【元銀行員が解説】カードローンの完済と解約の違いは?解約のメリットは何?

消費者金融・カードローンの返済が終わったら(=完済したら)、自動的に契約が終わると思っている人はいませんか?

実はカードローンの「完済」と「解約」は別物です。


解約せずに放置していると、思わぬところでデメリットがあるかもしれません。

今回はカードローンの解約方法と、解約のメリット・デメリットについて解説します。


消費者金融・カードローンの解約って完済と違うの?

カードローンの解約方法を解説する前に、カードローンの解約と完済の違いについて説明します。

解約方法をすぐに知りたい方は、「カードローンの解約方法は?注意点は?」に進んでください。

完済なら再度の借り入れも可能

カードローンの完済なら借り入れ可能だが、解約なら不可

完済とは、借金の返済が完了した状態のことを指します。つまり、借入ゼロの状態です。

借入がないので利息は発生しませんが、カードローン契約自体は残っています。


借入枠は残っているので、再び借り入れが必要になった場合は、その枠の範囲内で何度でもキャッシングが可能です。

解約はカードローン契約の解除、借入は不可

解約というのは、カードローン契約そのものを終了させることです。

カードローンを解約すると、その会社からは借入ができなくなります。


再度の借り入れは可能ですが、その場合はカードローン会社の審査を初めから受ける必要があります。

一方で信用情報機関からは、カードローン契約の記載がなくなります。

この点は、後で詳しく述べます。

<関連記事>:カードローンを利用すると信用情報にマイナス?

後で説明しますが、カードローンを解約すると、信用力が上がります



消費者金融・カードローン解約のメリット・デメリット

カードローン解約のメリットは大きく、特に住宅ローンを検討してる人は是非取り組むべきです。

一方で、デメリットも多少はあります。

(メリット1)信用力が上がる

カードローンの解約は、信用情報にとってプラスになります。

信用情報機関には、カードローン利用者の借入枠や利用履歴が登録されています。


この情報は、金融機関・クレジットカード会社・貸金業者などで共有されます。

ですがカードローンを解約すると、カードローン契約の情報が信用情報機関から消えます。


カードローン枠が無くなったことは、元利用者の借入能力(=信用力)が上がった事につながります。

そのため金融機関のウケも良くなり、新規の借入審査にも通りやすくなります。

すぐに借り入れできるカードローンは、金融機関(=貸し手)からするとリスクにも見えるんですよね

(コラム)カードローン完済では、信用力は上がらない?

カードローンの解約で信用力がアップ

完済さえしていれば借金ゼロという点では同じなのだから、わざわざカードローンを解約しなくても、良くない?

こんな風に疑問に思う人もいるかもしれません。


確かにカードローンで多額の借金があるより、完済している状態の方が、信用力という点では100倍良いです。

ですが同じ借金ゼロでも、カードローン完済よりも解約の方が、金融機関から見た印象はずっと良いです。


上でも説明した通り、完済ですと、その気になればキャッシングが可能なのに対し、解約は再度の借り入れができません。

完済でも金融機関への印象は良いですが、カードローンを解約することで、さらに印象が良くなるのです。

(メリット2)住宅ローン審査にも有利

高額の借り入れで借入れ期間が長期になることから、住宅ローンの審査は他のローンに較べて厳しいです。

住宅ローンの審査基準は各銀行で異なりますが(詳しい基準は公表されていません)、カードローン借入があると審査で不利になると言われています。


特に消費者金融のカードローンは、多額の借り入れがあると審査に大きなマイナスです。

1社30万円ほどの借り入れなら問題ありませんが、複数社と取引があったり、借入金額が200万を超えていると、審査を通らない可能性が高くなります。


住宅ローンを組む予定があるなら、審査前にカードローンを解約しておきたいところです。

もし解約が難しい場合でも、できる限り残高を減らしておいた方が良いでしょう。

<関連記事>:カードローンの借入があると住宅ローンは不利?

とはいえ最近の住宅ローン競争の影響もあり、多少のカードローン借入があっても住宅ローンに通る例も出ています

(メリット3)借り過ぎを防げる

上手に使えば便利なカードローンですが、ここ最近カードローンの借り過ぎが、社会問題になっています。

2016年後半から日弁連が声をあげ、マスコミでも大きく取り上げられるようになりました。


ハッキリとした関係は分かってないものの、2017年に入り、自己破産の件数も増加に転じています。

カードローンの契約が残っていると、気軽に借りられてしまいます。


当面使う予定がないなら、解約することをオススメします。

どうしてもお金が必要になったら、その際にまた審査を受けましょう。

<関連記事>:銀行カードローン問題とは?元銀行員が解説!

(デメリット1)借入のために、審査を受ける必要あり

解約すると、カードローンの再審査が必要

再度お金が必要になった場合、改めて審査を受ける必要があります。

そのためには身分証明書や収入証明書など、必要書類をもう一度準備する手間がかかります。


また今まで利用していた会社でも、必ず審査に通るという保証はありません。

カードローン会社によっては、一定期間が経過しないと再契約できないこともあります。

解約したあと急にお金が必要になったら、困る場面も出てくるかもしれません。

(デメリット2)金利・限度額がリセットされる

カードローンを長く利用していると、金利や借入枠の面で優遇してもらえる場合があります。

しかし一度カードローンを解約すると、その時点で優遇は受けられなくなります。


解約後に再契約したとしても、前回と同じ条件で融資を受けることはできません。

「初回〇日間利息無料」といった消費者金融にありがちな優遇サービスも、再契約後にもう一度適用することはできません。


もし今後もカードローンを利用する予定があるなら、契約したままの方がお得になります。

<関連記事>:カードローンの上限の借入限度額は?

消費者金融の無利息サービスを使えるのは、初回の契約だけです



カードローンの解約方法は?注意点は?

ここではカードローンの解約方法や、解約にあたっての注意点について見ていきます。

以下で紹介するように、カードローン会社によって解約方法が違うので、よくご確認ください。

解約にはカードローンの完済が絶対

解約するためには、カードローンの完済が絶対条件になります。

手続きをする前に、ちゃんと返済が終わっているか確認しましょう。


その際に注意してほしいのが「無利息残高」です。

無利息残高には利息や手数料がかからず、支払期限もないため急いで返済する必要はありません。


しかし、無利息残高が残っている状態では完済したことにならず、したがって解約もできません。

残高がまだある場合は、一括返済をしてから解約手続きを進めて下さい。


分からない場合は、カードローン会社のサポートセンターに一度問い合わせてください。

<関連記事>:カードローンの一括返済で絶対気を付けたいこと

以下で紹介する解約方法も、カードローンを完済していることが前提になります

大手カードローン各社の解約方法を紹介

以下の表は、大手カードローン各社の解約方法です。

カードローン会社 電話連絡先 解約方法
プロミス プロミスコール(0120-24-0365)
お客様サービスプラザ(店頭窓口)
電話・有人店舗・契約機・アプリで。申し出すれば解約できる。書類の提出など必要なし。希望すれば、解約通知書を発行してもらえる(電話の場合は郵送)
SMBCモビット モビットコールセンター
0120-24-7217(9時から21時)
解約は電話のみ。書類の提出など必要なく、口頭で解約が可能。ちなみに希望する人には、解約通知書の紙を郵送することもできる。
アイフル 連絡先:0120-109-437(女性専用:0120-201-884) 会員ページかアプリから、解約手続きが可能。会員ページからの場合、メールの送信だけで解約手続きが完了。アプリの場合は、アプリ内で解約手続き。郵便物など発生しないが、希望すれば解約通知書を自宅に送付してもらえる
バンクイック 0120-76-5919(平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く)) 完済してれば、電話でもテレビ窓口でも解約が可能。書類の提出など必要なし
三井住友銀行カードローン 0120-923-923(受付時間:毎日9:00~21:00(1月1日は除きます)) 電話で解約申し込みをした後、書類を郵送してもらう。その書類に必要事項を記入の上、本人確認書類と共に郵送。電話口での口頭での解約は不可。
みずほ銀行カードローン 0120–324–555(みずほ銀行カードローン専用ダイヤル) お取引店またはお近くのみずほ銀行の店頭で解約手続き。
お取引店以外の店舗にご来店の場合、お取引状況確認に時間を要する場合がある。

 ■お手続きに必要なもの
・カードローンカード
・返済用普通預金口座の取引印鑑
・本人確認書類(運転免許証・各種健康保険証など)

*ネットや電話での解約手続きは受け付けていない
オリックス銀行カードローン 0120-890-699
受付時間9:00~18:00 土日祝および12/31~1/3休
電話での(口頭での)解約が可能。希望すれば、書面を発送してもらえる。
横浜銀行カードローン 045-225-1981(カードローンプラザ) 取引店まで行き、解約手続きが必要。印鑑と本人確認書類が必要

カードローン各社で対応に違いはあるものの、消費者金融と銀行カードローンで、ある程度の傾向が見られます。

また希望すれば、カードローンの「解約通知書」を発行してもらえます。


解約通知書とは、カードローン契約を解約したことを証明する書類です。

必要な場合は、忘れずに解約通知書の発行をお願いしましょう。

消費者金融は電話で(口頭で)解約が可能

消費者金融は口頭で解約できるが銀行カードローンは書面で

表を見ると分かるように、大手の消費者金融はどこも、電話での(口頭で)解約手続きに対応しています。

各社のコールセンターに電話を掛け、オペレーターの指示に従って解約手続きを進めましょう。


電話なら店舗まで足を運ぶ必要もありませんし、書類の提出もいらないため簡単に解約することができます。

解約通知書を希望した場合を除けば、自宅に郵便物が届くこともありません。


またプロミスだと、有人店舗や自動契約機での解約も可能です。

大半の銀行カードローンは書類の提出が必要

銀行カードローンを解約する場合、消費者金融に比べると手間がかかります。

一部の例外はありますが、解約にあたって書類を提出したり、取引店へ行く必要があります。


取引店とは、その銀行の口座がある支店のことです。

また解約手続きにあたっては、銀行取引印と本人確認書類が必要になります。


ご存じの通り、銀行の窓口は平日15時までしかやってないので、銀行カードローンの解約は不便な場合が多いです。

解約のために、それなりの手間が発生するのが銀行カードローンのデメリットですね。。

以上、カードローンの解約方法や、解約のメリットについて見てきました。


カードローンの契約が残っている方が便利な場面もあるでしょうが、今後大きな借入(たとえば住宅ローン)を考えてる人は、カードローンは解約した方がよいでしょう。

またカードローン会社によって解約方法に違いがあるので、上の表を参考にしてもらえればと思います。

この記事のまとめ

  • カードローンの解約とは契約を解除し、借入できなくすること
  • カードローンを解約すると、再度の借り入れでは審査が必要になる
  • カードローンを解約すると信用力が上がるので、住宅ローンを予定の方は是非
  • カードローンを解約するには、完済していることが絶対条件
  • 消費者金融は電話(口頭)で簡単に解約できるが、銀行カードローンは解約手続きが面倒

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気の消費者金融は?







検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融