【元銀行員が解説】お金を借りるなら、どこがおすすめ?

「予想外の出費でお金がなくなった」「収入が少なくて生活費が足りない」など、お金を借りようと考えた経験がある人も多いはずです。


ですがお金を借りる手段はたくさんあるため、何を選べば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで今回はお金を借りる方法や、おすすめの選び方について解説します。


お金を借りたい!どこから借りられる?

お金を借りるといっても、たくさんの借入先があります。

ここでは借入先の種類や、主な特徴を解説します。

即日融資を希望するなら消費者金融

数ある融資サービスの中で即日の融資が可能なのは、消費者金融だけです。

消費者金融は審査スピードが早く、最短30分で審査結果が出ます。


また資金使途(=借りたお金の使い道)が自由であることも、強みの一つです。

娯楽費や生活費など、好きに使うことができます。

詳しくは後ほど紹介しますが、資金使途が決められているローンも存在します。


その一方で他のローンや貸付制度に比べて、金利は少し高めです。

金利は年率3.0%~18.0%程ですが、初めての借り入れの場合は基本的に、上限金利が適用されます。


借り入れする前に、利息を合わせた返済額を確認しましょう。

 【元銀行員が解説】消費者金融のおすすめランキング!

借入枠が増えるにつれ、適用金利は下がりますが、初回の借入枠は50万円以下になることが一般的です。

銀行ならカードローンに加え、多くの目的別ローンを提供している

銀行はカードローンや自動車ローン、住宅ローン、ブライダルローン、フリーローン、教育ローンなど様々なローン商品を提供しています。

まず銀行カードローンは消費者金融と同じように、借入金の使い道を自由に設定できます。


一方で住宅ローンなどの目的別ローンは、資金使途があらかじめ決められています。

しかしその分、目的別ローンの金利は低いです。

以下は、みずほ銀行が提供するローン商品と、貸出条件です。

みずほ銀行のローン商品 金利(年率) 借入上限額
カードローン 2.0~14.0% 800万円
多目的ローン(フリーローン) 5.875%(変動)
6.5%(固定)
300万円
リフォームローン 3.975%(変動)
4.05~4.7%(固定)
500万円
教育ローン 3.475%(変動)
4.05%(固定)
300万円
住宅ローン 0.625%(変動)
1.08%(固定)

(注):上記は2019年10月時点の数字です。金利は市況によって変化しますので、最新の数字を知りたい人は直接HPで確認して下さい。


カードローンやフリーローンといった、資金使途に制限がないローン商品は、金利が高い傾向にあります。

一方で教育ローンやリフォームローンといった、資金使途が制限された(=目的別の)ローン商品は、金利が低めです。

住宅ローンのように担保をつける場合、金利がさらに低くなります。


ただ目的別ローンは、資金の使い道を確認できる書類などを提出する必要があり、融資までに最低1週間、長いと2週間以上かかります。

銀行のローン商品で審査期間が一番短いカードローンでさえ、最短でも翌営業日になります。

<関連記事>:おすすめのフリーローンを紹介します!

クレジットカードのキャッシング枠(持ってるなら)

すでにクレジットカードを持っている人は、キャッシング枠を使って、今すぐに借り入れできる可能性があります。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているかは、利用明細で確認できます。

利用明細をお持ちでない方は、クレジットカード会社に電話で直接確認して下さい。


キャッシング枠を使ってお金を借りる場合、提携している金融機関やコンビニのATMから現金を引き出します。

キャッシング機能付きのクレジットカードをすでに持っている人は、審査なしですぐにお金を借りられ便利ですが、その分金利は15%~18%と高めです。


また新たにクレジットカードを発行すると、申し込みから借り入れまで1週間以上かかることもあります。

<関連記事>:カードローンとクレジットカードとの違いは?

クレカのキャッシング枠は後から追加したり、増額できますが、審査が必要です

会社員なら、勤め先からお金を借りられる場合も

会社員の人は勤務先が「従業員貸付金制度」に対応していれば、融資を受けることができます。

従業員貸付金制度は、意図せぬ理由でお金に困り、それによって仕事に支障を及ぼす可能性がある場合のみ、貸し付けの対象となります。


たとえば病気や事故の入院費用、地震や火災による家の修繕費などです。

申し込みの際は、上司や担当者から申込書類を受け取り、会社内で決められている提出先に出し、審査が行われます。


従業員貸付制度のメリットは、金利が低いことで、2.0%~4.0%が相場です。

また返済方法は多くの場合、給料から天引きとなるため、返済できない心配は少ないと言えます。


ですが融資までの期間は長く、1~2週間程度かかることが難点です。

<関連記事>:公務員がカードローンでお金を借りる時の注意点は?

国の教育ローンや支援制度を利用する

生活が困窮している場合、国や自治体からお金を借りられる可能性があります。

たとえば低所得で生活に困窮しているなら、住まいの市区町村の社会福祉協議会から、「生活福祉資金貸付制度」を利用してお金を借りられるケースがあります。


また失業中の人は、求職者支援資金融資制度を利用できたり、子どもの教育費に困っている人は、国の教育ローン(=日本政策金融公庫)で融資を受けられることがあります。

<外部の関連サイト>:国の教育ローン | 日本政策金融公庫


国や自治体が提供する貸付制度は、低金利または無利息で借りられます。

手続きに1か月以上の時間はかかりますが、日常的にお金に困っているなら、貸し付け対象の制度に申し込むことをおすすめします。

<関連記事>:市役所でお金を借りる?生活福祉資金貸付制度とは?

上で紹介した制度の他に、低所得者に向けて無利子で10万円融資する「緊急小口資金貸付」制度もあります

ゆうちょ銀行の貯金を担保に借り入れ

ゆうちょ銀行で定期貯金または定額貯金をしている場合は、そのお金を担保に融資を受けられます。

借入可能額は、預入金額の90%以内の金額です。


貸付期間は貸し付け日から2年間ですが、期間内であれば何度でも借り入れできます。

また定額貯金や定期預金が担保となるので、審査はありません。


ですがお金を借りたい人が、多額の貯金をしているケースは少なく、利用の対象となる人はあまりいないと言えます。

<関連記事>:【元銀行員が教える!】お金がない時の乗り切り方は?

生命保険会社からお金を借りられる制度

積み立てタイプの生命保険に加入している人は、保険会社からお金を借りる「生命保険契約者貸付制度」を利用できます。

この生命保険の契約者貸付制度は、解約返戻金を担保に借り入れをするという仕組みです。


解約返戻金とは、生命保険や終身保険などを解約した時に、払い戻されるお金のことを指します。

つまり契約者貸付制度で借りるお金は、自分が今まで払ってきたお金ということです。


この制度のメリットは、生命保険を解約することなく利用できる点です。

また解約返戻金という担保があるため、審査なしで借りることができ、無職の人やカードローンの審査に落ちてしまった人でも融資を受けられます。


保険会社によって異なりますが、申し込みの時間帯によっては、最短即日で借り入れできます。

<関連記事>:お金がない無職がお金を借りる方法はあるの?

契約者貸付制度の金利は、年率3%~6%が相場です



お金を借りるときに重視するポイント別!おすすめの借入先は?

お金を借りたい時は、いくつかの中から借入先を選べることが分かりました。

以下では、お金を借りるときに重視したいポイント別に、おすすめの借入先を紹介します。

金利を重視するなら目的別ローン

借金をする時に気になるのは、やはり金利ですよね。

上でも説明したように、国や自治体の支援制度は無利息で利用できる場合もあります。


ですが支援制度の対象とならない人も、数多くいるはずです。

公的な支援制度を除いた上で金利が低いのは、自動車ローンや住宅ローンなどの目的別ローンです。


資金使途は限られていますが、バイクの購入は自動車ローンの対象であったり、大学進学で一人暮らしをする住居の、敷金・礼金を教育ローンで借りられたりと、使い道の幅はあります。

また旅行に使える、トラベルローンといった商品もあります。


お金の使い道が、目的別ローンの対象になりそうな場合は、利用の検討をおすすめします

<関連記事>:カードローンの借入があると住宅ローン審査に不利?

融資までに時間がかかるケースがあるので、余裕を持って申し込むようにしましょう

急ぎで借り入れしたいなら消費者金融

急にお金が必要になった時は、消費者金融がおすすめです。

一部の大手消費者金融では、Web完結申込に対応していて、来店せずにお金を借りられます。


そのため空いた時間を利用して、スマホで契約することが可能です。

先ほども説明した通り、当日の申し込みで借入できるのは、消費者金融のみです。


金利が高めのが難点ですが、無利息サービスを提供する会社を選べば、利息を抑えるが可能です。

 【元銀行員が解説】即日融資でお金を借りるには?

審査の通過しやすさで選ぶなら、生命保険の貸付制度

審査の通りやすさで選ぶなら、生命保険の契約者貸付制度です。

そもそもこの制度は、生命保険を契約していることが利用条件で、審査がありません。


また契約者貸付制度を使ったことで、信用情報に記録されることはなく、他のローンの借り入れに影響がありません。

ただ解約返戻金(かいやくへんれいきん)を超えて借り入れすると、保険が失効するため、借り過ぎには注意が必要です。

<関連記事>:審査なしのカードローンってあるの?

返済が終わらないまま保険満期になると、受け取れる金額は満期保険金から、借入金と利息を引いた金額になります



職業やタイプ別!お金を借りるおすすめの方法

ここまで、重視したいポイントによって、借入先が変わることが分かりました。

以下では職業やタイプ別によって、利用できる借り入れ制度を解説します。

会社員や公務員が利用できる制度

会社員や公務員限定で、利用できる制度がそれぞれあります。

まず会社員が利用できる制度は、「従業員貸付制度」と「勤労者融資制度」です。


従業員貸付制度は、会社員なら、勤め先からお金を借りられる場合もで説明したように、業務に支障が出るほど、生活が苦しくなった場合、勤め先から融資を受けられる制度です。

もう一方の勤労者融資制度は、主に中小企業の従業員を対象にした公的な貸付制度で、自治体によって名称や条件が異なります。


たとえば東京都の場合、東京都中小企業従業員生活資金融資制度という名称で、都内在住または在勤の中小企業従業員向けの融資で、融資上限額は70~130万円、金利は年率1.5%~1.8%です。

<外部の関連サイト>:東京都中小企業従業員生活資金融資 | 働いている方の福利厚生


公務員の場合は、「地方職員共済組合の貸付制度」をほぼ全ての人が利用できます

金利は無利息~最大1.26%と低い年率で、融資を受けられることが特徴です。


ですが地方職員共済組合の貸付制度は、資金使途が限定的で、融資までに1カ月程度かかることもあります。

<外部の関連サイト>:貸付事業の詳細|地方職員共済組合

地方職員共済組合の貸付制度では、借入金を生活費や税金の支払いに充てることはできません

自営業者は、日本政策金融公庫から借りられる

自営業者や個人事業主は、「日本政策金融公庫の新企業育成貸付」を利用することで、事業資金の融資を受けられます。

新企業育成貸付は、保証人・担保なしで借り入れが可能です。

<外部の関連サイト>:融資制度一覧から探す|日本政策金融公庫


また事業資金の借り入れ手段の一つとして、ビジネスローンがあります。

ですが新企業育成貸付では0.3%~2.0%程度という低金利で借りられるのに対し、ビジネスローンの金利相場が1.0%~9.0%と少し高めです。


ビジネスローンの審査基準は各社で違いますが、それほど厳しくありません。

ですので事業資金を借りたいなら、まず日本政策金融公庫を検討して、断られたらビジネスローンを検討しましょう。

<関連記事>:ビジネスローンとは?借り入れで悩んでる中小企業は必見!

学生や専業主婦は、一部のカードローンが利用できることも

学生でも20歳以上なら、カードローンで借り入れできる可能性があります。

学生がカードローンを申し込む場合、週3日以上アルバイトの安定収入があることが条件です。


ただし銀行カードローンでは、安定収入があっても学生の利用は不可としている銀行が多いです。

大学生が手早くキャッシングしたいなら、消費者金融を選択した方がよいでしょう。

<関連記事>:大学生がお金を借りる方法を紹介します!


主婦(主夫)の方も、週3日以上のパートなどで安定収入を得ているなら、カードローンへの申し込みは可能です

しかし収入のない専業主婦(専業主夫)は、消費者金融から借り入れすることはできません。


総量規制により消費者金融は、年収の3分の1までの金額までしか融資できないためです。

一方の銀行カードローンは、総量規制の対象外です。


配偶者に安定した収入があることが認められれば、専業主婦に貸し付けをしてくれる銀行も、ごく一部あります。

<関連記事>:銀行カードローンとは?メリットとデメリット・リスクを解説

銀行カードローンで専業主婦が借り入れ審査に通ったとしても、利用可能枠は10~30万円程度です

無職の人は求職者支援資金融資制度を利用できる

無職の人はまず「求職者支援資金融資制度」で借り入れする前に、国から「職業訓練受講給付金」を返済不要で受け取ることができます。

支援の対象となる条件には、「ハローワークで求職の申込みをしていること」「雇用保険をもらっていないこと」「働く意思があること」などがあります。


これらの条件にクリアし、支援の必要があると認められると、月額10万円支給されます。

また職業訓練受講給付金だけでは生活費が足りない場合、求職者支援資金融資制度を使って、国からお金を借りることも可能です。


単身者の場合は月額5万円、家族がいる場合は月額10万円の支給上限額となります。

求職者支援資金融資はあくまでも貸付であり、年率2.5%の利息も含めて返済の必要があります。

<外部の関連サイト>:求職者支援資金融資のご案内│厚生労働省

年金受給者なら、年金担保貸付

年金受給者は、国民年金や厚生年金保険を担保として、お金を借りられます。

年率2.8%という低金利で借りられる上、借りたお金を冠婚葬祭や住宅改修など幅広く使えることがメリットです。

<外部の関連サイト>:年金担保貸付制度│厚生労働省


しかし使い道の幅があるとは言え制限はあり、生活費や旅行費用に充てることは不可とされています。

また利用する際は、連帯保証人が必要となり、気軽に借り入れしづらいと言えます。

<関連記事>:年金を担保にお金を借りる!年金担保貸付制度とは?

年金担保貸付制度は、2022年3月末で申し込みの受付を終了する予定です



お金を借りる時に注意すべきポイントは?

審査で注目されるポイントは?

お金を借りる際には必ず、審査に通過する必要があります。

消費者金融や銀行から融資を受けるには、安定収入が大事です。


たとえば先月の収入は20万円、今月の収入は0円というように、収入に波があると審査に不利です。

収入の安定性は、収入証明書などの書類を通して判断することもありますが、職業によって有利・不利があります。


一般的に公務員や大企業勤務は有利で、水商売や自営業、トラック運転手は不利と言われています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融の審査基準について

審査では勤続年数の長さも、重要なポイントです

借りるお金の使い道を明確にする

ほとんどの場合お金を借りる際は、借入金の使い道を聞かれます。

審査に影響しませんが、消費者金融でさえ聞かれます。


目的別ローンを利用する時は必ず、資金使途を尋ねられ、使い道を確認できる請求書や契約書が必要です。


また上でも説明したように、資金使途に制限がある目的別ローンほど、金利は低くなります。

少しでも利息の負担を減らすためにも、お金を借りるときは何に使うのかを確認しましょう。

<関連記事>:教育ローンの仕組みとは?低金利の教育ローンは?

一度に複数の申込みをしない

借り入れ審査に通るか不安でも、一度に複数の金融機関に申し込むのは控えましょう。

銀行や消費者金融の申し込み履歴は、個人信用情報機関に登録されます。


金融機関の審査担当者は審査の際、個人信用情報機関に申込履歴や借入履歴を照会します。

一度に3社以上の申込情報があると、申込ブラックとなり、相当お金に困っている印象を持たれます。


お金を借りるときは、どの会社にするか事前に絞っておきましょう。

<関連記事>:キャッシングの借金履歴(信用情報)はいつまで残る?

申し込み情報は半年間、信用情報機関に残ります

審査なしを謳い文句にしている会社からは借りない

どんなにお金に困っていても、「審査なし、ブラックOK」といった宣伝文句を使う業者を利用してはいけません。

普通の金融機関では、あり得ない条件を提示する会社は、ヤミ金と考えるべきです。


ヤミ金で借り入れをしてしまうと、法外な利息を請求され、暴力的な取り立てを受ける場合もあります。

一度ヤミ金を利用してしまうと、自分の力だけで解決するのは難しいです。


万が一ヤミ金を利用してしまった時は、専門の弁護士に相談するのがおすすめです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】ヤミ金で困ったら、どこに相談すれば良い?

クレジットカードの現金化や、個人間融資も危険

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れることです。

利用者は、現金化を行っている業者から指定された商品を購入し、その商品を業者が買い取ることで現金を得られます。


クレジットカードの現金化は、(厳密には)違法ではありません。

しかしクレジットカード会社の規約では禁止されているため、現金化が発覚した時は、カードが利用できなくなります。


その上クレジットカードの現金化のようにグレーな商売をする会社は、悪徳業者であることが多く、「商品を購入したのにお金をもらえない」「個人情報をヤミ金に流される」といったリスクが伴います。


また個人間融資で、お金を借りる行為も危険です。

個人間融資とはSNSや掲示板を利用して、お金の貸し借りをすることを指します。


個人間融資自体は違法ではありませんが、SNSや掲示板にはヤミ金業者も存在します。

そのためお金を借りるどころか、法外な利息で貸し付けをされたり、個人情報を悪用される被害に遭ってしまいます。


お金がない状況をさらに悪化させる可能性があるので、クレジットカードの現金化や個人間融資には手を出さないでください。

<関連記事>:ヤミ金とは?その悪質な手口を紹介します!

個人間融資では利息の他に、多額の保証料を請求されることもあります


ここまで、お金を借りる際のおすすめの借入先や、注意点について見てきました。

より詳しくは、以下の記事で紹介してますので、よかったら参考にして下さい。

「お金を借りるおすすめ」の関連記事



借金は一時的なお金の不足をしのぐのに、とても便利な手段です。

誰だって避けられない事情により、お金が必要になる時もあるでしょう。


とはいえ簡単に借り入れをし過ぎるのも、問題です。

身の丈に合わず借金をすると、後になって返済に苦しむことになります。


債務整理などで借金を清算する方法はありますが、その後の生活に不便が生じますし、最後の手段と考えるべきです。

やみくもにお金を借りる前に、「本当に借りる必要はあるのか」「借りる金額は適切か」をよく考えてみてください。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ



検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)