カードローン審査で嘘をつくのは危険?

消費者金融や銀行のカードローン審査にどうしても通過したくて、

「年収を増やして、申し込みをしよう」「他社からも借り入れがあるけど、少なく申告してみよう」

なんて、考えたことある人もいるかもしれません。

審査に落ちるかも、といった不安な気持ちから嘘を付きたくなる気持ちは分かります


ですがカードローン審査で嘘をつくのは、かなりのリスクがあります

今回は、カードローン審査でありがちな嘘や、ウソが危険な理由を詳しく解説します。


カードローン審査で嘘が多い項目は?



消費者金融や銀行カードローンの申し込みで、入力事項は多数あります。

ですが嘘を付きやすい項目は、実はある程度決まってます。

ここでは、カードローン審査で嘘を付く人が多い項目を見ていきます。

1.年収や収入についての嘘

カードローン審査で多い嘘の1つが、年収や収入を実際より高く申告することです。

年収や収入が多いと、それだけ返済能力が高いと見なされ、審査はかなり有利に働きます。


もちろん、年収295万円を300万円にするといった、多少の上乗せ程度であれば問題ないでしょう。

ですが年齢や勤務先・勤務年数などから、怪しいと思われた場合、収入証明書の提出を求められる場合があります。


また50万円を超える借り入れ、もしくは他社も含めた借り入れ総額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要です。

年収のウソをついても、すぐにバレます

以前は、こうした収入証明書の提出義務は消費者金融だけでしたが、最近では銀行カードローンの審査でも50万を超える借り入れで、収入証明書の提出を要求されます。

<関連記事>:収入証明書が不要な消費者金融はどこ?

2.勤務先や勤続年数の嘘

勤務先,勤続年数,嘘

勤務先でウソを言ったり、勤続年数を長く申告するといった嘘も多いです。

基本的には無職で収入のない人は、借り入れをすることができません。


安定した収入を得ていることが、カードローン審査を通過する条件の1つです。

そのため、大企業に勤務していると偽るケースは多々あります。


ですがカードローン審査では、申告した勤務先に電話で在籍確認を行うため、すぐに嘘がばれてしまいます

また勤続年数が長い人の方が、収入に安定性があると判断できるため、実際の勤務年数より多く申告する人が多いです。


この場合は収入証明書として、源泉徴収票を提出した際に嘘がばれるケースがあります。

源泉徴収票は入社や退職の日付が記載されていますので、勤続年数の嘘がばれる、というカラクリです。

<関連記事>:元銀行員が解説!在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンは?

3.他社の借り入れ状況の嘘

他社からの借り入れ件数や借り入れ金額の嘘をつくことも、カードローン審査で多い嘘です。

自分の借り入れ状況を少なく見せたい気持ちは分かりますが、カードローン会社で全て把握できますので意味がありません。


審査時にカードローン会社は、申告した氏名や生年月日を元に、信用情報機関に必ず問い合わせをします

信用情報機関のデータには、申込履歴や返済履歴を含めた借り入れ状況の履歴が記載されています。

他社からの借り入れ状況の嘘は、審査に不利になるだけですので、正直に申告しましょう。

4.名前や年齢の嘘

名前や年齢の嘘をつくことも意外と多いですが、明らかに犯罪です。絶対にやめましょう。

こちらも、すぐに嘘がばれてしまいます。

ネットからの申し込みで偽名を使った場合でも、本人確認書類を提出する時に必ずバレます。


詐欺未遂で犯罪になってしまいますし、仮に偽造免許証を作ったとしても、公文書偽造で逮捕されてます。

カードローン審査のためのウソで逮捕までされたら、元も子もありません。

名前・年齢の嘘も、止めましょう。

<関連記事>:【絶対チェック!】消費者金融の審査基準について



カードローン審査で嘘をつくのは、なぜ危険?



上でも見た通り、カードローンの申し込み時の嘘は、基本的にバレやすいです。

更にいうと、カードローン会社の人は今まで何千件、何万件と審査をしており、ウソを見破るノウハウを蓄積させてます。

一般利用者の嘘なんて、高い確率で嘘を見破ることが可能です。


とはいえ、嘘をついてもバレずに審査を通過してしまうケースもマレにあります。

ですが本当に不幸なのは、そんな風に審査に通過した場合です。

ここでは、カードローン審査の嘘は、なぜリスクが高いのか見ていきます。

審査中に嘘がばれると、審査に高確率で落ちる

カードローンの審査中に嘘がばれてしまった場合は、その時点で審査が打ち切りになり、キャッシングできない可能性が大です。

さらにカードローン会社の社内システムにも登録され、今後そのカードローン会社で申し込みが不可になる可能性もあります。


信用情報機関にも、申し込み履歴が残ります。

他社で新たにカードローン審査の申し込みをしても、他社の審査に落ちたということで警戒されて、審査が厳しくなります。

このように嘘がばれてしまうと、1社から借り入れができないだけでなく、他社の審査にも影響する可能性があります。

審査後に嘘がばれると一括返済、訴訟

もし万一、嘘をついても審査が通ってしまった場合はどうなるでしょうか?

悪質な嘘だった場合、カードローン枠は強制解約となり、借入金の一括返還請求をされる可能性が高いです。


数万円なら大丈夫でしょうが、借り入れ金額が高額な場合、一括で返済することは難しいことが多いため、裁判といった法的な措置がとられることになります。

さらに財産の差し押さえや、最悪の場合、詐欺罪や詐欺未遂罪といった罪に問われる可能性もあります。

そこまでのリスクを抱えながら、カードローン審査で嘘をつくメリットはありません

申し込み時の記入ミスは嘘とみなされる?

上では、審査時にウソを付いたときのリスクを見てきました。

では、ウソではなく「うっかりミス」だった場合は、どうでしょうか?

その場合でも審査に落ちたり、一括返済を要求されるのでしょうか?


結論から言えば、たとえ悪意がないとしても入力ミスがあれば、カードローン会社からすると嘘と見なされます

というのもカードローン会社からすれば、「意図的なウソ」なのか「うっかりミス」なのか区別が付かないからです。


入力ミスで特に多いのが、住所や電話番号の数字です。

確認の電話をしてもつながらない、在籍確認の電話をしても確認がとれない、といった場合は審査を継続できず、落ちてしまいます。


申し込みボタンを押す前に、入力画面をしっかりと見直しましょう。

それでも間違いに後から気づいたら、すぐに連絡をしましょう。

悪意のない嘘であれば、カードローン会社からの心象も悪くなることはありませんし、審査に大きな影響を及ぼすこともありません。

<関連記事>:消費者金融の申し込みから借り入れまでの流れを解説!



審査に通りやすいカードローンの選び方は?



カードローン審査で嘘をつくことは、デメリットが多い上にリスクも大きいと説明しました。

それでも自分の信用力(収入、他社借り入れ状況など)に、不安がある方は多いはずです。

以下では、審査に比較的通りやすいカードローンを選ぶポイントをご紹介します。

銀行カードローンより消費者金融

銀行カードローンより消費者金融カードローンの方が、審査に通りやすいと、一般に言われています。

2016年までは銀行カードローンでも、審査に比較的通りやすい状況が続いてましたが、2017年に入り一変しました。

理由は新聞でも大きく取り上げられた、「銀行カードローンの過剰債務問題」で、銀行カードローンを通じて多重債務に陥る人が続出しました。


加えて、銀行カードローンの審査では、警察庁へのデータベース照会が2018年1月から始まりました。

これにより銀行カードローンの審査は最低2日かかることになり、即日融資ができなくなりました

高額な借り入れに消費者金融は向いてませんが、10万から50万程度の借り入れでしたら、即日での借り入れも可能な消費者金融がオススメです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】銀行カードローンで即日融資ができない理由は?

専業主婦なら銀行カードローン

専業主婦は、消費者金融では絶対に借り入れできません。

貸金業法により、収入のない人間に対して貸金業者は貸付できないからです。

なお厳密に言えば、「配偶者貸付」という例外規定を使えば、専業主婦による借り入れも法的には可能です。

ただし、現実にはこの配偶者貸付に対応している消費者金融は、ほとんどありません。


専業主婦の方は、銀行カードローンで申し込みをするとよいでしょう

ただ、注意点がいくつかあります。専業主婦の借入枠は、多くても30万円です。

それ以上の与信枠に対応する銀行はまず存在しません。


次に、旦那さんが相応の収入を得ていることが条件です。

奥さんが専業主婦で、旦那さんの年収が300から400万程度だと、審査に通過するのは難しいでしょう。

3番目に、専業主婦の借り入れに対応する銀行カードローンは、それほど多くありません。

一部の銀行カードローンしか対応していませんので、申し込み時に事前に確認するとよいでしょう。

<関連記事>:お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン



以上、カードローン審査でウソを付くことのリスクについて見てきました。

上でも書いた通り、カードローン審査のウソはまずバレますし、万一バレなかった場合、より大きな不幸が待ってます。

消費者金融や銀行に対してウソを付くことは、絶対に止めましょう。


この記事のまとめ

  • カードローン審査で嘘をついても、まずバレる
  • カードローン審査で多いウソは、年収・勤務先・他社借り入れ・年齢など
  • 審査中に嘘がばれた場合は審査が打ち切りになり、借り入れが不可になる
  • 審査後に嘘がばれた場合は、括返済や訴訟を迫られる可能性がある
  • 入力画面での入力ミスに気づいたら、すぐに訂正の連絡をする

 【元銀行員が教える】消費者金融ランキング!


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング
その他の消費者金融