担保とは?分かりやすく解説

借金やローンを組む時、「担保」を求められる事があります。

担保という言葉自体を聞いたことがある人は多いと思います。

でも担保の意味をきちんと説明できる人は、少ないのではないでしょうか。


たとえば同じ借り入れでも、担保が必要な場合とそうでない場合がありますが、これにはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、担保の基礎知識や種類などを詳しく見ていきましょう。


担保とは?

担保とは

高額の融資を受ける場合、銀行などの債権者から担保を要求されることが多くあります。

担保とはどんなもので、どのような種類があるのでしょうか?

担保って何?どんな種類があるの?

担保とは、債務者がお金を返済できない場合に備えて、あらかじめ債権者に提供される事物のことです

もし債務者の返済が困難になると、債権者側に多くの損害が発生します。担保制度はこれを回避するためのものです。


債務者が借金を返済できなくなった場合、事前に指定した所有財産(=担保)を処分することで、債権者は貸付金を回収するのです。

担保は、大きく2種類に分類されます。

物的担保

物的担保の種類

物的担保では、不動産や土地、株券や国債等の有価証券など、債務者が所有している財産を担保にします。

たとえばマイホームを購入した際に、その建物や土地が担保となる場合が、これにあたります。


物的担保では、「担保をどの段階で債権者に渡すか」という観点で分類できます

借り入れをした時点で担保を債権者に預けるのが「質権」、借金が返済できないと判明してから担保を処分できるのが「抵当権」です。


また「質権」では担保の所有権は債務者側にありますが、あらかじめその所有権を債権者に渡しておき、債務の弁済が終わった時点で返してもらうタイプは「譲渡担保」です。

<外部の関連サイト>物的担保・人的担保とは?| LSC綜合法律事務所

人的担保

人的担保,保証人

人的担保とは、いわゆる「人による担保」のことで、債務者が返済できなくなった場合、契約時に立てた人が代わりに借金を返済することを意味します。

「保証人」や「連帯保証人」が人的担保にあたります。

この2つは、「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」が認められるかで違います。


「催告の抗弁権」は、債務者がいきなり保証人に請求してきた場合、先に債務者本人に請求するよう求めることができる権利です。

「検索の抗弁権」では、債務者に返済資力があるのに請求が来た場合に、これを断ることができます。

また「分別の利益」では、保証人が複数人いた場合、返済額をその人数で割った金額だけ払えば、それ以上は払わなくて良いことになっています。


保証人であればこれら3つの権利を主張することができますが、連帯保証人の場合はできません

このように、保証人よりも連帯保証人の方が責任が重くなります。

人的担保が必要となる場合、金融機関では「保証人」ではなく「連帯保証人」を条件とすることが多いです。

<外部の関連サイト>カードローンに担保や保証人は必要なの?

担保が必要になるのはどんな時?

担保が必要な借り入れとして代表的なのが、マイホームを購入する時に利用する「住宅ローン」や、その他の不動産を購入する時に利用する「不動産担保ローン」です。

住宅ローンでは購入する自宅や土地に、不動産担保ローンでは購入する物件に抵当権が設定されます。


不動産ローンなら、低金利で大口の借入れが可能です。

借り主が返済できなくなった場合は、これらの担保が競売にかけられ、その売却代金が返済にあてられます。

担保ローンのメリット・デメリット

担保ローンのメリットは、低金利で高額な融資が可能なことです。

高額な借り入れの際に金利が高いと、その分だけ利息も大きくなります。

これでは返済が大変になるので、かなり大きなメリットとなります。

返済が完了すれば担保を解除されるため、長期間のローンでも安心して申し込むことができます。


しかし不動産などを担保にする場合、その調査や鑑定、登記などが必要になるため、ある程度の時間や手数料が掛かります。

住宅ローンの場合、申し込みから融資まで、最低2週間はかかります。



無担保ローンを利用したい!注意点は?

無担保ローン,注意点

住宅ローンなどの担保が必要な借り入れに対して、担保が必要ない借り入れを「無担保ローン」と言います。

無担保ローンにはどのような種類や特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

無担保ローンの種類は?

無担保ローンでは、申込み者の信用を元に貸し付けを行います。

担保がない分、金額は少額で、金利が高いことが多いです。

具体的には、以下のような種類があります。

銀行カードローン、消費者金融

銀行や消費者金融のカードローンでは、一度審査に通れば、限度額の範囲内で何度でも借り入れができます。

審査スピードが速いのが特徴で、消費者金融なら最短即日で借り入れが可能です

しかし金利は銀行フリーローンよりも高く、銀行カードローンなら15%、消費者金融なら18%が上限金利になります。

<関連記事>:お金を借りるならどっち?消費者金融 vs 銀行カードローン

銀行のフリーローン

教育ローンや自動車ローンといった目的別ローンに対して、借りたお金の使用目的を自由に決められるのが「フリーローン」です。

住宅ローンと同じく、一度借りたらその後はコツコツ返済する方式で、カードローンのように再度の借入はできません。


フリーローンの年利は6~7%で、カードローンやクレジットカードよりも金利が低いです

総量規制の対象外のため、審査に通れば年収の3分の1以上の金額でも借りることもできます。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】フリーローンとは?

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングは、限度額の範囲内であれば何度でも借り入れできる点で、カードローンと似ています。

しかし審査に1週間ほどかかるため、急ぎでお金を借りたい人には向いていません。

また金利は、年15~18%程度と高めです。

<関連記事>:消費者金融とクレジットカード、オススメはどっち?


このように、同じ無担保ローンでもそれぞれ特徴が異なりますので、自分に合ったものを選びましょう。

無担保ローンのメリット・デメリットは?

無担保ローンは、審査期間が比較的短いのがメリットです。

審査は必要なものの担保が必要ない分、用意すべき書類も少なくて済みます。

しかしながら、無担保ローンは金利が高いというデメリットがあります。


担保ローンの金利は高くても3%程度が一般的ですが、無担保ローンの場合は最大で18%と、ケタ違いに高くなります

また万が一返済ができなくなった場合、担保ローンでは担保を処分することで借り入れを減らすことができますが、無担保ローンではこれができません。

無担保ローンは審査さえ通れば、後は個人の裁量による比重が大きくなるため、より計画性をもって利用する必要があります。



以上、担保について見てきました。担保ローンというと馴染みのない方も多いかもしれませんが、住宅ローンも立派な担保ローンです。

この記事を通して、担保のことを少しでも理解してもらえたら嬉しいです。


この記事のまとめ

  • 担保とは、借金を返済できない場合、債権者に返済の原資として提供されるもの
  • 担保には、物的担保と人的担保の2種類がある
  • 担保ローンは低金利で高額の借入ができるが、借入までに時間がかかる
  • 無担保ローンには、カードローンやフリーローンなどがある
  • 無担保ローンは手続きが簡単で、融資スピードは速いが金利が高い

    人気の消費者金融は?







    検索
    このサイトの執筆・監修をしています

    初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

    ランキング
    その他の消費者金融