消費者金融の本人確認書類って?お金を借りるのに必要な物は?

消費者金融の借入れでは「本人確認書類」が必要になる、と聞いたことのある人もいると思います。

でも本人確認書類が何なのか、知らない人も多いはずです。


本人確認書類は消費者金融だけでなく、キャッシング審査には必ず必要になります。

今回は、本人確認書類とは何か、またお金を借りるのに他に必要な書類はないか解説します。


消費者金融、お金を借りるのに必要な物は?

必須なのは、本人確認書類


消費者金融でお金を借りるにあたっては、本人確認書類の提示が必須となります。

と言うのも、消費者金融を含む貸金業者は、「犯罪収益移転防止法」および「貸金業法」という法律により、取引時に下記の事項を確認することが、義務付けられているからです。

<確認が義務付けられている事項>
・住所
・氏名
・生年月日
・職業
・取引を行う目的


以上の情報を確認するためにも、本人確認書類の提出は絶対です。

なお基本的には、本人確認書類のみの提出によって、申し込みは完了します。


ただし、追加で書類が必要なケースもあるため、その点は後ほど紹介していきます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】キャッシングの申込みから借入れまでの流れ

本人確認によって、金融犯罪などを防止しています

本人確認書類とは?

本人確認書類

本人確認書類として認められるものは、主に以下の通りです。

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・健康保険証
・住民票

これらのコピーを、申し込み時に提出する必要があります。

このうち信用力が高いのは、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードで、これらの内一点を提出します。


この3点の信用力が高いのは、顔写真が付いているためです。

一方、顔写真が付いていない本人確認書類は、信用力が低いため、2点提出が必要になるケースもあります(健康保険証+住民票など)。


なお、マイナンバーカードに記載されている個人番号は、審査に必要のない個人情報のため、隠して提出するようにしましょう。

外国籍の人は、外国人登録書や在留カードを、本人確認書類として使用することができます。

本人確認書類がない…そんな人はどうすれば良い?

上記で触れたように、法律により、本人確認書類は必ず提示しなければなりません。

そのため、本人確認書類がない人は、消費者金融や銀行でキャッシングすることはできません。


とは言え、もともと免許証やパスポートを持っておらず、健康保険証なども何らかの事情で提示できない、という人もいるかも知れません。

そのような場合には、マイナンバーカードの発行を検討してみてください。


マイナンバーカードは、本人確認書類としての効力が強いうえに、発行の申請をパソコンやスマートフォンからでも、行うことができますよ。



本人確認書類に加えて、他の書類が必要なケースは?

本人確認書類,追加

提出書類の住所と現住所が異なる場合

本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合には、下記のような現住所を証明する書類を、追加で提出する必要があります。

・納税証明書
・国税、地方税の領収書または請求書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書
・住民票の写し、住民税の記載事項証明書


なお、発行日または領収日から6ヶ月以内のものが有効となります。

できるだけ最新のものを提出するようにしましょう。

引越しをしたら、免許証などの住所変更を速やかに行いましょう

借り入れ希望額が、50万円を超える場合

借り入れ希望額が50万円を超える場合か、借り入れ希望額と他社での借入金の総額が100万円を超える場合には、本人確認書類に加え、収入証明書が必要になります。

収入証明書として認められているのは、以下のどれかです。

・源泉徴収票:勤務先から交付される所得税額を証明する書類
・給与(賞与)明細書:勤務先から交付される給与(賞与)の明細書
・確定申告書:税金の確定申告で制作した書類
・所得証明書:各市町村が発行する所得を証明する書類
・課税証明書:各市町村が発行する住民税の課税金額を証明する書類


自営業の場合は、確定申告書と併せて納税証明書の提出が求められるケースもあります。

また給与明細書については、消費者金融ごとに何ヶ月分が必要かが異なります。


自分が契約する消費者金融のHPで確認するか、申し込み後にサポートセンターに電話して担当者に確認するとよいでしょう。

<関連記事>:収入証明書が不要な消費者金融はどこ?



本人確認書類、消費者金融への提出方法は?

必要書類の提出方法は、消費者金融ごとによって異なるほか、申込方法によっても違いがあります。

それぞれの申込方法ごとに、提出方法を見ていきましょう。

1、web申込みの場合

本人確認,web申し込み

Web(・スマホ)で申し込む場合、スキャナーやスマートフォンのカメラなどで必要書類を画像化し、指定されたサイトでアップロードする方法が一般的です。

最近では専用アプリを使って、簡単にスマートフォンで撮影した写真をアップロードできる消費者金融も増えています。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】土日祝日に即日融資でおすすめの会社は?

アプリは操作も難しくないので、おすすめです

2、電話申込みの場合

電話で申し込む場合、書類のやり取りを来店によって行うか、郵送によって行うかを選択することになります。

来店契約の場合には、自動契約機か店頭窓口に、必要書類を持参することで提出が完了します。


郵送契約の場合は、送付された契約書と共に、必要書類のコピーを返送する、という手続きになります。

3、郵送申込みの場合

郵送で申し込む場合、所定の申込書と一緒に、必要書類のコピーを送付します。

以前は、郵送契約は時間が掛かるというデメリットがありました。


しかし最近では、送付書類が先方に到着後、最短一週間でカードが届くなど、スピーディーな対応をしてくれる消費者金融が増えています。

4、来店申込みの場合

来店で申し込む場合、自動契約機か店頭の窓口に必要書類を持参することになります。

自動契約機の場合は、スキャナーで必要書類を読み込ませることで、提出が完了します。


店頭の窓口へ行けば、スタッフと相談しながら申し込むことができます。

対面で申し込みたい人には便利ですが、大手でさえ窓口の数は少ないので、移動はかなり手間かもしれません。


以上、4つの申し込み方法を比較しましたが、やはり一番便利なのはWeb(スマホ)申し込みです。

申し込み時間は24時間いつでも可能なうえ、わざわざ契約機・店舗まで行かずに済みます。


書類の到着も一番早いので、早く借り入れをしたい人はWeb申し込みをするとよいでしょう。

webなら時間や場所を選ばずに申し込みができるので、便利ですね


以上、消費者金融の借り入れに必要な物や、必要書類の提出方法について見てきました。

借入に必要な書類は原則、本人確認書類だけで済みます。


ですが不安な人は、申し込み後にサポートセンターに電話をして確認することをおススメします。

この記事のまとめ

  • 借り入れに必要な物は、基本的には本人確認書類のみ
  • 法律により、本人確認書類なしでの借り入れは不可
  • 提出書類の住所と現住所が異なる場合は、追加で書類が必要
  • 借入希望額が50万円超の場合などは、収入が証明できる書類も必要
  • 必要書類の提出は、webやアプリでの提出が便利


 消費者金融のオススメ人気ランキング


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融