借用書の書き方を元銀行員が解説!法的に有効な(無効にならない)ためには?

個人間でお金の貸し借りをする場合、必要になるのが「借用書」です。

「借用書」という言葉を聞いたことはあっても、その内容や作り方を詳しく知っている人は少ないと思います。


今回は借用書とは何か、また有効な借用書を作成するためのポイントについて、分かりやすく解説します。


「借用書」って何?

そもそも借用書とは、どのような書類なのでしょうか?

まず初めに、借用書を作成する意味やメリットについて、詳しく見ていきましょう。

借用書とは?その効果と必要性

借用書とはお金の貸し借りのための契約書

借用書とは貸主と借主の間で、お金の貸し借り(の契約)を証明するための書類(=契約書)です。

書類の内容としては、お金の貸し借りの事実と、借主から返済を行う際の条件が記載されます。


借用書を作成した場合、貸主は借主へお金を渡すと同時に、借主が署名を行った借用書を受け取ることになります。


なお借用書そのものには、法的拘束力はありません。

お金の貸し借りは、書類を作成していなくても、口約束だけでも成立してしまうのです。


とは言え、口頭でのやり取りだけでは、借主から「借りていない、譲渡だ」と主張されたり、貸主に当初の約束と異なる条件での返済を求められるなどの恐れがあります。

個人間でお金を貸し借りする際には、トラブルを未然に防ぐために、借用書の作成が不可欠です。

<関連記事>:【元銀行員が教える!】お金がない時の乗り切り方は?

「借用書」と「金銭消費貸借契約書」の違いは?

お金の貸し借りを証明するために作成する書類には、借用書の他に「金銭消費貸借契約書」があります。

金銭消費貸借契約書も、借用書と同じく、お金の貸し借りの証拠となる書類です。


ただし借用書と金銭消費貸借契約書とでは、作成方法に異なる点があります。


借用書は、借主側が1通のみを作成・署名し、貸主の手元に保管します。

それに対して金銭消費貸借契約書は、借主・貸主で2通作成し、双方が署名した上で、ぞれぞれ1通ずつ保管する事になります。


以下の表では、借用書と金銭消費貸借契約書の特徴を一覧にまとめました。

特徴 借用書 金銭消費貸借契約書
作成通数 1通 2通
署名 借主のみ 借主、貸主
保管先 貸主 借主、貸主

<関連記事>:金銭消費貸借契約書とは?元銀行員が分かりやすく解説

借用書と金銭消費貸借契約書では、どちらを作成しても効果は同じです。今回は、より簡単に作成できる「借用書」を中心に解説します。

借用書を作成するメリットは?

借用書の作成には、以下の2つのメリットがあります。


<メリット1:手軽に作成できる>
借用書なら、借主側が署名したものが1通あれば良いので、金銭消費貸借契約書よりも手間や時間をかけずに作成できます。

また詳しくは後で説明しますが、借用書の方が作成する枚数が少ない分、収入印紙代も安く済みます。


<メリット2:裁判で有力な証拠となる>
借用書なしでお金を貸した場合、借主側が「お金を借りた覚えはない」などと主張して、お金を返してもらえない危険性があります。

ですが借用書があれば、お金を貸したことを証明でき、裁判でも重要な証拠となります。


なお借用書が存在するだけでは、未返済分のお金を回収するために財産を差し押さえることはできません。

借主の財産を差し押さえるには、裁判上の手続きが必要になります。

借用書は、手軽に作成できる反面、1通しか保管されないので、紛失や改ざんのリスクがある点には注意が必要です。

金額が大きい場合や返済方法を分割にする場合などは、借主・貸主の双方が書面を保管する「金銭消費貸借契約書」を作成した方が良いでしょう。



借用書を作成したい!何を書けば良いの?

借用書を作成したい!何を書けば良いの?

ここまで、借用書を作成する意味とメリットを確認しました。

では実際に、借用書にはどのような内容を記載すれば良いのでしょうか?

借用書に必要な10項目

一般的に、借用書の作成に必要な項目は以下の10つです。

(1)借用書の作成日
(2)貸主の氏名
(3)タイトル「借用書」
(4)契約金額

(5)利息の取り決め
(6)返済期日
(7)返済方法
(8)「金銭を受領した」という事実の明記
(9)金銭を受領した日付

(10)借主の住所・氏名(署名)・押印


借用書のテンプレート

 こちらをクリックすると、借用書のテンプレートファイルがダウンロードできます

借用書作成にあたっては、トラブルを未然に防ぐため、借主・貸主の双方で話し合った上で文面を決めると良いでしょう。借用書の内容でも特に重要な3項目について、このあと詳しく解説します。

借用書に記載する利息には上限がある

お金の貸し借りでは、基本的に、レンタル料として利息が発生します。

契約金額に対する利息の割合(=金利)を定めているのが、「利息制限法」です。


個人間のお金の貸し借りについて、利息制限法が定める金利の上限は、以下の通りです。

借入額 上限額
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

利息制限法に定められた上限を超えて金利を設定した場合、上限を超えた分は無効となります。

また金利が高過ぎると、返済が滞ったり、トラブルに発展する危険があるので注意しましょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】利息制限法とは?その上限金利は?

返済方法は具体的に記載する

返済方法や返済期日を細かく決めないままお金のやり取りを行うと、後日トラブルに発展する危険性が高いです。

期日までに一括返済するのか、または分割返済にするのか、なるべく具体的に書きましょう。


特に分割返済の場合、毎月の返済日や返済金額まで明確にしておくことが重要です。


また銀行振込みで返済するか、貸主の住所まで持参するか、お金の受け渡し方法も明記しておくと良いでしょう。

受け渡し方法の記載がない場合は、基本的に借主が貸主の家に持参して返済する事になります。

<関連記事>:キャッシングの返済方法で注意すべき点は?

返済期日は「〇カ月後」「〇年後」と曖昧にするのではなく、「〇年〇月〇日」と日付をはっきり記載しましょう。

借主の署名押印で偽造を防ぐ

借用書は、手書きではなくパソコンで作成することが可能です。

とは言え、全てパソコンで作成してしまうと、貸主が自分の都合の良いように借用書を偽造しても、見破ることは難しくなります。


そのため借用書を作成する際は、偽造を防止するために、借主による自筆の署名と押印が必要です。



借用書が無効にならないための注意点は?

借用書が法的に無効にならないためには?

借用書を作成する際、方法を間違えると借用書そのものが無効となる恐れがあります。

最後に、有効な借用書を作成するため、注意すべき4つのポイントを見ていきましょう。

借用書の金額は大字で書く

間違えやすいポイントの一つが、数字の書き方です。

借用書の場合、改ざんを防ぐために、通常の漢数字やアラビア数字は使用しません。


たとえば「一万円」と書いてあったとすると、線を1本足すだけで「十万円」に書き換えることが出来てしまいます。

アラビア数字も「1」と「7」を読み間違えたり、数字を改ざんされる恐れがあるため、借用書には適していません。


そのため借用書に契約金額を記載する時には、「大字(だいじ)」を使います。

大字とは、「一」「二」「三」などの単純な字形の漢数字に代わって使う漢字のことです。


以下、借用書で使用する大字を表にまとめました。

漢数字 大字
陌、佰
阡、仟
十万 壱拾萬
百万 壱陌萬、壱佰萬

たとえば「125万円」の借用書の場合、契約金額は「壱佰弐拾伍万円」と記載します。

金額の頭や末尾に追記できないよう、「金〇〇円也」と書くことも忘れてはいけませんよ。

収入印紙の貼り忘れに注意

契約金額が1万円以上なら、借用書や金銭消費貸借契約書に収入印紙を貼る必要があります。

収入印紙を貼り忘れても、お金の貸し借りが無効になる訳ではありません。


しかし法定の金額の収入印紙を貼らないと、印紙税法違反として、罰則の対象になります。

罰則では、本来貼るべき収入印紙の3倍の金額を納付することが規定されています。


ちなみに、借用書に貼るべき収入印紙の金額は、下の表のとおりです。

契約金額 収入印紙の金額
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
10万円を超え50万円以下 400円
50万円を超え100万円以下 1千円
100万円を超え500万円以下 2千円
500万円を超え1千万円以下 1万円
1千万円を超え5千万円以下 2万円

<外部の関連サイト>:契約書や領収書と印紙税(平成30年5月)| 国税庁

なお金銭消費貸借契約書を作成する場合は、2通それぞれに既定の金額の収入印紙が必要です。収入印紙は、郵便局やコンビニなどで購入できます。

一方に著しく不利な取り決めはNG

借主または貸主のどちらかが一方的に不利になるような内容を書くと、その借用書は無効になります。

特にお金の貸し借りにおいては、貸主側が有利になりがちです。


「借用書に書ていない内容は、すべて貸主の言う通りとする」などといった、借主側に不利益となる記載がないよう、十分注意しましょう。

未成年者との契約は無効

未成年者などの「制限行為能力者」と交わした借用書も無効です。

「制限行為能力者」とは、判断力が十分でない、一人では完全な法律行為を行うことのできない人を指します。

<外部の関連サイト>:基礎知識「未成年者契約の取消し」 | 東京くらしWEB


具体的には、未成年者や成年被後見人、被保佐人、被補助人のことです。


制限行為能力者は、一方的に不利な内容の契約であっても、正しい判断ができない危険性があります。

そのため制限行為能力者とお金の貸し借りをする場合には、保護者や成年後見人、保佐人、補助人の同意が必要です。

<関連記事>:未成年(18歳・19歳)がお金を借りる方法は?

認知症や買い物依存症などによって、制限行為能力者となっている人も多いです。お金の貸し借りを行う前に、相手が制限行為能力者に該当しないか、あらかじめ確認しておくことをオススメします。

以上、借用書の効果や、有効な借用書を作成するためのポイントについて解説しました。

親しい友人や親戚が相手であっても、口約束だけでのお金の貸し借りはトラブルのもとになります。


上で見てきた通り、借用書は注意点さえ守れば、自分で簡単に作成することが可能です。

自分自身を守るため、お金の貸し借りを行う時には、借用書をきちんと用意しましょう。

この記事のまとめ

  • 借用書とは、貸主と借主の間にお金の貸し借りがあったことを証明するための書類
  • 借用書は1通だけ作成され、借主が署名・押印した上で、貸主の手元に保管される
  • 返済方法や返済期日を借用書に明記していないと、後でトラブルに発展する恐れがある
  • 借用書の改ざんを防ぐため、契約金額は大字で記載する
  • 収入印紙の貼り忘れると、契約は無効にはならないが、罰則の対象となるので要注意

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。キャッシング初心者のため、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)