初めてのプロミス!借入の手順を紹介します

消費者金融,プロミス

テレビCMや電車の車内広告で、「プロミス」という名前をよく目にしますよね。

「興味はあるけれど、どうやって借りるのか分からない」と、二の足を踏んでいる人がいるかもしれません。


今回は、初めて利用する方のために、プロミスでのキャッシングの手順を解説します。


 プロミスで借り入れをする(プロミス公式HPへ)

プロミスの魅力って何?

初めてプロミスを利用するなら、申し込む前に、利用の条件を確認しておきましょう。

どんな人が申し込める?

プロミスで申し込めるのは、年齢20~69歳の、安定した収入がある人です。

主婦や学生でも、パートやアルバイトで安定的な収入があれば、審査に通る可能性があります。


ここで言う「安定的な収入」とは、一般的に、週3日以上の仕事が基準になります。

本人に収入があることが条件となるため、収入ゼロの専業主婦は対象外です。

貸付条件は?

次に、借り入れ時の基本的な条件を確認します。

利用限度額 1万円~500万円
金利(年率) 4.5%~17.8%
保証人 不要
担保 不要

提出書類は?

プロミスでの申し込みで必要になるのは、免許証などの本人確認書類です。

免許証を持っていない場合は、パスポートまたは健康保険証と合わせて、住民票が必要になります。

提出書類

また希望借入額が50万円を超える場合、もしくは他社と合計で100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が必要となります。

「収入を証明する書類」とは、源泉徴収票や確定申告書、給与明細(直近2か月分+1年分の賞与明細)、所得証明書のことです。

審査が不安な人は簡単3秒診断を

「申し込みたいけれど、審査に通るか不安」という人は、「お借入シュミレーション」をしてみましょう。

3つの項目を入力すれば良く、3秒で仮審査が受けられます。


プロミス公式HPにアクセスすると、以下のような画面が出てくるので、「お借入シミュレーション」をクリックしてください。

お借入シミュレーション

ただし「お借入れシミュレーション」は、本審査ではありません。

申し込み後、あらためて本審査を受ける事になります。

 「お借入シミュレーション」はこちら(プロミス公式HPへ)


プロミスの利用条件をまとめてみた

以下の表では、プロミスの利用条件を一覧にまとめました。

借入限度額 1万円~500万円
金利(年率) 4.5%~17.8% (遅延利率 20.0%)
申込条件 ・年齢20歳以上、69歳以下
・本人に安定した収入がある方
借入方法 振込、ATM、店頭窓口
返済方法 振込、口座振替、ATM、店頭窓口
返済方式 1万円~500万円
利用限度額 残高スライド元利定額返済方式
※最終借入後の残高に応じて、返済額が変動
返済期日 5日、15日、25日、末日から選択
担保・保証人 不要

 プロミスで借り入れしたい方はこちら


プロミスが選ばれる理由

大手消費者金融の中でも、プロミスは広く支持を集めています。

ここでは、なぜプロミスが人気なのか、その理由を紹介します。

(1) SMBCグループだから安心!

プロミスは、三井住友銀行グループの一員です。

大手銀行のグループ会社なので、初めての利用でも安心感があります。


また三井住友銀行のローン契約機が使えるのも、大きなメリットです。

銀行内に設置されたローン契約機なら、消費者金融に入るのに抵抗がある人でも、気軽に利用できます。

(2)Web完結ならカードレス

プロミスは、申し込みから借り入れ・返済までスマホで完了できる、「Web完結」に対応しています。

契約書類・カードの受取もなく、すべてスマホで(カードなしで)取引が完結します。


もちろん、後からカードを発行してもらうことも可能です。

なおWeb完結にするには、以下の2つの条件を両方満たす必要があります。

・特定の大手銀行の口座を振替口座にする

・契約方法は「Webで契約」を選択する


(3) キャッシングが家族にバレにくい

キャッシングが家族にバレにくい点も、プロミスの魅力の一つです。

家族に内緒でキャッシングする場合、最も気を付けたいのが「書類やカードの郵送」です。


契約書類やカードを郵送受取にすると、自宅に届くので、家族に見られるリスクが高くなります。

ですがプロミスなら、Web完結でカードレスを選択すれば、自宅への書類やカードの郵送はありません。


また契約機を利用しても、その場でカードや書類を受け取れるので、郵送なしになります。

(4) 契約機の数が多い

プロミスは、自動契約機の数が業界トップです。

プロミスの契約機に加え、全国に設置された三井住友銀行のローン契約機も利用できます。


下の表では、大手消費者金融4社の契約機の台数を比較しました。

カードローン 自動契約機の台数(推定)
プロミス 1800台超
SMBCモビット 1100台超
アコム 1000台超
アイフル 800台超

プロミスの契約機の台数は、他の大手消費者金融と比べても、断トツに多いことが分かります。

利用できる契約機の数が多ければ多いほど、契約機への移動時間を節約できます。

(5) 30日間無利息サービス

プロミスなら、初回の借入日から30日間の利息がかかりません。

ここで注目すべきポイントは、「いつからサービスの対象なのか」という点です。


他のカードローンでも、無利息サービスはあります。

ただし他社が「契約日」起算なのに対し、プロミスは「借入日」から数えます。

 30日間無利息サービス

この差分だけ、他社よりもおトクに利用できます。

「30日間無利息サービス」の対象となるのは、以下の3つの条件を満たす場合です。

・初めての利用であること

・申し込み時にメールアドレスを登録

・Web明細を利用


なおWeb明細は、申込画面の「書面の受取方法」欄について、「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択するだけで利用できます。

 プロミスで借り入れをする


初めてのプロミス!どうやってキャッシングするの?

いざ初めてプロミスを利用しようとしても、キャッシングの流れが分からないと不安ですよね。

ここでは、プロミスでのキャッシングの流れを解説します。

プロミスでのキャッシングの流れ

プロミスでのキャッシングの流れは、下図の通りです。

 プロミス キャッシングの流れ

以下、詳しく見ていきましょう。


(1) スマホから申し込み
プロミスは、スマホからの申し込みの他、店頭・契約機、電話、郵送でも申し込めます。

ですが時間や手間を考慮すると、スマホから申し込むのがおすすめです。

来店不要で(契約機に行かずに)契約したい人は、「契約方法」は「Web」を選択してください。


(2)必要書類の提出
申し込みが完了すると、プロミスの担当者から申し込み完了のメールが来ます。

メールに書類の提出方法について指示がありますので、それに従って、必要書類を提出します。

提出書類は、本人確認書類(免許証など)、あと必要なら収入証明書です。

スマホで写真を撮り、その画像を管理画面から送付すれば完了です。


(3)審査/在籍確認
必要書類を提出すると、プロミス側で審査が始まります。

審査の一環として、プロミスの担当者から申込者の勤務先に電話が来ます。これを、「在籍確認」と言います。

申告された勤務先に本当に在籍しているか、確認するものです。

このとき担当者は、「プロミス」の名前は出さず個人名で電話をかけるので、同僚にキャッシング利用がバレる心配は要りません。


(4)審査結果の回答
審査が完了すると、メールか電話で結果の連絡が来ます。

結果の連絡方法は、申し込み画面の「審査結果のご連絡方法」欄で選択できます。

審査に通過していれば、次は契約手続きです。


(5)契約
・契約機で契約
契約方法で最も一般的なのが、自動契約機での契約です。

事前にスマホで審査に通過していれば、スムーズに契約でき、長時間待つ必要はありません。

プロミスの契約機は、9時から22時まで利用できます(一部、21時まで)。

また契約機を利用した場合、契約後すぐにカードを受け取れます。


・スマホで契約
Web完結の場合、契約書面はスマホ画面上で確認します。

そのため契約書類を取りに行ったり、郵送で受け取る手間が掛かりません

カードレスを希望する場合は、契約画面の「カードの受取方法について」欄で、「不要」を選択して下さい。


(6)キャッシング
・その場でキャッシング
カードが発行されたら、もう既に借り入れ可能な状態です。

契約機にはATMが併設されているので、その場で借り入れまで完了できます。


・振込キャッシング
Web完結の場合、借り入れ方法は振込みになります。

契約画面で、振込先の銀行口座と借入希望額を入力すれば、振込み手続きができます。


(7)カード受取(希望すれば)
Web完結でカード発行を希望した場合、郵送または来店(店頭・契約機)でカードを受け取ります。

郵送を選択すると、契約から約1週間程度で自宅に届きます。

<関連記事>:【プロミスで実際に借りてみた!】審査前に知っておきたいことは?

 プロミスで借り入れしたい方はこちら


プロミスで即日キャッシング、注意すべき点は?

プロミスの魅力の一つが、最短1時間という、融資スピードの早さです。

しかし、プロミスで即日融資を受けるためには、いくつか条件があります。

Web完結で即日融資を受ける条件は?

下図は、Web完結で即日融資を受けるまでの流れです。

 プロミス キャッシングの流れ

Web完結で即日融資を希望する場合、平日14時頃までに契約を完了させましょう。

振込みでのキャッシングとなるため、銀行の営業終了時間である15時までに、振込手続きを完了させる必要があるからです。


ただし三井住友銀行の口座を振込先にする場合は、20時までに申し込み、21時頃の契約完了でも即日融資を受けられます。

平日の遅い時間・土日なら、契約機を利用すること

平日14時までに契約完了というのは、なかなかハードルが高いですよね。

平日の遅い時間や土日にキャッシングをしたいなら、契約機での契約がおすすめです。


契約機を使って即日融資を受ける場合、下図のような流れになります。

 プロミス 契約機利用での即日融資

契約機を利用すれば、契約後すぐにカードを受け取って、その場でキャッシングができます。

なおプロミスの契約機は、22時まで営業しています(一部、21時までの契約機もあります)。


そのため20時までにスマホから申し込み、22時までに契約機で契約を完了させましょう。



以上、プロミスでの借り入れの手順について、解説しました。

プロミスは、初めてのキャッシングを利用する人や、急ぎでお金が必要な人にピッタリです。


借り過ぎには十分注意して、賢く活用しましょう。

 プロミスの公式HPはこちら


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

ランキング
その他の消費者金融