【元銀行員が解説】カードローンとクレジットカードとの違いは?

手軽に借り入れできる方法として一般的なのが、カードローンとクレジットカードです。

これらは、「カードを使ってお金を借りる」という点で共通しています。


ですがカードローンとクレジットカードは全くの別物で、得意なことも違います。

今回は、カードローンとクレジットカードの違いについて、解説します。


カードローンとクレジットカードは目的が違う

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードでは、「何を目的としているか」が大きく異なります。

カードローンとクレジットカードはそれぞれ、何を目的としているのでしょうか?

利用者はどんな目的でお金を借りる?

一般的に、利用者がキャッシングを行うのは、どんな場面でしょうか?

下図はキャッシング経験者(カードローン、クレジットカード含む)の、借入金の使い道について表したものです。

借入金の使い道
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告より作成


図から分かる通り、日常の生活費の補てんが33.4%を占めています。

つまり少額を、一時的に借りるケースが多いことが分かります。


お金を借りる方法は色々ありますが、比較的小さな額を気軽に借りる場合に便利なのが、カードローンとクレジットカードです。

ここからは、カードローンとクレジットカードのそれぞれの特徴を見ていきましょう。

<関連記事>:コンビニATMでも借り入れできるカードローンを教えて!

ちなみに借入目的の第二位は、レジャーや趣味目的の借入です

カードローンは「借り入れ」

カードローンは、借入を目的として利用される金融商品です。

審査に通れば、銀行や消費者金融から担保なしで、融資を受けられます。


カードローンには、一般的なローンとは異なる特徴があります。

たとえば住宅ローンの場合、1回の契約で決まった金額を一度だけ借りられます。


追加のお金が必要になったときは、もう一度審査を受ける必要があります。

それに対してカードローンは、借入枠を設定する契約なので、限度額の枠内なら何度でも借入が可能です。

カードローン,借入枠の考え方

カードローンは、貸主の業種によって2種類に分けられます。

消費者金融が貸主である「消費者金融カードローン」と、銀行が貸主の「銀行カードローン」です。


消費者金融は審査スピードがとても早く、即日の借り入れも可能です。

一方の銀行カードローンは、即日融資はできないものの、消費者金融より金利が低めです。

<関連記事>:銀行カードローンとは?メリットとデメリット・リスクを解説

クレジットカードは「後払い」

クレジットカードを利用する人は、「後払い」を目的としています。

クレジットカードのメイン機能は、ショッピング代金の立て替えです。


利用者が買い物をする際、商品代金をクレジットカード会社に立て替えてもらう仕組みになっています。

そしてクレジットカードのもう一つの機能が、キャッシングです。


クレジットカードもカードローンも、無担保(・保証人なし)で借入れできる点では同じです。

ただしカードローンとは、借入限度額(=借入枠)の扱いが異なります。

クレジットカードの場合、限度額の全額をショッピング枠として利用可能です。<


そのショッピング枠に含まれる形で、キャッシング枠が設定されます。

ただ限度額は少額で、10~50万円が相場です。

クレジットカードは後払い

したがってショッピングで限度額ギリギリまで利用すると、その分キャッシングで使える金額は小さくなります。

クレジットカードのキャッシング機能は、おまけのようなものです。

<関連記事>:カードローンの上限の借入限度額は?

枠内であれば何度でも利用できる点は、カードローンと共通です。

しかしショッピング利用の状況によって、キャッシングで使える枠が変動する点に注意しましょう。



カードローンとクレジットカード、申込条件や法律の違いは?

カードローンの申込条件は?

カードローンとクレジットカードの申込条件

カードローンを申し込むには、以下の条件を満たす必要があります。

・20歳以上であること
・安定した収入があること



カードローンの利用には、年齢と収入の条件をクリアすることが必須です。

正社員の方が審査に有利ですが、パートや派遣社員、学生でも週3日以上の仕事をしていれば、審査に通過する(借り入れできる)可能性はあります。


ただ専業主婦の場合、消費者金融のカードローンを契約することは難しいです。

しかし一部の銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があることを条件に、専業主婦でも借り入れできるケースもあります。

<関連記事>:カードローンとは?元銀行員がわかりやすく解説!

クレジットカードの申込条件は?

クレジットカード申し込むには、以下の条件を満たす必要があります。

・18歳以上であること(高校生は不可)
・安定した収入があること



クレジットカードはカードローンとは違い、18歳から作ることができます。


ただし18歳であったとしても、カード会社の規約により高校生はクレジットカードを申し込めません。

またキャッシング枠をつけられるのは、20歳以上で安定した収入を求められる場合がほとんどです。


クレジットカードでは、ショッピング枠とキャッシング枠の審査基準が異なります。

一般的にキャッシング枠の審査の方が、厳しい傾向にあります。

<関連記事>:未成年(18歳・19歳)でもお金を借りれるカードローンは?

クレジットカードのキャッシング枠を利用する際は、あらかじめ信用情報に問題はないか確認しておくと良いでしょう

適用される法律が異なる

適用される法律が異なる

カードローンとクレジットカードでは、適用される法律も異なります。

適用される法律はそれぞれ、以下のようになっています。


<貸金業法>
クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融

<割賦販売法>
クレジットカードのショッピング枠

<銀行法>
銀行カードローン


同じカードローンでも、消費者金融は貸金業法、銀行カードローンは銀行法が適用される法律となります。

分かりづらいのがクレジットカードで、キャッシング枠は貸金業法ですが、ショッピング枠は割賦販売法が適用されます。

<関連記事>:貸金業法とは?分かりやすく解説!

適用される法律が違うと、審査に違いも出る

貸金業法の大きな特徴は、「総量規制」です。

総量規制とは、借入を年収の3分の1までに制限し、一定以上の借入れで収入証明書の提出義務を要求するルールです。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠では、この規制に沿って限度額が設定されます。


一方クレジットカードのショッピング枠には、割賦販売法が適用されます。

割賦販売法でも、カードの使い過ぎを防止するため、年収や利用状況に応じた、限度額を設定することを義務付けられています。

利用可能枠の平均は、10~50万円程度です。


なお銀行法では、「収入証明書の提出義務」「年収の3分の1の借入を制限」といった規制は、設けられていません。

ただし「銀行カードローンの過剰融資問題」を経て、銀行業界ではカードローンの過度な貸出を抑制する姿勢に転換しました。


一部の地方銀行を除いて、現在は銀行カードローンでも総量規制と同じレベルの「収入証明書の提出義務」や、借り入れ制限が要求されます。


以上のように、カードローンやクレジットカードに適用される法律はバラバラですが、規制が進み、利用者による過度な借入が難しくなっています。

<関連記事>:消費者金融の借入があるとクレジットカード審査は不利になる?

審査が一番厳しくないのがクレジットカードのショッピング枠で、キャッシング枠を付けないクレカだけを使う人も結構多いです(特に大学生)



カードローン VS クレジットカード、比較のための5つのポイント

1.金利が低くなるか?

カードローンの金利は、借入限度額の大きさで変わります。

例として、三井住友銀行カードローンの場合を見てみましょう。

借入限度額 金利
10万円以上100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

表から分かる通り、カードローンは契約した借入限度額が大きくなるほど、低い金利が適用されます。

それに対してクレジットカードのキャッシングの場合、限度額に応じた金利の変動はありません。


限度額に関わらず、クレジットカードの金利は15%~18%でほぼ固定になります。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】消費者金融の金利・利息はどのくらい?

消費者金融では初回の借入時に、無利息期間を設けている会社があります

2.利用枠はどれくらい?

カードローンの借入限度額は、10~800万円程です。

審査に通りさえすれば、200万円でも300万円でも借り入れが可能です。


一方のクレジットカードでは、キャッシング枠は限度額からショッピング枠を引いた残りなので、カードローンと比べると少額となります。

一般的に5~100万円の間でキャッシング枠の設定が可能ですが、実際には50万円以内に落ち着くケースが多いです。

3.申し込みからキャッシングまでのスピードは?

キャッシングのスピード

カードローンやクレジットカードの中で、最も早くキャッシングできるのは、消費者金融のカードローンです。

最短30分で審査が完了し、即日の融資も可能です。


次に早いのは、銀行カードローンです。

銀行カードローンは申し込み者の反社チェックがあるため、即日融資には対応してませんが、最短で申し込みから翌営業日には、借り入れ可能です。


クレジットカードの場合は一般的に、申込からカードを受け取り、キャッシングできるまでに1~2週間ほどかかります。

会社によって審査期間の違いはありますが、今すぐにお金が必要なときには、クレジットカードはおすすめできません。

<関連記事>:即日融資で今日中にお金を借りるには?

消費者金融での申し込みは、スマホで完結させられるケースも増えています

4.返済方法は分割?一括?

カードローンとクレジットカードの大きな違いの一つが、「返済方式」です。

カードローンは、分割して毎月定額で返済する方式を採用しています。


返済額が毎月一定のため、管理しやすいという利点があります。

一方、クレジットカードでのキャッシングの場合、利用額分を翌月に一括返済するのが基本です。


ショッピング枠も利用した場合は、その分も含め返済する必要があります。

しかし最近では、「リボ払い」と呼ばれる分割返済に対応したクレジットカードが増えており、カードローンとの差は小さくなっています。

5.サービスの充実度

カードローンは、海外での利用はできません。

それに対してクレジットカードなら、海外でもキャッシングが可能です。


海外のATMで現地通貨を引き出すことができ、空港などで両替するよりもお得になるケースがあります。

またクレジットカードの特徴の一つが、付帯サービスです。


利用額に応じてポイントが付与されるほか、保険や優待が利用できるクレジットカードもあります。

特に年会費がかかるタイプのクレジットカードは、ポイント還元率や優待が充実しています



カードローンVSクレジットカード、どちらがおすすめ?

カードローンとクレジットカード、どっちがおすすめ?

ここまで、カードローンとクレジットカードの違いを見てきました。

ではキャッシングをするには、どちらを選べば良いのでしょうか?

今すぐにお金を借りたいなら消費者金融

消費者金融カードローンの最大のメリットは、融資までのスピードの早さです。

冠婚葬祭などで急にお金が必要となったときなど、今すぐ借りたい場合に消費者金融は適しています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融のおすすめランキング!


また消費者金融には、初回の借入のみ一定期間、無利息で借りられる会社もあります。

無利息期間を利用すれば、利息を抑えることができます。

<関連記事>:無利息期間のあるカードローンの選び方

金利を抑えたいなら銀行カードローン

3つの中で金利が最も低いのは、銀行カードローンです。

消費者金融やクレジットカードだと、上限金利が約18%であるのに対し、銀行カードローンの上限金利は15%以下です。


また借入限度額が大きくなると、金利を10%以下に抑えることも可能です。

利息による負担を少しでも減らしたいときは、銀行カードローンがおすすめです。

金利を抑えることができれば、利息の負担が減ります

買い物がメインで、サービスも重視したいならクレジットカード

サービス重視ならクレジットカード

キャッシングをおまけとして使い、買い物をメインとして使うならクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

使った分だけポイントが貯まり、ポイントを利用して商品を買うことも可能です。


ただしクレジットカードは、発行までに1~2週間程度かかります。

すぐにキャッシングしたい人には、不向きと言えます。

<関連記事>:消費者金融の借入があるとクレジットカード審査は不利になる?

カードローンとクレジットカードの違いをまとめてみた!

最後に、紹介したカードローンとクレジットカードの違いを、下の表にまとめました。

カードローンとクレジットカードで迷ったときには、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン クレジットカード
貸主 消費者金融、銀行など クレジットカード会社
借入限度額 10万円~800万円程度 5万円~100万円程度
金利 消費者金融:5.0%~18.0%
銀行カードローン:3.0%~15.0%
15%~18%で固定
返済方式 分割払い 翌月一括払い
返済方法 口座引落し、振込み、ATM 口座引落し(原則)
海外利用
付帯サービス
×
おすすめの使い方 急ぎの借り入れ 買い物(後払い)



以上、カードローンとクレジットカードの違いについて解説しました。

ここまで見てきた通り、2つには異なる特徴があります。


そのためどちらを利用するべきか、一概には言えません。

それぞれの特徴を比べて、自分が使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

この記事のまとめ

  • カードローンは、銀行や消費者金融などから無担保でお金を借りる融資商品
  • クレジットカードは、カード会社にお金を立て替えてもらう、後払いサービス
  • カードローンとクレジットカードは、申込条件や適用される法律が異なる
  • クレジットカードは海外で利用でき、付帯サービスも充実している
  • すぐにお金を借りたい場合は、消費者金融を選ぶ

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。キャッシング初心者のため、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






体験レポ(実際に借りてみた)