消費者金融が銀行カードローンの保証会社になることがある

銀行カードローンを申し込む時、契約の条件として「当社指定の保証会社(消費者金融会社名)の保証を受けられる方」といった文言が盛り込まれています。

これは消費者金融が、銀行カードローンの保証会社になることがあるためです。


ではなぜ、消費者金融が保証会社として銀行に関わっているのでしょうか?


保証会社としての消費者金融の役割とは?

まずは消費者金融が果たす保証会社としての役割について、見ていきましょう。

「保証会社」って何?

保証会社とは、貸主(=銀行や貸金業者など)が貸したお金が返ってこない場合や延滞している場合に、債務者(=借り主)に代わって支払う会社のことを指します。

保証会社は世の中の借入れ取引(=融資取引)で広く使われており、銀行カードローン取引でも利用されています。


利用者からすれば、銀行カードローンを担保や保証人なしで利用でき、とても便利ですよね。

一方で銀行にとっても、保証会社を利用することにメリットがあります。


万が一債務者からの返済が滞った場合、担保や保証がなければ貸したお金を回収できず、損失を被ることになります。

銀行は、このような貸し倒れのリスクを避けるために、カードローン取引で保証会社を利用しているのです。


そして上でも書いた通り、消費者金融が銀行カードローン取引で、保証会社としての役割を担っています。

このように保証会社は銀行カードローンの保証を行っていますが、ここから2つの役割が発生することになります。


以下で詳しく見ていきます。

<関連サイト>:お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

複数の保証会社と提携している銀行もあります

保証会社の役割1:審査

保証会社のひとつ目の役割は、銀行カードローンの審査を行うことです。

保証会社は返済不能となった債務者に代わり、債務(=借金)を立て替えるため、大きなリスクを負います。


そのため、誰にでも保証を行うのではなく、会社独自に審査を行い、通過した人にのみ保証を行います。

つまり銀行カードローンを申し込むと、銀行の審査に加え、保証会社の審査も受けることになります。

保証会社の役割2:代位弁済

保証会社のもうひとつの役割は、(先ほども書いた通り) 利用者が返済不能になった時に、代わりに銀行に返済することです。

これを「代位弁済」と呼びます。


ただ注意してもらいのは、保証会社が代わりに借金を返済してくれたからといって、カードローン利用者の借金がチャラになる訳ではありません。

借金を返済する先が、銀行から保証会社に変わるだけです。

これについては、後ほど詳しく解説します。

<関連記事>:代位弁済とは?



保証会社としての消費者金融の役割とは?

消費者金融が銀行カードローンの保証事業を行うのは、消費者金融と銀行の双方にとってメリットがあるためです。

では、それぞれにどんなメリットがあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

消費者金融と銀行の協力関係

たとえば、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)はSMBCグループというように、保証会社である消費者金融と銀行がグループ会社という関係は、よく見られますよね。

このように、消費者金融が銀行のグループ会社になったのは、以下のような背景が関係しています。


2010年に貸金業法が改定され、総量規制(貸付額の上限を、利用者の年収の3分の1以下とするもの)が実施されるようになりました。

これにより消費者金融は、貸付額・収益が大幅に減り、経営困難に陥りました。


一方の銀行は1980年代から、カードローン事業に着手しました。

銀行はそれまで法人に対する事業性融資に注力しており、カードローンのような個人向けの融資は行っておらず、そのノウハウもありませんでした。


個人融資業務で消費者金融のような収益を上げることができず、個人融資のノウハウ獲得が銀行にとっても急務でした。

そこで、経営が困難な消費者金融を自社グループに入れて救済する代わりに、個人向け融資のノウハウを消費者金融から得ようとする動きが、メガバンクを中心に盛んになったのです。


消費者金融が銀行カードローンの保証事業を行っているのには、このように双方の利害関係が一致し、協力関係を築いてきたという経緯があるからなのですね。

<関連記事>:【5分で分かる】消費者金融・サラ金の歴史について

銀行と消費者金融は、お互いに助け合ってきたのですね

銀行にとってのメリット

カードローンの保証事業を消費者金融に担ってもらうことで、銀行は貸し倒れのリスクを回避することができます。

カードローン事業は収益率が高いものの、貸し出したお金をしっかりと回収できなければ、利益を上げるどころか損失を被ることになります。


しかし保証会社である消費者金融が付いていれば、貸し倒れのリスクを抑えつつ、収益を得ることができるのです。

その上、消費者金融に保証を委託することで、もともと得意ではないカードローン事業の運営を効率良く行うことができる点も、銀行にとってのメリットが大きいです。


実際、銀行カードローンは銀行にとっても大きな収益源となり、チカラを入れすぎたために2017年頃から過剰融資が社会問題になりました。

消費者金融にとってのメリット

消費者金融は銀行カードローンの保証事業を行うことで、銀行から保証料を受け取っています。

自社のカードローンで得られる利益からすると保証料は高くないものの、これを重要な財源としている消費者金融は多く存在します。


銀行が貸し出しを行う顧客は、消費者金融の顧客と比べると、信用力の高い、いわゆる優良顧客であることが多いです。

そのため返済不能に陥るリスクも比較的低く、代位弁済後の回収もスムーズなケースがほとんどです。


つまり消費者金融からすれば、低リスクの案件でしっかりと保証料が手に入るコスパの良い事業なのです。

銀行カードローンごとの、保証会社(消費者金融)の一覧

下表は、消費者金融と提携する銀行のうち、全国対応のカードローンを扱っている銀行をまとめたものです。

なお、どの銀行でもHPでカードローンの「商品説明書」や「商品概要書」を公開しています。


商品概要書の「保証人」や「利用条件」という欄を見れば、保証会社の記載があるので、知りたい場合にはチェックしてみてくださいね。

提携銀行 保証会社名
三菱UFJ銀行 アコム
ソニー銀行
じぶん銀行
セブン銀行
北海道銀行
常陽銀行
北海道銀行
広島銀行
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス

(プロミス)
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
愛媛銀行
福井銀行
大垣共立銀行
トマト銀行
みなと銀行
北日本銀行
新生銀行 新生フィナンシャル
東京スター銀行
静岡銀行
荘内銀行
消費者金融でない保証会社と提携している銀行もあります


保証会社による代位弁済、知っておきたい点は?

代位弁済後も、自分の借金は残ったまま

先ほども書いた通り、カードローン利用者が自分で返済ができず、保証会社が代位弁済したとしても、利用者の借金は無くなりません。

代位弁済が生じると、保証会社から「あなたの代わりに全額を銀行に返済したので、当社に一括で返済してください。」という内容の手紙が届きます。


これを無視し続けても、借金を踏み倒すことはできません。

ほっておくと保証会社は強制執行によって、カードローン利用者の給料の差し押さえを行います。


ですので保証会社から連絡が来たら返済計画を相談するか、債務整理を検討した方がよいでしょう。

自分の信用情報に、金融事故として登録される

代位弁済が生じると、信用情報機関に事故情報として登録されます。

これは、いわゆる「ブラックリスト」に入ることを意味します。


事故情報が登録されると、以後5年間はクレジットカードの作成や更新ができなくなったり、新たな借り入れが行えないなど、私生活に悪影響が生じます。

このような事態にならないように、カードローンの利用は計画的に行うことが重要です。

3ヶ月以上の返済遅れで事故登録となる「長期延滞」にも注意しましょう


以上、消費者金融が保証会社として銀行に関わっていることについて見てきました。

どの会社が保証会社になっていても、最終的には自分が借りたお金は自分で返すことになります。


借金を踏み倒すことはできませんので注意しましょう。


この記事のまとめ

  • 消費者金融は銀行カードローンの保証事業を担うこともある
  • 保証会社の役割は「審査」と「代位弁済」
  • 銀行と消費者金融は、お互いに協力関係にある
  • 保証会社による代位弁済後も、借金から免れることはできない
  • 代位弁済が生じると、自分の信用情報に傷が付くため要注意

 消費者金融のオススメ人気ランキング


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ




人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融