【元銀行員が解説】プロミスの申込・即日融資の方法を紹介します

プロミスの申し込み手順や即日融資の方法を紹介

ここ最近、テレビCMや電車の車内広告で、「プロミス」という名前をよく目にしますよね。

キャッシング大手のプロミスは即日融資に強く、すぐにお金を借りたい人には最適の会社です。


とはいえ申し込みや即日融資にあたっては、一定の条件や注意点もあります。

ここでは、初めてプロミスを利用する方のために、プロミスの申し込み条件・手順、即日融資の条件を解説します。


手っ取り早く知りたい人は、「プロミスの申し込み手順を紹介」や「プロミスで即日融資をしたい!注意点は?」をクリックして下さい。


プロミスの申し込み条件を確認しよう

借り入れ条件

実質年率 借り入れ限度額 審査(融資)
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分(最短1時間)
30日間無利息サービス Web完結取引 アピールポイント
あり(注) 対応可能 原則24時間の振込可能
借入れ方法 返済方法 返済方式
振込、ATM、店頭窓口 振込、口座振替、ATM、店頭窓口 残高スライド元利定額返済方式
※最終借入後の残高に応じて、返済額が変動

注:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


 プロミスで借り入れをする(プロミス公式HPへ)

申し込み条件は?

プロミスの申し込み条件は、以下の両方を満たす人です。

・年齢20~69歳の本人

・安定した収入のある方



会社員だけでなく学生や主婦・パート・バイト・派遣の方でも、安定収入のある方なら申し込み可能です。

目安としては、週3日以上働いてる方なら可能性はあります。


一方で、先月は10万の収入はあったけど先月はゼロだった、みたいな単発の仕事(=収入)をしている人は厳しいです。

週2日以下のお仕事の人や、収入のない専業主婦の方も審査には通らないので、ご注意ください

プロミスの申し込みで必要な書類は?

<本人確認書類>

プロミスの申し込みに必要な本人確認書類

申し込み時に絶対に必要なのが、本人確認書類です。

上の図にもある通り、運転免許証かパスポート、それが難しい場合は健康保険証+住民票を用意して下さい。


<収入証明書(希望金額が一定以上の人)>
貸金業法により、借り入れ希望金額が50万円を超えるか、他社との借り入れ合計が100万を超える方は、収入証明書の提出が必要になります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)


この内、1点だけ用意してください。

 プロミスの借入れ申し込み(公式HP)はコチラ

用意した書類は、スマホで撮影して送信すればOKです



プロミスでのキャッシング!魅力・メリットは?

ここでは、なぜプロミスが人気なのか、その魅力やメリットについて紹介します。

なおプロミスを利用した方の口コミは、以下で紹介してます。

<関連記事>:【利用者が投稿】プロミス借り入れの口コミ一覧

1. プロミスは即日融資(振込)が強い!

プロミスは即日融資(振込)が強い

即日融資でキャッシングするには、以下の2つの方法があります。

・スマホで申し込みをして、審査通過後に無人契約機で契約・キャッシング

・スマホ上で契約して指定口座に振り込み


このどちらでも、プロミスは業界No.1の強さがあります。


無人契約機で契約する方法は、対応する契約機が多い方が便利です。

この対応する契約機の台数で、プロミスが業界No.1なのです。

カードローン 自動契約機の台数(推定)
プロミス 1800台超
SMBCモビット 1100台超
アコム 1000台超
アイフル 800台超
レイクALSA 760台超


即日振込については、以下の表をご覧下さい。

申し込みの締め切り時間 対応する銀行
プロミス 21時まで(平日・土日祝) 多数
SMBCモビット 19時まで(平日・土日祝) 3銀行のみ
レイクALSA 20時まで(平日・土)
17時まで(日祝)
多数
アコム 20時まで(平日)
18時過ぎまで(土日祝)
5銀行のみ
アイフル 13時半まで(平日) 多数

大手の消費者金融で、即日振込を受けるための申し込みの締め切り時間です。

こうして見ても、プロミスが一番遅い時間まで対応していることが分かります。


プロミスが即日融資に最も強い会社と言えるのは、こうした理由からです。

なおプロミスで即日融資を受ける条件は、「プロミスで即日融資をしたい!注意点は?」で説明しています。

ちなみにプロミスが、遅い時間の銀行振り込みも対応可能なのは、モアタイムシステムに対応してるためです。

2.Web完結なら書類・カードなしのキャッシングが可能

スマホ(ないしPC)で申し込み・契約して、振込でキャッシングをする場合、自宅にローンカードと契約書類が郵送されるのが普通です。

ですがプロミスなら、Web完結で申し込めば、この郵送をなしにできます(希望すれば、送ってもらえます)。


ということは、ローンカードなしで(=振込で)キャッシングできる訳です。

ただ、この方法だと振込でしかキャッシングできず、不便もありました。


プロミスのアプリローン対応のコンビニATM

これを解消するために最近登場したのが、「アプリローン」です。

契約完了後にプロミスの専用アプリをスマホにインストールすれば、全国のセブン銀行ATMでキャッシングが可能です。


これを使えば、外出先でちょっとお金が必要なときに、カードなしでセブンイレブンでの借り入れができます。

3.キャッシングが家族にバレにくい

家族にばれずにキャッシングしやすいのも、プロミスの魅力の一つです。

先ほど説明したWeb完結なら、自宅への郵便物をなしにできるので、そこから家族にバレる心配がありません。


「振込だと、銀行通帳を家族に見られたらバレるから、嫌だ」と言う人もいるかもしれません。

その場合、スマホで申し込んだ後、契約機で契約しましょう。


プロミスなら(銀行カードローンと違って)、銀行口座を使わずに契約・利用できます。

振込や振替を使わなければ、銀行口座を経由しないので、通帳からバレる心配もありません。


プロミスの自動契約機に入るところを、誰かに見られたら嫌だという人は、三井住友銀行に設置されたローン契約機を利用しましょう。

実は三井住友銀行のローン契約機でも、プロミスの契約が可能です。


プロミス・SMBCモビットにも対応する三井住友銀行のローン契約機

写真のような感じで、店舗や大きめのATMに設置されているので、入るところを見られても怪しまれません。

これらに加えて、この後で紹介するWeb明細に登録すれば、利用明細が自宅に届くことがないので安心です(Web上で利用明細を確認)

4.30日間無利息サービス

プロミスなら、初回の借入日から30日間の利息がかかりません。

ここで注目すべきポイントは、「いつからサービスの対象なのか」という点です。


他のカードローンでも、無利息サービスはあります。

ただし他社が「契約日」起算なのに対し、プロミスは「借入日」から数えます。

 30日間無利息サービス

この差分だけ、他社よりもおトクに利用できます。

「30日間無利息サービス」の対象となるのは、以下の3つの条件を全部満たす場合です。

・初めての契約であること

・申し込み時にメールアドレスを登録

・Web明細を利用



なおWeb明細は、申込画面の「書面の受取方法」欄について、「パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択するだけで利用できます。

 プロミスで借入れ申し込みする(公式HPへ行く)



プロミスに申し込む上での注意点

「フル入力」の方が審査が早く終わる

プロミスの申し込み画面の2つのボタン

プロミスの申し込み画面に行くと、上のような2つのボタンがあります。

右の「フル入力」だと時間がかかりそうだけど、左の「カンタン入力」ならスグに入力が終わりそう、なんて考える人もいるかもしれません。


プロミスの申し込みはフル入力がオススメ

もし早く審査を終わらせたいなら、右の「フル入力」に進むことをオススメします。

確かに左の「カンタン入力」なら入力そのものは早く終わるのですが、その後、サポートセンターから電話が掛かって来ます。


この電話のやりとりが相当長いものになり、しかも、すぐに電話が来るとは限りません。

電話のやりとりに時間が掛かり過ぎると、当日借り入れに間に合わないケースもありえます。


手早く借りたい人は、必ず右側の「フル入力」ボタンを選んで下さい。

 プロミスで申し込みする(公式HPへ行く)

「フル入力」が有利なのは、この後説明する女性用の申し込みページでも同じです

女性専用のサポートを希望するなら?

プロミス女性用キャッシング

プロミスのサポート担当は、女性であることが多いです。

とはいえ男性の一部にはいます。

ただ中には(特に女性の方なら)、サポート担当は絶対に女性が良い、という人もいるかもしれません。


そんな方のために、プロミスでは女性向けサービスを用意してます。

以下のリンクから公式ページに飛んで申し込みをすれば、サポート担当はすべて女性になります。


ただ一点だけ注意点がありまして、サポート担当が女性というだけで、サービスや審査は通常のプロミスと全く同じです。

「女性向けのサービスだから、審査が少し甘くなるかも」なんてことは絶対にないので、ご注意ください。

 女性向けプロミスの申し込み窓口へ行く

Web完結に対応してない銀行もある

上でも説明した通り、Web完結は店舗(契約機)に行かずに、銀行振り込みでキャッシングするサービスです。

基本的に大手の銀行なら使えますが、一部の銀行は対応していません(19年9月時点)。


以下の銀行はWeb完結に対応してないので、使う銀行を変えるか、契約機での契約に切り替えて下さい。

    <Web完結に対応外の銀行>
    ジャパンネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ソニー銀行、楽天銀行、じぶん銀行、GMOあおぞらネット銀行、

営業の電話が来る場合あり

誰にでも、と言う訳ではないのですが、返済に遅れずに問題なく借り入れしていると、スマホに営業の電話が来る場合があります。

「借入枠を増やしませんか?」という提案で、お願いすると、増枠の審査を行ってくれます。


この審査に通れば借入枠が増えるのですが、もともと借入を増やす予定がないなら、むやみに借入枠を増やすのはオススメできません。

興味のない人は、営業の電話はキッパリ断ってください。

借り過ぎたりしないためにも、借入枠は必要な額に留めておきましょう



プロミスの申し込み手順を紹介します

ここではプロミスの、借り入れ手順について紹介します。

なお筆者(もぐお)が、実際にプロミスで借り入れ手続きした時の体験談は、以下で紹介してます。

<関連記事>:プロミスの審査・在籍確認はどんな感じ?実際に借りてみたレポ

プロミスでのキャッシングの流れ一覧

プロミスでのキャッシングの流れは、下図の通りです。

 プロミスでのキャッシングの流れ一覧

以下、詳しく見ていきましょう。

1.スマホ(もしくはPC)から申し込み

プロミスは、スマホからの申し込みの他、店頭・契約機、電話、郵送でも申し込めます。

ですが時間や手間を考慮すると、スマホから申し込むのがおすすめです。

申し込みページでは、先ほど説明した通り、右側の「フル入力」を選んで下さい。


入力画面に進むと、以下のような契約方法を選ぶ項目もあります。


 プロミスでWeb完結か来店かを選ぶ

Web完結で借りたい人は「Web」、契約機で契約したい人は「来店」を選びましょう。

来店不要で(契約機に行かずに)契約したい人は、「契約方法」は「Web」を選択してください。


審査結果の連絡は、メールを選ぶと良いでしょう。

また利用明細の受け取り方法を選べますので、30日無利息サービスを使いたい人は、Web明細を選びましょう。

 プロミスでWeb明細を登録する

2.必要書類の提出

申し込みが完了すると、プロミスから申し込み完了のメールが来ます。

メールに書類の提出方法について指示がありますので、それに従って、必要書類を提出します。


提出書類は、本人確認書類(免許証など)、あと必要なら収入証明書です。

スマホで写真を撮り、その画像を管理画面から送付すれば完了です。

必要書類を事前に用意しておけば、申し込みがスムーズに完了します。あと撮影が不鮮明だと撮り直しをお願いされる場合もあり、その点も注意です!

3.審査と在籍確認

必要書類を提出すると、プロミス側で審査が始まります。

審査の一環として、プロミスの担当者から申込者の勤務先に電話が来ます。これを、「在籍確認」と言います。


申告された勤務先に本当に在籍しているか、確認するものです。

このとき担当者は、「プロミス」の名前は出さず個人名で電話をかけるので、同僚にキャッシング利用がバレる心配は要りません。

4.審査結果の回答

審査が完了すると、メールか電話で結果の連絡が来ます。

結果の連絡方法は、申し込み画面の「審査結果のご連絡方法」欄で選択できます。

審査に通過していれば、次は契約手続きです。

5.契約(契約機 or スマホ )

申し込み時に選んだ契約方法で、契約することになります。

<契約機で契約>
プロミスの無人契約機

プロミスの契約機まで移動して、契約をします。

プロミスに対応する無人契約機は、9時から22時まで利用できます(一部、21時まで)。

また契約機を利用した場合、契約後すぐにローンカードと契約書類を受け取ります。



<スマホで契約>
Web完結の場合、契約書面はスマホ画面上で確認します。

そのため契約書類を取りに行ったり、郵送で受け取る手間が掛かりません


カードレス(=ローンカードを使わない)を希望する場合は、契約画面の「カードの受取方法について」欄で、「不要」を選択して下さい。

不要を選択しても後からカードが欲しくなったら、希望すれば送付してもらえます。

プロミスの一部店舗と、三井住友銀行のローン契約機は21時までの営業なので、ご注意ください

6.キャッシング(その場で or 振込 )

<その場でキャッシング(契約機の場合)>
カードが発行されたら、借り入れ可能な状態になります。

契約機にはATMが併設されているので、その場で借り入れまで完了できます。


<振込キャッシング(Web完結)>
Web完結の場合、借り入れ方法は振込みになります。

契約画面で、振込先の銀行口座と借入希望額を入力すれば、振込み手続きができます。

契約完了後なら、(一部の銀行を除いて)平日・土日祝日でも、原則24時間いつでも振込が可能です。

 プロミスで借り入れしたい方はこちら



プロミスで即日融資をしたい!注意点は?

プロミスで即日融資を受ける条件

プロミスの審査時間は22時までなので、どんなに遅くとも21時までに申し込みを完了させる必要があります。

ただ遅い時間だと審査も混みあうし、書類の提出に時間がかかると、当日中の審査が難しくなります。


即日融資を受けたいなら、なるたけ早い時間に申し込む方がよいでしょう。

遅い時間の申し込みで、当日中の在籍確認ができないけど、それでも即日融資を受けたいという方は、申し込み後にサポートセンターに電話で相談してみてください。

Web完結で即日融資を受ける流れ

下図は、Web完結で即日融資を受けるまでの流れです。

 プロミスWeb完結で即日融資を受ける流れ

Web完結で即日融資を希望する場合、(曜日に関係なく)遅くとも21時までに申し込みを完了させましょう。

ただ繰り返しになりますが、遅い時間だと何があるか分からないので、安全策として、少しでも早く申し込むべきです。


契約後は、(一部の銀行を除けば)曜日に関係なく、原則24時間いつでも振込できるようになります。

自分の好きなタイミングで口座に振り込みをして、口座からお金を下ろしましょう。

契約機での契約で即日融資を受ける流れ

契約機を使って即日融資を受ける場合、下図のような流れになります。

 契約機での契約でプロミスで即日融資を受ける流れ

スマホでの申し込みは、どんなに遅くとも20-21時までに完了させて下さい。

上で説明した通り、プロミスの審査時間は22時までですが、一部の契約機が21時までしか営業してないためです(通常は22時)。


仮に21時に申し込みをして、22時前に審査に通っても、契約機が終了していたら当日借り入れは不可になります。

さらに夜の審査は混雑が予想されるため、何があるか分かりません。


確実に即日融資を受けたいと思ったら、安全策として、少しでも早い時間に申し込みを完了させましょう。

 即日融資でプロミスで借りる(公式HPへ行く)

契約機の場所を事前に確認しておくと良いでしょう。こちらで場所を調べることができます。審査通過後、もたもたせずに契約機まで行けます。


以上、プロミスでの借り入れの手順について、解説しました。

プロミスは初めてのキャッシングを利用する人や、急ぎでお金が必要な人にピッタリです。


借り過ぎには十分注意して、賢く活用しましょう。


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング

    消費者金融ランキング

    女性向けカードローン

    消費者金融で即日融資

体験レポ(実際に借りてみた)