【元銀行員が解説】即日融資で今日中にお金を借りるには?

即日融資で今日中にお金を借りる

どうしても今日中にお金を借りたい!

と思っても、実は即日融資に対応してないカードローンが沢山あるのを知ってますか?

また申し込み方法を間違えると、当日中の借り入れができなくなります。

今日中にお金を借りたい人のために、即日融資に対応するカードローンや、借入にあたっての注意点を解説します。

即日融資で絶対知っておきたいことは?

即日融資,知っておきたい

銀行カードローンで即日融資ができない

カードローンの中でも人気なのが、銀行カードローンです。

ですが2018年以降、銀行カードローンで即日融資はできなくなりました。


銀行カードローンの審査で、警察庁のデーターベースに確認する作業が必要になり、その回答が早くても翌営業日になるためです。

ですので、即日融資をしようと思ったら消費者金融カードローンを選ぶしかありません。

なお、銀行カードローンについて詳しくは以下をご覧下さい。

<関連記事>:【元銀行員が解説】銀行カードローンで即日融資ができない理由は?

銀行カードローンでは絶対に即日融資ができない、という点だけは覚えておいて下さい。

即日融資には、お金を借りる方法が2つある

一口に即日融資といっても、キャッシング方法は2つあります。

以下のフローチャートをご覧下さい。

即日融資の流れ

必ず必要になるのが、本人確認書類(上の図の2番)です。

運転免許証やパスポートなどスマホで撮影して送付します。

50万円を超える借入では、収入証明書(源泉徴収票など)も必要になります。


借り入れ方法は、銀行振り込みで借りる方法(Web完結)と、契約機でローンカードを使って借りる方法の2つです。


一見すると、契約機まで行かずに借り入れできるWeb完結(スマホ契約)の方が便利に見えるかもしれません。

ですが、私が即日融資でオススメするのは、契約機で借り入れする方法です。

おすすめは、契約機を使った即日融資

契約機を使った即日融資なら、以下のような利点があります。

  • 土日祝日や、平日遅い時間の申し込みでも可
  • 自宅に郵便物が届かない(その場でカードを受け取るため)
  • 取引銀行の指定がない(銀行口座なしでも借り入れ可)

一方のWeb完結は、契約機に行かなくて済むという利点はあります。

ですが、土日祝日や平日遅い時間の借り入れが難しいなど、Web完結の即日融資は条件が厳しいです。


契約機とWeb完結のそれぞれの借り入れ方法は、後ほど詳しく解説します。

契約機まで行く手間はありますが、契約機での即日融資の方が、断然オススメです。

即日融資に強い会社とは、契約機台数の多い会社

即日融資には契約機を使った借り入れが便利なため、大半の人は契約機で契約・キャッシングするはずです。

では、即日融資に強い会社とは、どんな会社でしょう?


使い勝手など色々あると思いますが、一番大きいのは、対応する契約機の設置台数の数です

上のフローチャートでも見た通り、契約時には契約機まで移動する必要があります。


となると契約機が多い方が、より近くの契約機を見つけやすい、移動しやすいのです。

以下が、大手消費者金融の対応する契約機の台数(推定)です。

サービス名 契約機の台数(推定)
プロミス 1800超
SMBCモビット 1100超
アコム 1000超
アイフル 850超

表の通り、プロミスが最も即日融資に強い会社であることが分かります。

 元銀行員が選ぶ!即日融資にオススメの会社は?



契約機を使って即日融資をするには?

即日融資,契約機

先ほども書いた通り、私(もぐお)のオススメは、契約機を使った即日融資です。

土日祝日でも対応してるし、自宅に郵便物がないなど、メリットが多いです。

ここでは契約機を使った借り入れの流れや、注意点を紹介します。

契約機を使って即日融資をする流れ

以下は、契約機を使って即日キャッシングをする流れを示したチャートです。

契約機,即日融資,流れ

上で記載している時間は、締め切り時間の目安です。

遅くとも20時には、スマホ申し込みを済ませたいところです。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】土日祝日に即日融資でおすすめの会社は?

上の時間はあくまで目安です。会社によって微妙に時間が違うので、ご注意ください。

契約機での即日融資の注意点は?

契約機でなら平日遅くや土日祝日でも、即日キャッシングが可能です。

ですが、注意すべき点もいくつかあります。


・申し込み時間は早めに
契約機なら遅い時間でも大丈夫といっても、限度があります。

上で書いた締め切り時間も、あくまで目安です。

必要書類(本人確認書類)の用意に手間取ったら、当日中の審査に間に合わなくなります(21時に終わります)

できるだけ余裕を持って、早めの時間に申し込みしましょう。

また本人確認書類(免許証など)は必ず必要になるので、事前に準備しておくとよいでしょう。


・契約機の営業時間にも注意
上のフローにもある通り、審査に通過した後に契約機で契約(とカードの受け取り)が必要になります。

ですが審査に通過していても、契約機の営業時間外では契約・キャッシングができません。

以下が、大手消費者金融の営業時間になります。

サービス名 契約機の終了時間
プロミス 22時(一部21時)
SMBCモビット 21時
アコム 22時(一部21時)
アイフル 21時45分

この時間に間に合うように、移動して下さい。

お近くの契約機の場所を、前もって確認しておくと安心ですよ

・在籍確認は大丈夫?
キャッシングの審査では、在籍確認の電話が勤務先に行きます。

勤務先によっては、土日祝日や夜21時頃の在籍確認が難しい場合もあるかもしれません。

在籍確認が可能か(電話を取れる人が職場にいるか)、事前に確認しておくとよいでしょう。

どうしても在籍確認が難しい場合は、申し込み後に、サポートセンターに電話で相談してみてください。

 【元銀行員が選ぶ】即日融資のおすすめランキング!



Web完結で即日融資をするには?

即日融資,Web完結

先ほど書いた通り、私(もぐお)のオススメは、契約機を使った即日借り入れです。

ですが、契約機まで行きたくないという人もいるでしょう。

ここでは、Web完結(来店不要)で即日融資を受けるための条件を説明します。

Web完結(スマホ完結)の条件は少し厳しいので、よく確認して下さいね

Web完結での即日融資、各社の条件は?

以下は、大手消費者金融の来店不要で、即日融資を受けるための条件です。

サービス名 Web完結の条件 締め切り時間
プロミス 「Webでご契約」を選択
大手銀行の口座を振替口座に設定
平日14時までに契約完了
平日14時半までの振込手続き
SMBCモビット 健康保険証か組合保険証を持っている
ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行のどれかを振替口座に設定
平日14時までに申し込み完了
平日14時50分までの振込手続き
アイフル 契約時にカードの送付を選択
銀行口座の登録
14時10分までに契約完了
電話で送金依頼をする
アコム 審査通過後にネットでの契約を選択
銀行口座の登録
平日14時までに申し込み完了
平日14時半までの振込手続き

表の通り、平日14時までに申し込みや契約を完了させる必要があります

また一見すると、プロミスやSMBCモビットの方が条件が厳しいように見えます。


これは、プロミス・SMBCモビットが、(Web完結なら)カード・契約書類の受け取りが必要ないためです。

<関連記事>:【元銀行員が教える】来店不要のカードローン選びのポイント

Web完結での即日融資をする流れは?

改めて、Web完結での当日借り入れの流れを見ていきます。

なお、上の表でも見た通り、各社で細かい条件は違います。あくまで目安とお考えください。

Web完結,即日融資,流れ

先ほども書いた通り、プロミス・SMBCモビットはキャッシングをしたところで完了です。

ただし希望すれば、後からローンカードを送ってもらうこともできます。

プロミス・SMBCモビットは契約書類の受け取りが必要ないので、家族にキャッシングがバレづらいです

Web完結での即日融資の注意点は?

・平日14時前には申し込みを完了させる必要あり
上のフローチャートにもある通り、Web完結での即日融資は時間の締め切りが厳しいです。

ある程度、余裕を持って申し込みをしましょう。

土日祝日に当日借り入れをしたい人は、スマホ申し込み後、契約機で契約するとよいでしょう。


・振込に間に合わない場合は契約機に行くこと
当日振込のつもりで申し込みしても、書類の送付などに手間取って、締め切り時間に間に合わない場面もありえます。

そんな時はサポートセンターに電話をして、契約機でのカード受け取りに切り替えてもらいましょう。

契約機まで行くのは少し面倒ですが、当日借り入れのためです。

消費者金融は銀行カードローンと違って、割と相談に応じてくれますよ

・アイフル・アコムは、書類・カードが郵送される
アイフル・アコムについては、契約から1週間後くらいに自宅にカード・契約書類が送付されてきます

郵便物の封筒は(「~センター」みたいな)別名になっているため、中身を見られない限り、家族にキャッシングがバレる心配はありません。

ですが、自宅に郵便物が送付されるのが嫌だという人は、契約機での契約・受け取りに替えた方がよいでしょう。
                    

以上、即日融資する時の手順や注意点について、見てきました。

これを踏まえ、即日融資にオススメの会社を以下で紹介します。


【元銀行員が選ぶ!】即日融資に強い会社ランキング

 プロミス
プロミス

金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
4.5%~17.8% 500万円 完全対応

CMでもおなじみ、SMBCグループのプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)です。

・「Web完結」なら自宅への郵便物なし

・自動契約機の数、業界No.1

・即日に強く、内緒のキャッシングもしやすい



プロミスの「Web完結」なら、カード・契約書類の受け取りがないため、契約機での受け取りも郵便もありません

家族に知られずにキャッシングするのに便利です。

契約機の数は1800台超と業界トップです。

プロミスの契約機に加え、三井住友銀行のローン契約機でも契約できるため、契約機までの移動が楽です。


<スマホ完結で、即日振込を受ける条件>
・平日14時までの契約完了

・大手銀行を振替口座にすること


<平日遅く・土日祝日に即日で借りる条件>
・20時までのスマホ申し込み

・22時までに契約機で契約(一部の契約機は21時まで)

 プロミスの公式HPはコチラ




 SMBCモビット

SMBCモビット

金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 完全対応

テレビCMや電車のつり革広告でもよく見かける、SMBCモビット(三井住友銀行グループ)です。

・「WEB完結申込」なら郵便物の受け取り一切なし

・「WEB完結申込」なら勤務先への電話連絡なし

・自動契約機の数、業界No.2



SMBCモビットの最大の魅力は、「WEB完結申込」を使えば勤務先への電話連絡をなしにできることです。

勤務先への電話がどうしても嫌だ、という人はSMBCモビットを利用するとよいでしょう。

「WEB完結申込」なら、書類・カードの受け取りもないため、家族に内緒でキャッシングしたい人にも便利です。

また、SMBCモビットの契約機に加えて、三井住友銀行のローン契約機でも契約可能です。対応する契約機数は、業界No.2です。


<「WEB完結申込」で即日融資を受ける条件>
・平日14時までの申し込み

・三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のどれかを持っていること

・社会保険証か組合保険証を持っていること


<平日遅く・土日祝日に即日で借りる条件>
・20時までのスマホ申し込み

・21時までに契約機で契約

 SMBCモビットの公式HPはコチラ





 アイフル

アイフル

金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 一部対応

消費者金融大手の一角で、上場会社でもあるアイフルです。テレビCMでもよく見かけますね。

・最短30分で審査完了

・来店不要・即日融資も可

・誰にも知られずカード受け取りが可能



最短30分の審査は、上位のプロミス・SMBCモビットにも並ぶ審査スピードです。

来店不要で即日の借り入れも可能です。契約機でなら、誰にも知られずにカードを受け取れます。

自動契約機の数は800台超(業界4位)で、移動にも便利です。

また初回契約に限り、30日間利息0円のサービスもあります


<来店不要で即日キャッシングするには?>
・平日13時過ぎには申し込みを完了させる

・平日14時10分までに電話で送金依頼をする


<平日遅く・土日祝日に即日で借りる条件>
・20時までのスマホ申し込み

・21時45分までに契約機で契約


 アイフルの公式HPはコチラ





 アコム

アコム

金利 借り入れ限度額 ネット完結取引
3.0%~18.0% 800万円 一部対応

三菱UFJフィナンシャル・グループで、大手消費者金融の一角であるアコムです。

・自動契約機数、業界3位

・30日間金利0円サービス

・スタッフの親切・丁寧さは業界トップクラス



魅力の一つは、業界3位の契約機数(1000台超)です。数がかなり多いため、見つけるのに苦労はしないでしょう。

他の消費者金融も手掛けてますが、30日間金利0円サービス(初回取引のみ)も魅力です。

さらに、スタッフの親切・丁寧さは業界トップクラスです。

「消費者金融のなので怖い対応されると思ったら、銀行みたいに丁寧な対応が驚いた」という口コミが多数あるほどです。


<来店不要で即日キャッシングを受けるには>
・平日14時までにスマホ申し込みを完了させる

・平日14時半までに振込手続きをする


<平日遅く・土日祝日に即日で借りる条件>
・20時までのスマホ申し込み

・22時までに契約機で契約(一部の契約機は21時まで)


 アコムの公式HPはコチラ


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


ランキング






その他の消費者金融