押し貸しとは?ヤミ金の手口をわかりやすく解説

口座に身に覚えのないお金が振り込まれていたら、それはヤミ金による押し貸しの可能性があります。

万が一ヤミ金から押し貸しをされても、正しく対処すればスムーズに解決できます。


今回はヤミ金の押し貸しの手口や、正しい対処法について紹介します。


押し貸しとは?どんな手口なの?

そもそもヤミ金の「押し貸し」とは、どのような手口なのでしょうか?

以下で具体的な手口について、詳しく解説します。

押し貸しはヤミ金の手口の一つ

押し貸しはヤミ金の手口の一つ


押し貸しとはヤミ金が銀行口座に勝手にお金を振り込み、後日法外な利息と合わせて返済を求める行為のことを指します。

相手が間違って振込をしていた場合、そのお金を返済すれば問題は解決しますが、ヤミ金による押し貸しは身に覚えのないお金を強引に貸し付けてきます。


ヤミ金は何度も押し貸しをして、利用者からお金を巻き上げます。

ただヤミ金が怖いからといって要求に従ってしまうと、相手の思うツボです。

<関連記事>:ヤミ金とは?その悪質な手口を紹介します!

ヤミ金から貸し付けられたお金を、返済する義務はありません

押し貸しの被害に遭う原因とは?

上でも説明したように、押し貸しはヤミ金が使う手口です。

そのため押し貸しに遭う主な原因は、「ヤミ金に個人情報を知られていること」だと言えます。


具体的に以下に当てはまる人は、押し貸しをされる可能性があります。

    ・以前ヤミ金を利用した
    ・ヤミ金を利用したことはないが、申し込みをした
    ・メルカリなどのネットオークションで、悪質な利用者とやり取りをしてしまった



ヤミ金からお金を借りた経験があり、利用当時の銀行口座をそのまま使っている人は、押し貸しされる確率が高いです。

またヤミ金は利用者の多いネットオークションに紛れ込んでいたり、詐欺サイトから情報を得ているため、ヤミ金と直接取引をしてことがなくても、個人情報が流出しているケースがあります。


一度、漏れてしまった個人情報はヤミ金の間で売買されるため、知らないヤミ金業者から押し貸しをされる可能性も高いです。

<関連記事>:個人間融資とは?そのリスクを分かりやすく解説

放置をすると、家族や職場に被害が及ぶことも

放置をすると家族や職場に被害が及ぶことも


押し貸しをされてしまった時、何もせずに放置するのは良くありません。

ヤミ金に家族や職場の連絡先が知られている場合、取り立ての電話を行う可能性があります。


本人と連絡が取れなければ、ヤミ金は家族や勤務先に取り立てをします。

職場に何度も電話をかけられ最悪の場合、退職に追い込まれる可能性もあるので注意が必要です。


ヤミ金からの取り立てを放置すると、正常な判断が不可能になるほど精神的に追い詰められる可能性もあるので、早い段階で対処しましょう。

ヤミ金は昼夜関係なく、何度も取り立ての電話をかけてきます



ヤミ金から押し貸しをされた!対処法は?

ヤミ金から押し貸しをされたら、一刻も早く対処する必要があります。

以下では押し貸しをされたときの、4つの正しい対処法を紹介します。

振り込まれたお金は使わないでおく

振り込まれたお金は使わないでおく


ヤミ金や押し貸しによって貸し付けされたお金は、「不法原因給付」にあたり、返済の義務は生じません。

不法原因給付とは言葉の通り、不法な原因に基づき貸し付けされたお金のことです。

民法第708条
不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない


ヤミ金は違法な業者であり不法に該当するため、押し貸しやヤミ金からの借金は、利息はもちろん元本も返済する必要はありません。

しかし事態の悪化を防ぐためにも、ヤミ金から振り込まれたお金は使わずに、そのままにしておきましょう。


なぜなら弁護士を通してヤミ金と交渉をする時に、押し貸しされたお金を返還する方が、穏便に解決する可能性があるためです。

返済義務はないお金でも、ヤミ金から貸付されたお金は使わないようにして下さい。

平成20年6月に最高裁は、ヤミ金が著しく高金利でお金を貸し付けた場合、利息や元本の返還を請求できないという趣旨の判決を下しました

言われた通りに利息を払うのはNG

ヤミ金の取り立てが怖いからと言って、要求通りに利息を払うのはNGです。

仮に利息を払ってしまうと、再び押し貸しをされ、繰り返し返済の請求をされます。


ヤミ金から早く解放されたいために一度でも支払ってしまうと、「カモ」として認定されてしまいます。

ヤミ金の言いなりになるのは、絶対に避けましょう。

<関連記事>:キャッシング利息の計算方法を解説します

ヤミ金に強い弁護士や司法書士に相談する

自分だけでヤミ金と交渉するのは、事態が悪化する可能性もあるので、弁護士や司法書士などの専門家に相談することをオススメします。

ただ弁護士や司法書士は、それぞれ得意分野が異なります。


専門外の弁護士や司法書士に相談すると、解決まで時間がかかるケースもあるので注意が必要です。

押し貸しに困ったときは、ヤミ金を得意としている弁護士や司法書士に相談しましょう。


弁護士や司法書士のホームページを見れば、過去の実績を確認することができます。

また押し貸しをされたときに警察に相談する選択肢もありますが、これはあまり効果的ではありません。


暴力被害に遭った場合、警察への相談は有効ですが、警察には民事不介入の原則があり、ヤミ金からお金を取り戻すのは難しいです。

<関連記事>:ヤミ金で困ったら、どこに相談すれば良い?

全国に設置されている法テラスでも、無料で法律相談をすることが可能です

流出した個人情報は、なるべく変更しておく

流出した個人情報はなるべく変更しておく


一度ヤミ金に漏れてしまった個人情報は、多数の業者に渡っている可能性があります。

流出した可能性のある個人情報をそのまま使っていると、別のヤミ金業者に押し貸しをされる可能性もあるので注意が必要です。


押し貸しの被害を防ぐために、個人情報をすぐに変更しましょう。

特に、銀行口座の解約と電話番号の変更は必須です。


個人情報を変更するのが面倒だからといって放置していると、自分の銀行口座が他の犯罪に使用されたり、警察からヤミ金の仲間だと疑われるケースもあります。

個人情報を変えることが、押し貸しやヤミ金の被害を予防する最善策なので、過去にヤミ金を利用した経験がある人はなるべく早めに変更手続きを行いましょう。



以上、押し貸しについて解説しました。

ヤミ金から借り入れをした経験がある人は、押し貸しの被害に遭う可能性があります。


被害を防ぐためにも、ヤミ金に知られてしまった個人情報は変更しましょう。

また万が一押し貸しをされた時は、早めに専門の弁護士や司法書士に相談すると良いです。

この記事のまとめ

  • 押し貸しとは、ヤミ金の手口の一つで、銀行口座に一方的にお金を振り込まれ、法外な利息を請求される被害のこと
  • 押し貸しの被害に遭う原因は、過去にヤミ金を利用したことや、ネットオークションで悪質な業者とやり取りしたことが考えられる
  • 押し貸しされたお金に返済義務は生じないが、手を付けないのがベター
  • 押し貸しに気づいたら放置せず、すぐに専門の弁護士や司法書士に相談する
  • ヤミ金と取引経験がある人は、個人情報を変更することで被害を防げる

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員で、このサイトの責任者です。難しい金融の情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!
好きな漫画:波よ聞いてくれ
証券外務員・特別会員一種
早稲田大学 政治経済学部 卒業
詳しいプロフィールはコチラ
ツイッターは、コチラ

続きを読む



検索
おすすめキャッシング
  • プロミス

    4.65
    プロミス
    金利
    4.5-17.8%
    借入限度額
    500万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    完全対応
  • SMBCモビット

    4.36
    SMBCモビット
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    ネット完結
    完全対応
  • アコム

    4.12
    アコム
    金利
    3.0-18.0%
    借入限度額
    800万円
    融資
    最短1時間
    ネット完結
    一部対応
より詳しいランキングはコチラ >
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。