利息制限法とは?その上限金利は?

利息制限法とは、どんな法律かご存知でしょうか?

聞いたことはあっても、詳しく説明できる人は少ないでしょう。

今回は、利息制限法とは何か、その上限金利などについて解説します。

利息制限法って何?

利息制限法とは

ここでは、利息制限法について解説します。

利息制限法とは?

利息制限法とは、貸付などの金銭消費貸借契約において、貸主側が法外な利息や遅延損害金を搾取しないように、消費者保護を観点とした、金利を規制する法律のことです。

金銭消費貸借契約とは、簡単に言うとお金を借りる為の契約です。


どうしてもお金を借りたいという心理から、法外な金利であっても借主が借りてしまうケースがあります。

そうした借主の弱い立場を利用した契約にならないよう、利息制限法が存在します

<関連記事>:金銭消費貸借契約書とは?

利息制限法は、借主が一方的に不利にならないよう、金利の上限を定めた法律です

利息制限法の利息は?上限金利は?

利息制限法では金額に応じて、上限金利が定められています。

利息制限法による定めは以下のようになります。

元金 上限金利
10万円未満 20%まで
10万円以上100万円未満 18%まで
100万円以上 15%まで

利息制限法の上限金利は、元金(借入額)が多くなるほど上限金利は低くなるのが分かります。

借入の金額が高くなるとその分支払う利息の額も増えてしまう為、上限金利を低く設けることで借主側が少しでも支払う利息が少なくなるよう、定められています。

また、元金以外の手数料などは、一部例外を除き利息としてみなされます。

(注): 一部例外とは、ATM手数料や返済に関わる再発行手数料などを指します

この元金以外の手数料のことを「みなし利息」と言い、貸主が手数料の名目で余分な利息を取らないよう規制しています。


この他にも利息制限法では、遅延損害金の制限も設けています。

遅延損害金とは、借入をした際に返済が遅れた場合に追加で発生する、罰則金のことを言います。

この遅延損害金にも利息の制限を定めており、先程の上限金利の1.46倍までという制限が設けられています。

元金 上限金利(年間)
10万円未満 29.2%まで
10万円以上100万円未満 26.28%まで
100万円以上 21.9%まで

以上のように、利息制限法の上限金利は15-20%、遅延損害金の上限金利は21.9-29.2%となります

<関連記事>:遅延損害金って何?

超過利息分は無効だけど、罰則はない

では実際に、利息制限法の利息を超えた契約を結ぶと、どうなるのでしょうか?

利息制限法の定めた利率を超えて契約をした場合、その超過分に関しては完全に無効となります

「完全に無効」とは、上限金利を超えた超過利息分については支払う必要がないということです。

遅延損害金についても同じです。


知らずに支払っていた場合には、元金に充当されて支払ったものとみなすよう定められていますので、完済した後に発覚した場合には多く支払った分を請求することができます。

これを「過払い請求」と言います。

<関連記事>:消費者金融の過払い金請求で気を付けたいことは?


ただ、利息制限法を違反したからといって、貸主側に罰則があるわけではありません

貸主側が違反している以上は、罰則がないのはおかしい感じもしますが、利息制限法はあくまで消費者を守る法律です。


一方、金利を規制する法律として、利息制限法のほかに「出資法」と呼ばれる法律があります。

出資法で決められた上限金利に違反した場合、貸主は刑事罰の対象となります

では、出資法とはどんな法律なのでしょうか?
利息制限法との違いも踏まえて解説します

出資法って何?

出資法

ここでは、出資法について解説します。

出資法とは?

出資法の正式名称は「出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律」で、略して出資法と呼ばれています。

施行は1954年(昭和29年)です。

出資法はその名の通り、出資の受け入れや金銭の預かり業務を規制する法律ですが、そのほか、金利を規制する法律でもあります。

キャッシングの世界では、金利を規制する法律として知られていることが多いです。


貸金業者以外の金利も規制する法律ではありますが、ここでは貸金業者の金利に限定して説明します。

金利を規制する法律である以上、出資法には上限金利が存在します。

出資法の上限金利に違反すると、貸出をした業者に対して刑事罰が与えられます

出資法に違反した貸金業者には、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金、あるいはその両方が科せられます

出資法の上限金利は?

出資法の上限金利は年率20%で、利息制限法の上限金利と同じです。

実は、出資法の上限金利は1954年の施行時には109.5%でしたが、段階的に引き下げられ、現在は20%まで下がりました。

この点については、後ほど詳しく見ていきます。

出資法と利息制限法の違いは?

金利を規制する2つの法律、利息制限法と出資法は何が違うのでしょうか?

まず利息制限法は、消費者保護を目的としています

貸金業者がこの金利に違反しても、超過分が無効になるだけで、罰則はありません。


一方で出資法は、上限金利に違反した業者(貸主)に対して罰則が与えられます

出資法違反の罰則とは、金融業者に対しては10年以下の懲役もしくは3,000万円以下の罰金あるいはその両方が科せられます。

利息制限法と出資法では、上限金利は同じでも目的が異なるため、どちらも金銭消費貸借契約において重要な法律であると言えます

出資法の上限金利はなぜ20%まで下がったの?

出資法,利息制限法,違い

先ほども説明した通り、出資法の上限金利はかつて109.5%でしたが、現在では20%です。

ここまで金利が下がったのは、当時の社会情勢が関係しています。詳しく見ていきましょう。

出資法の上限金利の推移

以下は、出資法の上限金利の推移です。

期間 上限金利(年間)
1954年から 109.5%
1986年10月31日まで 73%
1991年10月31日まで 54.75%
2000年5月31日まで 40.004%
2010年6月17日まで 29.2%
2010年6月18日から現在 20%

これだけの高金利での貸出であったため、是正するべきだという世論も高まりに応える形で、長い年月で徐々に上限金利が引き下げられました。

しかし、年20%に改正されたのも最近で、それまでは利息制限法との間に、9.2%~15.2%の開きがありました。


利息制限法では罰則がないこともあり、貸主側は出資法の上限に近い金利での貸付を行っていました。

こうした貸金業者の強気の姿勢が、多重債務問題を悪化せる一因ともなりました。

<関連記事>:武富士はその後どうなった?栄光から転落・倒産・現在まで

こうした貸金業者の強気の姿勢が、多重債務問題を悪化せる一因ともなりました

グレーゾーン金利の横行

グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利のことです。

利息制限法では違法だけど、出資法では違法にならない状況が、法的にグレーゾーンの金利を生み出しました。


利息制限法に違反しても罰則がなかったため、ほとんどの貸金業者は、出資法での上限金利を適用した貸出を行っていました。

ところが2006年の裁判をきっかけに、グレーゾーン金利を取り巻く環境が激変することになります。

<関連記事>:グレーゾーン金利って何?

キッカケは、2006年1月の最高裁判決

その当時、高金利による貸出が原因の過剰債務問題や、グレーゾーン金利に対する借主側からの批判が高まっていたことを背景にあります。

2006年1月13日の最高裁判決で、「みなし弁済」が違法と判断されました

みなし弁済とは、貸金業法により定められた要件さえ満たせば、利息制限法の上限金利を超えたとしても有効な弁済とみなす、という規定です。


みなし弁済が違法とされたとことにより、グレーゾーン金利も違法と見なされたことになります。

こうした最高裁の判断や世論の声に後押しされる形で、政府は法改正へと動き出し、グレーゾーン金利の正式な撤廃へ動き始めました。

出資法の改正、利息制限法と上限金利が同じに

最高裁判所での判決は、画期的な判決となり、それまでも同じような裁判が行われてきた中で、初めて下された判決でした。

それに後押しされる形で、政府も法改正をせざるを得ない状況になり、出資法の上限金利の引き下げや、みなし弁済の撤廃となる貸金業法の改正が行われていきました。


この法改正により、利息制限法を超える金利については、出資法の上限以下の金利であっても行政処分の対象となりました。

これにより、グレーゾーン金利は正式に撤廃されることになりました。

<関連記事>:貸金業法とは?分かりやすく解説!



以上、利息制限法と上限金利、出資法との関係について見てきました。

普段、何げなくお金を借りるだけだと金利のことを深く考えることはないかもしれません。

ですが、こうした法律が背後に存在することを知ってもらえたら嬉しいです。


この記事のまとめ

  • 利息制限法とは消費者保護を目的とした、金利を規制する法律
  • 利息制限法の上限金利は年率15%~20%(元金に応じる)で、一方の出資法の上限は年率20%
  • 利息制限法の違反に対する罰則はないが、出資法の違反では刑事罰の対象になる
  • 出資法と利息制限法の金利差がグレーゾーン金利を生んだが、2006年の最高裁判決が契機となり撤廃された

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融