アドオン方式とは?元銀行員が分かりやすく解説

「アドオン方式」とか「アドオン金利」といった言葉を、聞いたことはあるでしょうか?

最近あまり使われなくなったので、馴染みのない方もいるかもしれません。


とはいえアドオン金利(方式)は今でも、クレジットカードの分割払いなどで使われております。

今回はアドオン方式(アドオン金利)について解説します。


アドオン方式とは?キホンから解説!

まずは、「アドオン方式とは?」から説明します。

言葉にすると少し分かりづらいですが、計算式そのものは簡単です。

アドオン方式とは、利息(金利)の表示方式

アドオン方式とは、利息(金利)の表示方式の一つです。

アドオン方式では、借入金額にアドオン金利を掛けることで利息の総額を出し、これに借入金額を足した金額(=返済総額)を、決められた回数で均等に分割返済していきます。


アドオン方式での利息計算

後で詳しく説明しますが、計算が分かりやすいのが特徴です。

以前は消費者金融の金利表示で使われることもありましたが、現在ではクレジットカードの分割払いで使われる程度です。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】消費者金融の金利・利息はどのくらい?

利息の表示方式は2タイプある

アドオン方式と実質年率方式の違い

利息の表示方式は、大きく言って二タイプあります

<アドオン方式>
借入額に対して、最初に返済利息の総額が決まります。

上でも説明した通り、計算式が分かりやすいのが特徴です。


<実質年率(金利)方式>
借入れ残高に応じて、返済利息が決まります。

アドオン方式に較べて、計算式が分かりづらいです。

ただし、現在の利息(金利)の表示方式としては、こちらが主流です。


言葉にすると上記の通りですが、少し難しいですよね。

アドオン方式と実質金利の違いは、以下で述べる返済シュミレーションで較べると、よく分かります。

<関連記事>:実質年率とは?元銀行員が解説!金利と何が違うの?

後で詳しく説明しますが、現在は実質金利(年率)での表示が法律で義務づけられています



アドオン方式で返済利息を計算してみよう

アドオン方式について、より深く理解するためには、返済シュミレーションを見るのが一番です。

実質金利の返済シュミレーションと見較べながら、アドオン方式について解説します。

アドオン方式による返済シュミレーション

ここでは実際にアドオン方式(金利)で借りた場合の、返済シュミレーションを見ていきます。

<条件>
・借り入れ(元本):12万円
・アドオン金利:10%
・返済回数:12回払い

返済回数 毎月返済額 うち元本返済 うち返済利息
1 11,000 10,000 1,000
2 11,000 10,000 1,000
3 11,000 10,000 1,000
4 11,000 10,000 1,000
5 11,000 10,000 1,000
6 11,000 10,000 1,000
7 11,000 10,000 1,000
8 11,000 10,000 1,000
9 11,000 10,000 1,000
10 11,000 10,000 1,000
11 11,000 10,000 1,000
12 11,000 10,000 1,000
累計 132,000 120,000 12,000


表を見ると分かる通り、毎月の返済額、元本返済、返済利息がどれも同じで分かりやすいですね。

この分かりやすさが、アドオン金利(方式)の特徴です。

<関連記事>:キャッシングの返済方法で注意すべき点は?

上の返済シュミレーションを、下の返済シュミレーションと見較べてみましょう

実質金利(年率)による返済シュミレーション

次に実質金利(年率)による、返済シュミレーションを見ていきます。

<条件>
・借り入れ(元本):12万円
・実質金利:10%
・返済回数:12回払い

返済回数 毎月返済額 うち元金返済 うち利息返済
1 10,549 9,549 1,000
2 10,549 9,629 920
3 10,549 9,709 840
4 10,549 9,790 759
5 10,549 9,872 677
6 10,549 9,954 595
7 10,549 10,037 512
8 10,549 10,121 428
9 10,549 10,205 344
10 10,549 10,290 259
11 10,549 10,376 173
12 10,555 10,468 87
累計 126,594 120,000 6,594


毎月の返済額そのものは変わりませんが、利息返済が回数を追うごとに減っているのが分かります。

一方で元本返済の額は増えていますね。


このように、実質金利にすると計算が少し、ややこしくなります。

<関連記事>:消費者金融で10万円・30万円・50万円の利息は?

アドオン方式の方が、金利負担が重くなる

上では、借入額・金利・返済回数を同じにして、アドオン方式と実質金利を比較しました。

では利用者にとって、アドオン方式と実質金利のどちらがお得でしょうか?


もう一度、先ほどの表を比較して下さい。

累計で比較すると、アドオン方式は実質金利の倍近くの返済利息を支払っています。

アドオン方式と実質年率方式の利息を比較

つまり同じ条件なら、実質金利の方がずっと有利です。でも、なぜしょうか?

実質金利(年率)の返済シュミレーション表を、もう一度ご覧下さい。


実質年率方式では、返済が進むごとに返済利息が減っています。

これは返済が進むごとに借り入れ残高が減り、それに合わせて利息(=残高×金利)が減っているためです。


一方のアドオン方式では返済利息が一定のため、実質年率に較べて返済負担が重くなります。

ちなみにアドオン金利10%は、12回の返済と仮定すると、実質金利(年率)で18%の金利と同じ程度の返済負担になります。

同じ金利なら、アドオン方式の方が倍近くの返済負担になります

現在は、実質金利の表示が法律で義務化

以上、アドオン方式と実質金利の比較を見てきました。

アドオン金利は、返済の計算こそ分かりやすいですが、実質金利に較べて返済負担が重くなります。


繰り返しになりますが、アドオン方式は借り手からすると、かなり不利な利息の表示方式です。

こうしたこともあり現在では、アドオン方式を適用するかに関係なく、実質金利の表示が法律で義務化されています。

<関連記事>:グレーゾーン金利って何?


以上、アドオン方式(アドオン金利)について見てきました。

現在では利用されることが少なくなったアドオン方式ですが、見た目の分かりやすさとは別に、利用者への負担が重くなります。


アドオン方式が自分の知らない所で適用されているケースはまずありませんが、こうした利息の表示方式があることだけは、頭の片隅に入れておいて下さい。

この記事のまとめ

  • アドオン方式とは、借入時に返済利息の総額を計算して、分割返済する方式
  • アドオン方式と比較される利息の表示方式として、実質金利(年率)方式がある
  • 同じ条件なら、実質金利方式に較べて、アドオン方式の方が返済負担が重い
  • アドオン方式が使われいるのは、クレジットカードの分割払い程度。主流は実質金利方式。

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)