主に行使すること



この2つとも満たせば、借主は借金をチャラにできます。

内容証明郵便なら、裁判になった場合でも証拠として認められます

時効は「中断」させることも出来る

時効は「中断」させることも出来る

時効が成立し借金がチャラになったら、借主は返済の必要がなくなり、カードローン会社は大きな損失を被ることになります。

簡単に時効が成立してしまっては、貸主(=カードローン会社)の商売が成り立ちませんよね。


そこで貸主側にも、「時効の中断」という対抗策が用意されています。


時効の中断とは、ある一定の条件を満たした場合に、それまでの時効期間がリセットされる制度です。

時効が中断した時点から、5年または10年の時効期間が再スタートする事になります。


どのような場合に時効が中断されるのか、後ほど詳しく説明します。

<関連記事>:カードローンを延滞・滞納すると、どんなペナルティがある?



時効の成立を防ぐ!時効の中断事由は?

事項の中断事由

上では、時効が成立するために、一定期間(5-10年)が必要と説明しました。

一方で時効の成立を防ぐために、貸主には「時効の中断」という対抗策が用意されています。

どんな時に時効が中断できるのか、以下で詳しく見ていきます。

1.債権者からの請求

ここで言う請求とは、カードローン会社が借主に対して行う、借金を返してもらうための行動を指します。

具体的には、カードローン会社が裁判所に対して行う、支払い督促の申立や、和解・調停の申立があります。


裁判所がカードローン会社の請求を認めると、時効が中断し、時効期間はゼロにリセットされます。

また裁判上の請求以外にも、「催告」によって時効が停止されます。


催告とは、カードローン会社から借主に対して、「このまま返済がないと法的措置をとりますよ」などと返済を求める事を言います。

催告は内容証明郵便で行われ、時効を6か月間だけ停止させる効果があります。

<関連記事>:奨学金の借金が返済できない場合、どうすれば良い?

時効が停止している6か月の内に裁判を起こせば、催告を行った時点から時効が中断されます

2.財産の差押え・仮差押え、仮処分

財産の差押え・仮差押え、仮処分

借主の財産や給料が(1)差し押え、(2)仮差押え、(3)仮処分のいずれかになった場合も、時効が中断します。


差し押さえとは、裁判所の強制力を後ろ盾にして、貸主が借主の(換金可能な)財産を確保して、取り立てを行う制度です

差し押さえられた財産は、換金され、未払い分の返済に充てられます。


それに対して仮差押えは、裁判所の判決前に、預金などの財産を仮で差し押さえておく事を言います。

借主が財産を隠すのを防ぐため、裁判所から、財産の処分を禁止する命令を出してもらいます。


仮処分は仮差押えとほぼ同じですが、金銭ではなく、物的財産(不動産など)を対象としている点が特徴です。

<関連記事>:消費者金融の差し押さえはどんな感じ?借金の踏み倒しは難しい?

3.債務者による返済義務の承認

時効の中断で一番よく行われるのが、借主の「承認」による中断です。

借金の返済義務があると借主が認める行為によって、時効は中断します(=時効はリセットされます)。


仮に1円でも借金を返済すると、その時点で時効は中断します。

それ以外には、電話でカードローン会社から「いつ返済できますか?」と聞かれ、「必ず払うから」「もう少し待ってほしい」と猶予(ゆうよ)を求めるのも、時効の中断事由になります。

時効が成立した後でも、借金の返済を返済したり返済義務を認める行為を行うと、時効期間はリセットされます。時効の援用ができなくなる点に、注意が必要です。



カードローンの時効成立は難しい!知っておきたいポイントは?

借金をしてる人なら誰だって、借金がチャラになったら嬉しいはずです。

でもカードローン会社は、商売でカードローン事業を行っています。


借主が借金の時効成立を狙っても、カードローン会社としては簡単に成立させません。

カードローンでの時効について、知っておくべきポイントを3つ見ていきます。

督促から長期間逃げ続ける必要がある

督促から長期間逃げ続ける必要がある

カードローン会社は、電話や督促状、訪問など、色々な方法で借金の返済を求めてきます。

カードローン会社からの連絡を全部無視していても、、最終的には裁判所を介して法的な回収が行われます。


住所や勤務先も知られている状態なので、督促から逃げ続けるのは難しいでしょう。

全てを捨てて夜逃げすれば、逃げ切れるかもしれませんが、日常生活も送れなくなります。

精神的にも、大きな負担がかかるのは間違いありません。



仮に逃げられたしても、時効が成立しなければ、その間にも利息が膨らみ続ける事になります。

それなら、返済に行き詰った時点で債務整理をした方が、夜逃げより100倍オトクです。

<関連記事>:【元銀行員が教える!】お金がない時の乗り切り方は?

借金の利息や遅延損害金の負担が大きくなり、余計に苦しい立場に追い込まれてしまいます。

延滞で信用情報に傷がつく

カードローンの返済遅れが2か月以上続くと、延滞扱いとなり、信用情報機関のデータベースに事故情報として登録されます。

事故情報は、信用情報機関を介して金融機関の間で共有され、原則5年間は記録が残ったままです。


事故情報が残っている限り、新たな借り入れは一切できません。

消費者金融・銀行カードローンはもちろん、新規でクレジットカードも作れません。住宅ローンなんて、もってのほかです。


また仮に時効の援用によって借金が消滅しても、登録先の信用情報機関によっては、「貸倒」として一定期間記録が残ってしまいます。

<関連記事>:キャッシングの借金履歴(信用情報)はいつまで残る?

事故情報は、カードローン各社の自社データベースでも管理され、信用情報機関の記録が消えた後も残り続けます。借金を踏み倒した会社や関連会社では、ローンを利用することは一切できないでしょう

どうしても返済できないなら専門家に相談

ネットの情報を見てると、過去には消費者金融の事務ミスにより返済の催促が来ず、時効が成立してまうケースが、ごくマレにあったようです。

ですが現在は、カードローン各社とも、返済履歴を社内システムで管理しています。


事務ミスによる時効の成立を狙うのは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

どうしても返済が難しい場合は、債務整理を検討すると良いでしょう。


債務整理を行う事で、借金を減らしたり、利息をカットできる可能性があります。

債務整理の手続きは、自分自身で行う事も可能ですが、手続きは相当複雑です。

スムーズに解決するためにも、弁護士や司法書士といった専門家に相談するのがオススメです。


以上、カードローンの時効の条件や特徴を解説しました。

借金のチャラになるのは魅力ですが、時効の成立はハードルがとても高いです。


加えて時効の成立を狙うのも、かなりリスクが大きいと言えます。

時効のことは考えずにコツコツ返済をして、計画的なカードローン利用を心がけましょう。


この記事のまとめ

  • カードローンの借金の時効が成立すると、借主の返済義務は消滅する
  • 時効が成立するには、一定期間(5-10年)経た後に、時効の援用が必要
  • 一部でも借金を返済したり、返済義務を認める行為を行うと、時効が中断する
  • カードローン会社は色々な方法で借金の返済を求めてくるので、時効の成立は極めて難しい
  • どうしても返済が難しい場合は、時効の成立を狙うよりも、債務整理を検討する

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。キャッシング初心者のため、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)