ノンバンクとは?銀行と何が違うの?

キャッシングやカードローンについて調べていると、ノンバンクという言葉を目にしますが、具体的にはどのような意味なのでしょうか?

「バンク」という言葉がある以上、金融に関連した用語であることは連想がつきます。

ですが、キチンと理解できている人は少ないのではないでしょうか?

今回は、ノンバンクがどんな存在で、銀行とはどう違うのか解説します。



ノンバンクって何?

ノンバンクとは

ここでは、ノンバンクの基礎知識について紹介します。

ノンバンクとは?

ノンバンクとは、銀行のような預金(=お金を借りる)業務を行わずに、与信業務(=お金を貸す・立て替え・保証)だけを行う企業を指します。

言葉の通り、ノンバンク=「銀行ではない」組織のことで、たとえば銀行・信用金庫・信用組合・JAなどはノンバンクに含まれません

貸付を行うためのお金は、主に銀行などから借り入れしています。

銀行から低金利でお金を借り、その金利よりも高い金利で貸し出すことによる差額で、利益を得ていることがノンバンクの特徴です。

ノンバンクの種類

ノンバンクは以下の6種類に分類することができます。


1.消費者金融会社(個人向けに無担保で比較的少額の融資を行う)

2.クレジットカード会社(クレジットカードを発行し融資を行う)

3.信販会社(割賦販売など販売信用による融資を行う)

4.リース会社(車や機械設備などのリースで融資を行う)

5.不動産金融専門会社(住宅金融専門会社とも言われ、不動産専門で融資を行う)

6.事業者専門金融会社(個人事業主や中小企業などの事業者向けに融資を行う)



この中でも、消費者金融・クレジットカード会社・信販会社の3つは「三大ノンバンク」と言われています。

ただ近年では、三大ノンバンクの合併も増えつつあり、大きな業態の違いは少なくなってきているとも言えます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】信販会社とは?

ノンバンク市場は縮小の一途

<消費者向貸付残高と登録貸金業者数の推移>
ノンバンク,縮小

<外部の関連サイト>:貸金業者の経営実態等に関する調査結果報告(金融庁)

三大ノンバンクの合併が進んだ背景には、貸金業法の改正による影響が大きく、ノンバンク市場全体を見ても縮小の一途をたどっています。

上の表にもある通り、事業者の数はここ10年で1/10近く、消費者向け貸し付けも1/3まで減少しています


平成18年の貸金業法の改正のなかで、出資法の上限金利引き下げ、いわゆるグレーゾーン金利の撤廃により、過払い金の返還請求が相次いで行われました。

その結果、経営難に陥った事業者は廃業や合併を行い、ノンバンク市場の縮小や業界再編の動きが大きくなりました。





ノンバンクと銀行、その違いは?

ノンバンク,違い

ノンバンクと銀行、どちらもお金を借りられるという点では同じです。

しかし実は、ノンバンクと銀行には大きな違いがあります。

ここでは、ノンバンクと銀行の主な違いを5つご紹介します。

適用される法律が違う(ノンバンクは貸金業法)

ノンバンクと銀行では、適用される法律が違います。

ノンバンクは貸金業法、銀行は銀行法が適用されます


ノンバンクは貸金業法の適用を受けることから、総量規制の対象になります。

総量規制の対象になるため、借り手は以下の制約を受けることになります。

・借り入れの総額は年収の1/3まで
・1社から50万円、または複数社から100万を超える借り入れで、収入証明書の提出義務が発生



こうした規制があるのはノンバンクだけで、銀行の借り入れでは、こうした規制はありません。

<関連記事>:【元銀行員が解説】総量規制とは?その例外とは?

専業主婦はノンバンクから借入できない

ノンバンクは総量規制の対象であることから、専業主婦のように本人に収入がない場合は借入ができません。

先ほど説明したように、総量規制は貸付額を年収の1/3までと定めているため、実質的な収入がゼロの専業主婦はノンバンクから借入ができないということです。


一方で、一部の銀行カードローンは専業主婦でも借入が可能です。

銀行カードローンは銀行法が適用されており、ノンバンクのように貸金業法は該当せず、総量規制の影響を受けません。

ただし、配偶者に安定した年収が必要など、審査条件が厳しい場合が多いです。

審査・融資スピードはノンバンクが早い

会社や融資商品によりますが、審査・融資のスピードはノンバンクの方が早い場合が多いです。

最も早いのは消費者金融で、審査結果が出るまで最短30分という会社もあり、早ければ即日で借入れが可能です。

クレジットカードは、審査・カード発行・郵送といった流れになりますので、利用できるまで1週間程度かかります。


また信販会社を利用し、店頭での割賦販売は即日で利用することも可能です。

銀行カードローンは審査から借入まで比較的早いですが、最短でも翌日、平均すると2営業日から3営業日かかることが多いです。

また銀行のフリーローンは、1週間から2週間程度かかりますので、時間に余裕を持った申込みが必要となります。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】フリーローンとは?

ノンバンクは銀行より金利が高い

ノンバンクは、上限金利に近い17%~18%で融資を行っている会社が多いです。

一方で銀行は融資商品によって、上限金利が違ってきます。

以下は、みずほ銀行の融資商品の上限金利です(2018年7月現在)。

みずほ銀行、各種ローンの固定金利(18年7月)

  • カードローン:14%
  • 多目的ローン(いわゆるフリーローン):6.7%
  • 教育ローン:4.3%
  • ネット住宅ローン:1.245%

<出典>:ローン | みずほ銀行


なぜ、これほど金利に差が出るのでしょうか?

一つは、借入金額の違いです。

ノンバンクの借り入れは銀行よりも少額なケースが多く、その分だけ金利も高くなります。


その他、審査が比較的甘いこと、資金使途(借りたお金の使い道)が原則自由なことも、ノンバンクの金利が高い原因とされています。

審査に通りやすいのは銀行よりノンバンク

先ほど説明した通り、ノンバンクの方が審査は緩く通りやすいです。

加えて銀行は最近、さらに審査が厳しくなる傾向にあります


2016年の銀行カードローン過剰融資問題を受け、2017年より銀行カードローンの審査が厳格化されました。

また2018年1月から、警察庁が保有するデータベースの情報を照会する形で、申込人が反社会的勢力の人物かチェックできるシステムを導入しています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】銀行カードローンで即日融資ができない理由は?



ノンバンクと銀行、キャッシングするならどっち?

ノンバンク,キャッシング,選び方

ここまで、ノンバンクの特徴や銀行との違いを解説してきました。

では、ノンバンクと銀行、どちらからお金を借りるべきでしょうか?

それは、何を重視するかによって違ってきます。

即日・スピード重視ならノンバンク

今すぐにお金が必要、今日中にお金を借りたい、といった借入までのスピード重視で即日融資を希望される個人の方は、消費者金融がおすすめです。

消費者金融は最短30分で審査が完了、借入まで1時間ほども可能です。


また個人事業主や中小企業の方は、銀行ほど手続きが煩雑ではなく、審査スピードも早いノンバンク系のビジネスローンの検討をするべきでしょう。

銀行カードローンも審査スピードは早いですが、最短でも2日かかります。

<関連記事>:【元銀行員が教える】即日融資ランキング!

金利重視なら銀行

金利を重視するなら、ノンバンクより低金利である銀行を利用することをおススメします。

また銀行の中でも、スピードも重視するなら銀行カードローンがよいでしょう。

即日融資は不可ですが、最短で翌日の借入ができます。

さらに金利を下げたいのであればフリーローン、さらに金利を下げたいなら目的別ローンがよいでしょう。

<外部の関連サイト>:元銀行員がおすすめの銀行カードローンを紹介します!

専業主婦なら銀行カードローン

先ほど説明した通り、収入がない専業主婦は、ノンバンクから借入ができません。

一方、銀行なら申し込みは可能です。

一部の銀行カードローンであれば、専業主婦でも30万程度なら借入が可能ですが、配偶者に相応の安定した収入があることが条件です。

<関連記事>:【元銀行員が解説】主婦のキャッシング!お金を借りる時の注意点

審査に自信がない人はノンバンク

収入が少ない、他社からの借入があるなど、審査に自信がない人はノンバンクでのキャッシングやカードローンがおすすめです。

ノンバンクは銀行より審査が通りやすい傾向がありますので、自分の属性に自信がない場合は利用を検討してみましょう。

ただし銀行より金利が高くなりますので、計画的に利用することが大切です。



以上、ノンバンクとは何か、銀行との違いは何か、について見てきました。

上で見た通り、ノンバンクと銀行のそれぞれで得意なことが違います。


その場面ごとに、自分に有利な方を使うとよいでしょう。

ただし借り過ぎには気を付けて、計画的に利用しましょう。

この記事のまとめ

  • ノンバンクとは、銀行以外の預金業務を行わない融資専門の会社
  • ノンバンクは消費者金融やクレジットカード会社など6種類ある
  • 銀行は銀行法だが、ノンバンクは貸金業法の適用を受けるため、総量規制の対象になる
  • スピード重視の人、審査に不安がある人はノンバンク。金利重視の人は銀行を選ぶこと

 【元銀行員が教える】消費者金融ランキング!


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

ランキング
その他の消費者金融