代位弁済とは?

銀行カードローンの返済に問題が生じた場合、保証会社が債務者の代わりに返済を行います。

これを「代位弁済」といいます。

これだけ見ると、返済を代わりにしてくれて助かる、など良いようにとらえる方もいるかと思います。

しかし、代位弁済は良い事ばかりではありません。代位弁済がどのようなものなのか、以下で見ていきます。


代位弁済って何?

代位弁済とは

「代位弁済」とは、債務者以外の第三者が債務を返済することをいいます。

「代位」とは他人に代わって法律上の権利を行使するという意味、「弁済」とは、借りていたものを返すという意味です。


したがって、代位弁済は「法律上の権利」のある誰かが債務者の代わりに借入金の債務を返済するという意味になります。

法律上の権利とは?

「法律上の権利」とは債権を弁済者が取得する、つまり債権が弁済者に移転することを指します。

債権が移転するのは、借金の連帯保証人が債務を返済するケースがよく知られています。

しかし、契約によって債権が第三者に譲渡されたようなケースも、債権の移転が行われています。


債権とは金銭などを貸している相手に対して、「お金を返して」と返済を要求できる金利を指します。

したがって債権が移転するを、移転先の人物(または会社や団体)は法律的に金銭を借りた相手に、返還を要求することができるようになるわけです。

<関連記事>:代物弁済とは?


保証会社が借金の返済を肩代わりしてくれる

代位弁済,保証会社

代位弁済に関してよく耳にするのが、「信用保証協会」などの保証機関、信用保証会社などの保証会社です。

信用保証協会とは、一般の中小企業が銀行などの金融機関から融資を受ける際に、債務保証を行う公益法人です。


信用保証会社は金融機関などの系列の保証会社で、会社の事業性資金や個人の住宅ローンなどの融資に対して、保証料を取って保証を行います。

もし、融資が返済できない場合は代位弁済を行ったのち、債務者から債務を回収します。

なぜ保証会社を利用するのか?

銀行カードローンでキャッシングを行う際、担保も保証人も不要です。

また、先ほど住宅ローンなどでは保証料払う必要があると書きましたが、銀行のカードローンでは借入の利率に含まれているので、保証料は必要ありません。

なので、利用者は気軽にお金を借りることができます。


とはいえ、もしお金を貸したまま戻ってこないと、銀行側は損することになりますよね。

そうならないためにも、対策として銀行は保証会社と契約しています。


仮に債務者が返済できなくても、保証会社が保証人の代わりとなって借金の返済をしてくれるので、銀行は損することなく融資を行うことができます。

ちなみに、一般的に銀行のカードローンの保証会社は、消費者金融が行っています。

<関連記事>:消費者金融が保証会社になることがあるの?


代位弁済しても返済は続く・・・

代位弁済,返済

保証会社が債務者の代わりに借金を支払ってくれたからといって、借金がなくなったわけではありません。

初めにも書きましたが、代位弁済とは債務者の代わりに借金の返済をします。


弁済義務の相手が保証会社に変わっただけなので、債務者は今まで通り借金の返済をしなければなりません。

保証会社に一括返済しないといけない

消費者金融などにお金を借りている場合、利息がかかります。

しかし、債務者の代わりに代位弁済を行い、債権が移動すると利息はかかりません。

利息がかからないなら、債務者にとって負担が少しでも減るので嬉しいことに思えますが、実際はそうではありません。


消費者金融や銀行では、返済が遅れてもある程度なら交渉すれば対応してくれます。

しかし、保証会社の場合は交渉は難しく、借金の全額を一括返済するよう求められます。

<関連記事>:債権回収会社とは?借金の回収・取り立て代行の仕組み

遅延損害金を請求される



一括返済を請求されるも、返済ができない場合は高額の延滞損害金が発生する可能性があります。

代位弁済では利息はかからなかったものの、遅延損害金ですと利息がかかってしまいます。


返済の期間を1日でも過ぎると、遅延損害金を支払うように請求されます。

遅延損害金の金利は14.6%となっているので、代位弁済だけでも苦しいのに、遅延損害金まで加わってしまうと金額が多きすぎて、自己破産という最悪のケースも考えられます。

<関連記事>:遅延損害金って何?

代位弁済が行われると数年は借入ができない

代位弁済すると、事故情報として信用情報に記録が残ります。5年間は記録が残るので、その間は新しく借入することはもちろん、クレジットカードも作ることができません。

代位弁済することで、生活にもで支障が出てしまいます。


代位弁済をしないで自分で返済しよう!

代位弁済は便利に思えて、実際はデメリットの多いことばかりだと分かりました。

「何とかなる」と無計画に借り過ぎてしまうと、後で痛い目をみることになります。

代位弁済すれば、その時は返済しなくて済みますが、借金がなくなったわけではありません。


普通の返済と違い、一括返済を求められ返済が遅れれば、その分遅延損害金がかかります。

そうなれば、さらに借金が増えてしまうことになります。

自分でお金を借りた以上、責任を持って返済することが大切です。

計画を持って借りるようにしましょう。


この記事のまとめ

  • 代位弁済とは、債務者の代わりに第三者が返済すること
  • 銀行カードローン、保証会社を付けるので返済ができない時は、保証会社が代わりに返済してくれる
  • 保証会社はあくまで代わりに返済しただけで、債務者の借金がなくなるわけではない
  • 一括返済や1日でも返済が遅れると、遅延損害金を払うことになる
  • 代位弁済すれば、5年間は新規の借入やクレジットカードを作ることができない


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融