【元銀行員が解説】無人契約機でお金を借りる!おすすめの消費者金融は?

消費者金融では無人契約機を使ってローンカードを発行し、キャッシングすることが可能です。

無人機以外にも、消費者金融で借入れの申込みをするには、ネットや郵送、電話、など様々な手段があります。


今回は、消費者金融で無人機を使うメリットや契約の流れ、おすすめの消費者金融を紹介します。


消費者金融で無人契約機を使うメリット・デメリット

消費者金融で借入れするには、無人機以外にも多くの選択肢があります。

では無人契約機を使うと、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット1:銀行口座を使わずに借入れも可能

無人契約機なら銀行口座を使わずに借入れも可能

無人機で契約をすると、銀行口座を使わない借入れも可能です。

銀行口座を介さないで借入れすることで、カードローンの利用が家族にバレづらいというメリットがあります。


もし契約時に銀行口座を登録してしまうと、借入れや返済の際に、取引内容や相手先が通帳に印字されます。

万が一通帳を見られた場合、カードローンの利用が家族に知られてしまいます。


契約時に銀行口座を登録しなかった場合は、無人契約機で発行されたローンカードで、借入れや返済をします(口座登録は後からでも、できます)。

このローンカードは、消費者金融や銀行・コンビニのATMで使用できます。


またローンカードを持ち歩きたくない人は、アプリを使ってATMで借入れできる方法も、一部の会社では提供されています。

ただこの場合も、事前に契約する必要があります。

<関連記事>:コンビニATMでも借り入れできるカードローンを教えて!

ちなみにほとんどの銀行カードローンは、銀行口座なしでカードローンを作ることはできません

メリット2:契約書類やカードがその場で受け取れる

無人契約機で手続きをすると、その場で契約書類やローンカードを受け取れるメリットがあります。

契約機で書類やカードを受け取ってしまえば、必要書類やカードは自宅に届きません。


そのため郵便物で、消費者金融の利用を家族に知られることはないでしょう。

家族の郵便物を勝手に開ける習慣がある家の場合、無人契約機で契約を済ませるのがおすすめです。

メリット3:遅い時間や土日も対応している

無人契約機は遅い時間や、土日祝日でも対応しています。

休日や仕事帰りに、無人機へ行くことができ便利です。


以下は、大手消費者金融の無人機の営業時間です。

消費者金融 営業時間
プロミス 9:00~22:00(土日祝可)※店舗によって異なる
SMBCモビット 9:00~21:00(土日祝可)※店舗によって異なる
アコム 8:00~22:00(土日祝可、年末年始は除く)※一部21時まで
アイフル 8:00~22:00(審査は21時まで受付)(土日祝可)
※店舗によって異なる
レイクALSA 8:00~24:00(平日・土曜)8:00~22:00(日曜・祝日)
8:00~19:00(毎月第3日曜日)
※店舗によって異なる、年末年始を除く

消費者金融で申込みをする場合、「無人契約機で手続き」「Web完結」「店舗に来店」「電話申し込み」「郵送」のいずれかを選ぶことになります。

無人契約機や電話、Web(スマホ)で申し込みをする場合は、比較的遅い時間や土日祝日でも即日融資に対応しています。


一方で店舗を選択した場合、営業時間は平日の10時~18時であることが多いです。

土日や平日の夜に申し込みをしたい人は、無人契約機やWeb、電話で手続きすることをおすすめします。

<関連記事>:消費者金融で即日融資でお金を借りるには?

無人機は21時~22時と遅くまで空いてますが、ローンカードの発行のみでも、余裕を持って閉店1時間前には行くと良いです

デメリット1:無人契約機まで行く必要がある

無人契約機でお金を借りるデメリット

無人契約機で手続きするデメリットは、わざわざ足を運ぶ必要がある点です。

無人機は人が集まる都心部や中心地には、比較的多く設置されています。


しかし地域によっては、あまり無人機が置かれていない場合もあります。

その場合は、遠くの無人機まで行く必要があります。


またわざわざ無人契約機まで来たのに混み合っていたら、無人機が空くまで待つことになります。

そのため予想していたより、契約までに時間がかかることもあります。

デメリット2:家族や知人に見られるリスクがある

消費者金融の利用を考えている人の中には、家族や知人に内緒で借金したい人もいるでしょう。

ただ無人機へ行って契約する際に、場所によっては、誰かに見られる可能性があります。


一部の消費者金融では大手銀行のローン契約機を使えたり、大手銀行内に消費者金融の無人機が設置されていたりします。

しかし一目で、消費者金融だと分かるような無人機もあります。


消費者金融の利用を知られたくない人にとって、無人契約機を使うのはリスクと言えます。

家の近くの無人機を使う場合、思わぬところで知り合いに見られている可能性もあります

デメリット3:無人機で申し込みすると借入が手間

無人契約機まで行き申し込みをしても、審査に通らなければキャッシングできません。

通常の申し込みと同じく借入れ審査が始まり、その間はどこかで待ってる必要があります。


もちろん絶対に審査に通過するとは限らず、わざわざ無人機まで足を運んだのに、お金を借りられないケースもあります。

このような事態を防ぐためにも、事前にネットで申込みをして、審査に通過してから、無人契約機で契約書類やローンカードの受け取りをすると良いです。

<関連記事>:来店不要のカードローン選びのポイント



無人契約機でお金を借りたい!契約の流れとは?

無人機でお金を借りるときのメリット・デメリットについて見てきました。

これを踏まえて、無人契約機を利用する時の流れについて解説します。

1.スマホで申し込みをする

無人契約機でお金を借りるならスマホで申し込み

申し込みは無人契約機ではなく、スマホで済ませることをおすすめします。

なぜなら夜遅い時間帯や土日は、無人契約機が混雑し、審査の時間が延びる可能性があるからです。


またスマホで申し込みをして、本人確認書類を提出してしまえば、無人機へ行く際には持っていく必要がありません。

ネットで申込みを済ませておくと、その後スムーズに契約できます。

スマホで申し込みをする場合、必要書類をスマホで撮影して送ります

2.審査通過後に契約機まで行く

ネットで申し込みを済ませ、審査に通過してから無人機に行きましょう。

審査に通ってから無人機に行くことで、わざわざ足を運んだのに借入れできなかったという事態を避けられます。


審査に通過したことを確認してから、無人機へ行き、手続きを進めるのがおすすめです。

3. 無人契約機で契約する

無人契約機で契約する

審査に通過後、契約手続きに入ります。

無人契約機とはいえ、テレビ窓口や電話で担当者とやり取りします。


相手の指示に従って、契約手続きを進めて下さい。

契約手続きには10-20分ほど掛かります。

無人契約機ではタッチパネルで操作し、分からないことがあれば、近くにある電話でオペレーターに聞くことができます

4.ローンカードと契約書類を受け取る

契約完了後は、ローンカードと契約書類を受け取ります。

発行されたローンカードで、すぐにキャッシングできます。


ただ無人契約機では、借入れできません。

契約機に併設された専用ATMや、近くのコンビニATMを使って、借入れや返済を行います。



無人契約機でお金を借りる!おすすめ消費者金融の選び方

ここまで無人契約機のメリット・デメリットや契約の流れについて見てきました。

以下では無人契約機でお金を借りるときの、消費者金融の選び方のポイントを見ていきます。

ローン契約機の台数の多さで選ぶ

無人契約機の選び方

無人契約機でお金を借りる場合、契約機の台数をチェックすると良いでしょう。

台数が多いほど、遠くへ行かずに済み、無人機へ行く時間と手間が省けます。


以下は、消費者金融の無人契約機の台数の表です。

消費者金融 対応する自動契約機の台数(推定) 自社専用の自動契約機の台数(推定)
プロミス 1800台超 1100台超
SMBCモビット 1100台超 400台超
アコム 1000台超 1000台超
アイフル 800台超 800台超
レイクALSA 700台超 700台超

(リンクをクリックすると、各社の無人契約機の場所を確認できます)


表から分かるように、対応する契約機の台数・自社専用の契約機の台数ともに、5社の中でプロミスが一番多いです。

対応する自動契約機の台数とは、銀行のローン契約機でも手続きできる場合、その台数も含んでいます。


たとえばプロミスは、三井住友銀行と提携しており、三井住友銀行のローン契約機で契約・ローンカードの発行が可能です。

そのため上の表のように、プロミス専用の無人契約機の台数は1100台超ですが、三井住友銀行のローン契約機も加わると、1800台超となります。


またSMBCモビットでも、三井住友銀行のローン契約機を使用できます。

三井住友銀行のローン契約機は約700台あるため、対応する自動契約機の台数では、SMBCモビットが5社の中で2番目に多いという結果になります。

無人契約機の設置場所は消費者金融の各ホームページで確認できます

銀行のローン契約機と提携している消費者金融を選ぶ

銀行のローン契約機と提携している消費者金融を選ぶと、周囲の人に消費者金融の利用を知られにくいというメリットがあります。

上でも説明したように、プロミスとSMBCモビットは三井住友銀行のローン契約機で契約の手続きができます。


三井住友銀行の契約機は、銀行の店舗内にあるため、契約機へ行くところを人に見られても、キャッシングしていることがバレづらいです。

またアコムでも無人契約機が、三菱UFJ銀行の一部の店舗に設置されています。


ただアコムでは、三菱UFJ銀行の契約機では手続きできません。

消費者金融のローン契約機に入るところを見られたくない人は、銀行と提携している会社を選ぶと良いです。

おすすめの消費者金融 プロミス

イチオシはプロミス

金利(年率) 借り入れ限度額 ネット完結取引
4.5%~17.8% 500万円 完全対応

おすすめの消費者金融の一つ目は、プロミスです。プロミスのおすすめポイントは、以下の通りです。

・無人契約機の数、業界トップ
・「Web完結」を選べば、郵便物の受け取りなし
・初回の契約に限り、30日間の無利息サービスあり



プロミスは三井住友銀行のローン契約機も使用でき、対応する無人契約機の台数が業界トップのため、自宅や勤務地の周辺にも契約機があるかもしれません。

また初回の契約のみですが、30日間の無利息サービスがあります(メールアドレスを登録する必要があります)。


即日融資を希望する方は、20時過ぎまでに申し込みを終え、22時までには無人契約機で契約しましょう。


<もっと詳しく>
プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します

おすすめの消費者金融 SMBCモビット

2番手はSMBCモビット

金利(年率) 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 完全対応

次におすすめの消費者金融は、SMBCモビットです。おすすめのポイントは、以下の通りです。

・無人契約機の台数が業界No.2
・「Web完結申込」なら勤務先への電話連絡がなく、郵便物の受け取りもない



SMBCモビットもプロミスと同じく、三井住友銀行のローン契約機でもローンカードの受け取りができ、便利です。

またWeb完結申込を選べば、勤務先への在籍確認をなしにできます。


ただWeb完結申込を利用するには、以下の条件を全てクリアする必要があります。

・振替口座に三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを指定すること
・社会保険証または組合保険証を持っていること



これらの条件を満たしている人は、SMBCモビットを検討してみましょう。

また即日融資を希望する方は、18時過ぎまでには申し込みを終え、21時までには無人契約機で契約しましょう。


<もっと詳しく>
SMBCモビットの金利・即日融資の条件は?



これ以外のおすすめ消費者金融については、以下を参考にして下さい。

 【元銀行員が解説】消費者金融のおすすめランキング!



以上、無人契約機でお金を借りる手順や、おすすめの消費者金融について見てきました。

無人機でお金を借りる場合は、銀行口座なしで契約でき、契約書類やローンカードをその場で受け取れるというメリットがあります。


また無人機の台数が多いほど、キャッシングをする際には便利です。

無人機で借入れの手続きをする際には、事前にネットで申し込みをしておくことが大切です。

この記事のまとめ

  • 無人契約機でお金を借りるメリットは、銀行口座なしで契約でき、契約書類やローンカードが自宅に送られて来ない
  • 無人契約機でキャッシングするためには、無人機まで足を運ぶ必要がある上に、家族や知人に見られるリスクがある
  • 無人契約機でお金を借りるなら、審査通過まではネット(スマホ)で済ませると良い
  • 審査通過後、無人契約機へ来たら契約手続きを完了させ、ローンカードを受け取れば、すぐに借入れができる
  • 無人契約機を使う場合の消費者金融の選び方は、無人機の台数と銀行と提携しているかをチェックする

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ

人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)